Komemame Diary

<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2012.06.30 Sat

文句のない天気!
前回2回は悪天候だったので、気分もアップ♪
a0148606_21432318.jpg



今回目指すのは針木岳。
日本三大雪渓である針木大雪渓があるところ。
ピッケル、アイゼンも完備でスタート。
a0148606_21443122.jpg



トレッキングコースにはキレイなお花。
a0148606_21472577.jpg

a0148606_21485635.jpg

a0148606_21494765.jpg



歩きやすい道。
a0148606_2149472.jpg



沢の水しぶきが早朝の光に反射してキラキラ。
a0148606_21501484.jpg



わくわく。
a0148606_2151325.jpg



隙間から針木岳が見えた。
うん、雲ひとつない山頂。
a0148606_2147485.jpg



道を進むと、左手に大雪渓が。
a0148606_2152594.jpg



大雪渓に降り立つと、すぅーっと冷たい風が吹き抜ける。
これぞ自然の冷房!気持ちいい〜。
a0148606_21525324.jpg



と、気持ちよく登っていると、
上から「ラークッ」と大きな声が聞こえて、
見え上げると、人間の頭くらいの大きさの石が
ゴロンゴロン。
こんなのに直撃されたら、イチコロだ・・・
a0148606_21554157.jpg



気を取り直して、雪渓を攻める。
a0148606_21562298.jpg



気持ちのいい雪渓歩き。
振り向くと爺ヶ岳が。キレイだな〜。
a0148606_21572848.jpg



爺ヶ岳の後ろに鹿島槍の姿も見えはじめる。
a0148606_21584355.jpg



雪渓からスバリ岳を見上げる。
a0148606_21593327.jpg



登ってきた雪渓を振り返るとけっこうな高度感。
振り返ると、転げそうでコワい。
アイゼンでしっかり蹴りながらあがる。
a0148606_220242.jpg



稜線まであと少し。
a0148606_2224297.jpg

a0148606_223225.jpg



針ノ木峠到着。ここで少し休憩。
a0148606_2242488.jpg



針ノ木峠から槍ヶ岳、奥穂高、前穂高。
大天井岳も見える。
a0148606_221553.jpg



針ノ木峠から雲海に浮かび上がる富士山と南アルプス。
a0148606_2264823.jpg



景色を満喫して出発。
ようやく針ノ木岳の山頂が見えてきた。
a0148606_2273940.jpg



この辺りから急斜面のトラバースが続く。
落ちたら止まるかどうかは微妙。。。
これ以上、前に進める自信がなくなってくる。
a0148606_2284062.jpg

a0148606_229136.jpg

a0148606_229587.jpg



わたしは大事をとって、ここで撤退。
a0148606_2293445.jpg



ここから先はdanyamaひとりで。
スリリングすぎる、、、
a0148606_221323.jpg



山頂。
そこには絶景が待っていた、、、らしい。
a0148606_2214263.jpg



まずは目の前にドーンと劔と立山。
a0148606_2215557.jpg



山頂から黒部湖。
a0148606_22164037.jpg



北アルプス南部方面。燕~常念~大天井。
前穂高~奥穂高~槍。奥に乗鞍。そして野口五郎。手前に高瀬湖。
a0148606_22183295.jpg



野口五郎~鷲羽~水晶。
a0148606_22193945.jpg



どっしりと薬師岳。砂礫も見え始めている。そしてその左には赤牛岳。
a0148606_22231870.jpg



野口五郎へと続く稜線。船窪~不動~南沢~烏帽子。
a0148606_22242186.jpg



今度は後立山。まずは爺ヶ岳~鹿島槍。
a0148606_22251588.jpg



手前にスバリ岳~赤沢岳~鳴沢岳。
後ろに鹿島槍~五竜~唐松~白馬三山~雪倉までバッチリ、だったそうな。
a0148606_22253636.jpg



その間わたしは、お隣の蓮華岳へ。
こちらは雪はなし。
a0148606_2227674.jpg



大町の町並み。
a0148606_22273140.jpg



山頂。誰もいなくてちょっとサミシい。
a0148606_22281396.jpg




針木峠で、danyamaと合流。
見事なひつじ雲。
a0148606_22291095.jpg



雪渓と雲の模様でクラクラするような眺め。
a0148606_22294034.jpg



下りはラクチン。あっという間。
a0148606_22304638.jpg



気持ちの良いトレッキングコースを下山。
お疲れさま☆
a0148606_22331041.jpg



登頂できなかったけど、満足な山行でした。



【memo】

04:56 扇沢
05:48 大沢小屋
06:10 雪渓尻
08:14 針ノ木峠
09:56 針ノ木山頂
11:13 針ノ木峠
13:20 雪渓尻
13:48 大沢小屋
14:51 扇沢

<わたし>
04:56 扇沢
05:48 大沢小屋
06:10 雪渓尻
08:14 針ノ木峠
09:10 撤退ポイント
09:30 針ノ木峠
11:20 蓮華岳
12:13 針ノ木峠
13:20 雪渓尻
13:48 大沢小屋
14:51 扇沢
※わたしは針ノ木峠から針ノ木岳途中のトラバースで撤退。
針ノ木峠に戻り蓮華岳を往復。
[PR]
by ighana | 2012-06-30 00:58 | 山登りのこと

2012.06.23 Sat - 06.24 Sun(2)

鷲羽岳へ。

<2日目>
三俣峠〜鷲羽岳〜新穂高温泉

おはようございます。本日もよい天気。
a0148606_037070.jpg


朝焼けの鷲羽岳。
a0148606_037353.jpg


朝焼けの水晶岳。
a0148606_11471660.jpg


「紫だちたる雲の細くたなびきたる 」
a0148606_038516.jpg


燕岳方面はオレンジ。
a0148606_0385213.jpg


さあ、涼しいうちに登りますよ。
a0148606_0393847.jpg


槍と北鎌尾根が軽くモルゲンロート。
a0148606_0401483.jpg


双六岳と樅沢岳も軽くモルゲンロート。
a0148606_0403831.jpg


笠ヶ岳のアタマがちょこんと見えてきた。
a0148606_0404810.jpg


ようやく頂上が見えてきた。
a0148606_0411758.jpg


鷲羽岳山頂到着。
a0148606_04147100.jpg


槍ヶ岳と硫黄尾根。
a0148606_0425833.jpg


槍ヶ岳と硫黄尾根、そして鷲羽池。
a0148606_0425435.jpg


ワリモ岳~水晶岳へと続く稜線。
a0148606_0433042.jpg


野口五郎岳。
a0148606_0451155.jpg


鹿島槍、五竜、唐松、そして白馬三山。
a0148606_0433683.jpg


薬師岳。デカイ。
a0148606_046920.jpg


祖父岳と雲ノ平。
a0148606_0464539.jpg


笠ヶ岳、双六岳、丸山、三俣蓮華岳。
a0148606_0471194.jpg


そして、黒部五郎岳。カールがたまらん。
a0148606_048175.jpg


大天井岳と常念岳。
a0148606_0491594.jpg


常念と槍。常念の後ろにうっすら八ヶ岳。槍の横にうっすら富士山。
a0148606_0492447.jpg


焼岳、乗鞍、御嶽の三段構え。
a0148606_0495076.jpg


最後に槍・穂高セットで。
a0148606_0502151.jpg


さて、時間もあまりないので下山です。
a0148606_0505866.jpg


さよなら鷲羽岳。
a0148606_0512865.jpg


三俣山荘から三俣蓮華岳を見上げる。
a0148606_0512896.jpg


幕営地に戻る。
a0148606_0515275.jpg


戻りの巻道ルートは、前日の自分のトレースが残っていてだいぶラクだった。
a0148606_052933.jpg


稜線からの槍ヶ岳も見納め。
a0148606_0525788.jpg


稜線からの穂高も見納め。
a0148606_0531726.jpg


お花
a0148606_0531021.jpg


林道。意外と好き。
a0148606_0541725.jpg


良い天気の2日間でした。
a0148606_0541460.jpg


静かな山行ができた。

【memo】
04:10 三俣峠付近幕営地
04:33 三俣山荘
05:37 鷲羽岳山頂 05:48
06:22 三俣山荘
07:20 三俣峠付近幕営地(朝食・撤収)08:44
10:08 双六小屋 10:27
11:34 弓折岳
12:17 鏡平
14:03 小池新道入口
14:21 わさび平 14:25
15:25 新穂高温泉
[PR]
by ighana | 2012-06-24 00:55 | 単独登山(danyama)

2012.06.23 Sat - 24 Sun(1)

鷲羽岳へ。

a0148606_23462726.jpg



梅雨のひぬまの絶好の天気が予想された週末。
条件が揃い久々に単独テント泊で、雪があるうちに行きたいと思っていた鷲羽岳へ。

<1日目>
新穂高温泉〜三俣峠

新穂高温泉からのスタート時はガスガスの天気。
a0148606_23485649.jpg


a0148606_23532161.jpg


小池新道を進む。
a0148606_23541496.jpg


おっ、太陽が出てきた。
a0148606_23543265.jpg


立派な雪渓。
a0148606_23551371.jpg


秩父沢は高巻く。
a0148606_2355521.jpg


イタドリヶ原付近。
a0148606_23561739.jpg


雪渓の上は涼しくて気持ちがいいなぁ。
a0148606_23564490.jpg


シシウドヶ原付近。
a0148606_23564351.jpg


東側に尾根を巻き、なだらかな窪地をしばらく進むと…。
a0148606_2357338.jpg


鏡平到着。鏡平山荘もオープンに向け着々の準備中。
他の小屋も準備していて、この日は荷物を運ぶヘリをたくさん見た。
a0148606_23583255.jpg


鏡平では槍ヶ岳がお出迎え。
a0148606_23591774.jpg


大キレット~穂高もばっちり。
a0148606_23594735.jpg


西鎌尾根。
a0148606_23595082.jpg


鏡平から弓折岳までの前半は雪道。踏み抜き多発。
a0148606_003785.jpg


後半は尾根を直登する春道に。薮漕ぎ状態。
足元もまだ踏まれておらずかなりのストレス。
久しぶりの単独テン泊装備ということもあり、
重いわ、引っ掛かるわで、遅々として進まず。
途中、と心が折れそうに。
a0148606_0269.jpg


振り返ると焼岳とその後ろに乗鞍。
a0148606_032526.jpg


ようやく笠ヶ岳から続く稜線に乗っかる。
a0148606_035165.jpg


さてここからは稜線漫歩。稜線からの槍ヶ岳。
a0148606_05818.jpg


稜線からの大キレット~穂高。
a0148606_0114466.jpg


夏道と雪道が交互に現れる。
a0148606_0123339.jpg


中途半端に雪が付いているところは慎重に。
a0148606_0131364.jpg


双六小屋と鷲羽岳が見えてきた。
a0148606_0135490.jpg


双六小屋到着。双六池は雪の下。
こちらもヘリで荷揚げ中。おにぎりを食べて出発。
a0148606_015135.jpg


燕岳と表銀座の稜線もよく見える。
a0148606_015237.jpg


樅沢岳と後ろには大天井岳。
a0148606_0162921.jpg


丸山。
a0148606_0171950.jpg


鷲羽岳。だいぶ近づいてきた。
何度見ても良い。後ろに水晶岳の姿も。
a0148606_018489.jpg


ルートファインディングをしながら、双六岳巻き道を進む。
a0148606_0192342.jpg


滑ったらそのまま吸い込まれてしまいそう。
でも、ピッケルが利く雪質だったので、見た目よりもコワくはなかった。
a0148606_0193723.jpg

a0148606_0201257.jpg


気持ちのいい天気。
a0148606_0212031.jpg


振り返るとぐるっと自分のトレースが谷を取り巻いている。
a0148606_0212759.jpg


三俣蓮華岳も雪を纏っていてキレイ。
a0148606_0221392.jpg


緑っぽい鷲羽もパチリ。
a0148606_0225056.jpg


三俣蓮華岳が近づいてきた。
a0148606_023057.jpg


鷲羽岳もだいぶ近づいてきた。
a0148606_0234062.jpg


もう今日はもういっぱいいっぱい。三俣峠手前でテントを張らせてもらう。
a0148606_023464.jpg


夕刻。燕岳の付近から赤く燃え始めた。
a0148606_0241829.jpg


夕日に染まる槍ヶ岳と北鎌尾根。
a0148606_0251736.jpg


夕日に染まる鷲羽岳。
a0148606_0254371.jpg


槍、穂高の山頂付近には雲が巻いていて立体的に。
a0148606_026445.jpg


何ともいえない不思議な色。おやすみなさい。
a0148606_026734.jpg




この山域まだまだ人が入っておらず、結局誰とも会わず。
双六小屋は6/10からオープンしているが、自分が今シーズン2人目のお客さんだと言われた。
特に双六小屋より先は、小屋のスタッフも行っていない。

雪も予想以上に残っていた。
この時期の滑りやすい雪質と雪が薄くなっていて踏み抜き、
そしてルーファイと、想定していたよりも時間がかかる。
だが、そんなしんどさも素晴らしい夕焼けで吹っ飛んだ。

2日目へ続く。


【memo】
04:30 新穂高温泉
05:34 わさび平
05:51 小池新道入口
08:40 鏡平 09:22
11:26 弓折岳
12:40 双六小屋 13:16
15:41 三俣峠付近幕営地
[PR]
by ighana | 2012-06-23 00:05 | 単独登山(danyama)

2012.06.17 Sun

福島の百名山・安達太良山へ。
頂上から火山の様子を見ようと行ったけど、
この日は、それどころじゃない天候だった。

山頂は身の危険を感じるほどの暴風!
大きな岩につかまっていないと、吹き飛ばされそうになることも。
雨が顔にバチバチぶつかって、ケガしそうなくらい。
恐怖っ。
a0148606_21175164.jpg



飛ばされるぅ〜っ
a0148606_2118351.jpg



あまりの暴風に引き返していくひとも。
a0148606_21215042.jpg

a0148606_21204756.jpg



風が一瞬やわらぐときを見計らって、一歩一歩山頂へ。
コワくて、コワくて、早く下山したいー。
a0148606_21201038.jpg



ところが、ほんとの山頂は乳首の先だという・・・
a0148606_21231212.jpg



ここまで来たら、行くしかないか、と
ココまで来た。
a0148606_21235244.jpg



今度こそ下山。
ところが帰りはさらに烈風が吹き荒び、
稜線はまったく歩けない状態に。
a0148606_2125130.jpg



逃げるように降りていく。
a0148606_21264833.jpg



ようやくホッとできるところまで。
a0148606_21271227.jpg

a0148606_21272412.jpg



そして登山口まで戻ったら、ようやく天気が機嫌を直してくれたみたい。
a0148606_21283876.jpg



あー、ホントにコワかった!!!



【memo】
08:37 塩沢登山口
09:23 三階滝(滝見学)
09:49 屏風岩
10:02 八幡滝
11:00 くろがね小屋
11:38 峰の辻
12:33 安達太良山山頂
13:11 峰の辻
13:33 くろがね小屋(昼食)
14:51 八幡滝
15:03 屏風岩
15:50 塩沢登山口
[PR]
by ighana | 2012-06-17 21:30 | 山登りのこと

2012.06.10 Sun

雨の新緑を楽しみに、武尊山へ。
a0148606_14585567.jpg



山の神様が潜んでいそうな、しっとりひっそりした道を行く。
a0148606_1522483.jpg

a0148606_1522280.jpg

a0148606_1525589.jpg

a0148606_153849.jpg

a0148606_153504.jpg

a0148606_1544168.jpg

a0148606_154592.jpg



聞こえるのはかすかな雨の音と鳥の啼き声だけ。
a0148606_1551274.jpg



進んでいくと、ところどころ雪が。
a0148606_1562444.jpg



のんびり神妙な気持ちで歩いていたら、
1つ目の鎖場。ハシゴとクサリの組み合わせ。
気を引き締める。
a0148606_157416.jpg



2つ目の鎖場。雨で滑りやすいので注意して行く。
a0148606_158527.jpg



3つ目。
a0148606_159890.jpg



4つ目、ラスト。
a0148606_1510871.jpg



最後のクサリ場を過ぎると、幻想的な景色が待っていた。
a0148606_15104399.jpg



ぼんやり見える山頂。
a0148606_15122445.jpg



背の高いハイマツのトンネルと過ぎると…
a0148606_1513498.jpg



山頂到着。
「SANTYOU」?「HYOUKOU」?…
a0148606_15133137.jpg



天気も悪いので、さぁ先へ。
武尊山から剣が峰山に続く稜線にはお花がいっぱい。
a0148606_1516566.jpg

a0148606_15164777.jpg

a0148606_15164584.jpg

a0148606_1517193.jpg



快適な稜線歩き。小ピークを3つほど過ぎると…。
a0148606_15181512.jpg



ガスの中、うっすら見える剣ヶ峰山山頂。
a0148606_15183171.jpg



はい、到着。
a0148606_1519491.jpg



この下山がたいへんだった。。。
雨でしっとりした木の根が滑りやすく、
その上、ドロドロの土でさらにつるっつる。
何度転んだことか。
a0148606_15211717.jpg



たびたび沢を渡り、靴もびちゃびちゃ。
a0148606_15212177.jpg



ブナの花?
a0148606_15223564.jpg



むらさきいろのかわいいお花。
ラショウモンカズラというらしい。
a0148606_15244586.jpg



高度を下げると、陽が出てきた。
本当にキレイな新緑。
a0148606_1523768.jpg

a0148606_15241297.jpg



武尊神社に到着。
「登らせていただきました。無事帰ってこれました、ありがとうございます」とあいさつして終了。
a0148606_15255543.jpg






【memo】
05:29武尊神社駐車場
06:07武尊山・剣ヶ峰山分岐
06:56手小屋沢避難小屋分岐
08:27武尊山山頂
09:31剣ヶ峰山分岐
09:37剣ヶ峰山山頂
09:46剣ヶ峰山分岐
11:32武尊山・剣ヶ峰山分岐
12:06武尊神社駐車場
[PR]
by ighana | 2012-06-10 15:28 | 山登りのこと

2012.06.02 Sat

6月に入っても「まだ雪山行きたい!」と、
ここんとこ毎週雪を求めてあっちへ、こっちへ。
そして選んだのは会津駒ヶ岳。


はしゃいでしまうくらいの快晴!!!
a0148606_22583367.jpg



歩きはじめて目に飛び込んでくるのは、目にも鮮やかな緑。
ホントに雪あるの?と疑ってしまうほど。
a0148606_2315073.jpg

a0148606_2321130.jpg



1600mを過ぎてようやく雪が付き始める。
a0148606_2321456.jpg

a0148606_2324040.jpg



あっという間に雪山に。
a0148606_2325536.jpg



a0148606_2362859.jpg

a0148606_237895.jpg



会津駒ヶ岳と稜線
a0148606_2304288.jpg



a0148606_2373369.jpg

a0148606_2375176.jpg

a0148606_2381434.jpg



会津駒の小屋から燧ヶ岳。
a0148606_2383489.jpg



会津駒の小屋から平ヶ岳と越後三山。
a0148606_239052.jpg



a0148606_2310102.jpg

a0148606_23103989.jpg



頂上まであと少し!
a0148606_2311913.jpg



頂上到着。
a0148606_2311513.jpg



頂上からの景色。
天気がよすぎて、いつまでもいたい。
a0148606_23123835.jpg

a0148606_23125082.jpg

a0148606_2313220.jpg

a0148606_23133696.jpg



さぁ下山。
a0148606_23312981.jpg

a0148606_233325.jpg



緑のトンネル。
a0148606_2333795.jpg



新緑の楓。今度こそこれで雪山は終わりかなぁ…
a0148606_23333595.jpg




【memo】
07:17滝沢登山口
09:28会津駒の小屋
09:43会津駒ヶ岳山頂
10:34会津駒の小屋
11:43滝沢登山口
[PR]
by ighana | 2012-06-02 23:14 | 山登りのこと