Komemame Diary

<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2012.05.26 Sat

白馬岳へ。
a0148606_16555958.jpg




久々の単独登山。振り返ってみるとちょうど半年振り。
せっかくなので1人でしか行けないところが良い。
まだ雪が多く人が少なさそうな大雪渓から白馬岳。
高低差約1700mの雪山を日帰りで行くことにする。


林道から白馬岳。天気も申し分なし。
a0148606_172589.jpg


新緑が眩しい。
a0148606_1724059.jpg


大雪渓の入口。
さすが5月。まだたっぷりと雪がある。
涼しく爽やかな風が吹いていてとても気持ちがいい。
白馬尻小屋は雪に埋まっていた。
a0148606_1953155.jpg


落石には要注意。
a0148606_1974293.jpg

a0148606_1981025.jpg


天狗菱。存在感抜群。
a0148606_1992697.jpg


白と青のコントラスト
a0148606_1994185.jpg


杓子岳も見えてきた。
a0148606_19103928.jpg


お花畑付近。
a0148606_19112612.jpg


白馬岳頂上宿舎の方から雷鳥が登山道を横切っていた。こちらはオス。
a0148606_19115028.jpg


完璧な保護色で分かりにくいがメス。
a0148606_19123630.jpg


稜線に出ると劔岳と立山にようやくご対面。
この角度から見える剣岳は端正な姿をしている。
a0148606_1913421.jpg


杓子岳の向こうに白馬鑓ヶ岳の姿も。
a0148606_19134358.jpg


白馬山荘を過ぎて、最後の登り。この辺りはまだ冬の様相。
空気が薄くてシンドイ。
a0148606_19142423.jpg


白馬岳山頂到着。
a0148606_19152486.jpg


改めて剱、立山。
a0148606_19173765.jpg


杓子岳&白馬鑓ヶ岳とその先に鹿島槍ヶ岳の姿も。
その先にはうっすらと槍穂。右手には針ノ木岳。
a0148606_19184786.jpg


北側は手前に小蓮華岳奥に雪倉岳と朝日岳。
a0148606_19195230.jpg


劔岳から毛勝三山(毛勝山・釜谷山・猫又山)。
a0148606_19204864.jpg


さて下山。ガンガン走って下れる。
a0148606_19215236.jpg


この辺りからは尻セードで一気に滑り降りる。サイコー。
a0148606_1923012.jpg


さよなら、大雪渓。
a0148606_19232170.jpg


猿倉荘に下山すると振る舞いが行われていて、
味噌汁と山菜の天ぷらや煮物をご馳走に。
a0148606_19252241.jpg


猿倉〜白馬岳を約6時間半で往復。特に下りはあっという間。
ヒップそりでの尻セードは自己最長記録を更新。あー楽しかった。


【memo】
06:25 猿倉荘登山口
07:13 白馬尻小屋
10:09 白馬岳頂上宿舎
10:39 白馬山荘
11:00 白馬岳山頂 11:20
11:25 白馬山荘
11:32 白馬岳頂上宿舎
12:17 白馬尻小屋
12:53 猿倉荘登山口
[PR]
by ighana | 2012-05-26 17:12 | 単独登山(danyama)

2012.05.20 Sun

きもちいい〜、と笑いガオ。
a0148606_2240295.jpg



ペロンと得意げ。
a0148606_22403947.jpg



hanaはここだと、思いっきり自分の“地”を出せるみたい。
ノビノビしていていいのだけど、
おかげで最近、他の子に急に怒ったり、
エラそうにしたり、ちょっと増長している気が・・・
コワい女は嫌われちゃうよー、hanaちん。
[PR]
by ighana | 2012-05-20 22:51 | hanaのこと

2012.05.19 Sat

まだまだ雪山行きたい!
ってことで、雪の残る唐松岳へ。

先週と打って変わって、山頂はこの景色。
剣岳をバックにニッコニコ〜(はしゃぎすぎ・・・)
いつもは山頂にたどり着くだけで精いっぱいなので、
山頂でこのテンションは自分でもびっくり!
a0148606_21475133.jpg



唐松岳山頂へは、まずリフトに乗って八方池山荘に向かうところからスタート。
この青い空!
a0148606_21501435.jpg



八方池山荘からしばらく歩くと早速右手に白馬三山がお出迎え。
a0148606_21505173.jpg



左手にはこないだ行った鹿島槍ヶ岳。そして五竜岳。
a0148606_21513356.jpg



広い雪原。
左から丸山→唐松岳→不帰ノ嶮→不帰キレット。
a0148606_21522197.jpg



青と白の世界。
a0148606_21531898.jpg



鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳の白馬三山。
a0148606_21542366.jpg



ベースレイヤーだけでも汗ばむほどの天気。
a0148606_2204285.jpg



東側に広がる山群。
左から焼岳→火打山→妙高山→乙妻山→高妻山→戸隠山。
a0148606_21554763.jpg



やや急登に。
キックステップで足場をつくりながら登る。
a0148606_21564914.jpg



大迫力の不帰ノ嶮と不帰キレット。
a0148606_21574766.jpg



雪庇にできたシュカブラ。
a0148606_21583492.jpg



高度をあげると、少し風がでてきて寒さを感じる。
a0148606_2221629.jpg



いつもの上着を着込んで、腹ごしらえ。
真冬と違って立ち止まっても、芯まで冷えちゃうことはない。
a0148606_2216425.jpg



後立の稜線に乗っかると、正面にドーンと剱、立山の姿が。
a0148606_2218167.jpg



と!
ライチョウが!!!
こんな晴れた日には見られないはずのライチョウに出会えて、
ちょっと得した気分。
しかも近付いてもまったく動じない。
a0148606_22191518.jpg

a0148606_222142.jpg



山頂まであと少し!
a0148606_22214717.jpg



とうちゃくー。
しばし景色に見とれる。
a0148606_22221581.jpg



雨飾山、妙高。
a0148606_22233980.jpg



五竜岳。稜線に登山道がくっきり。
a0148606_22241471.jpg



白馬三山方面。こちらも天狗の大下りに登山道がくっきり。
a0148606_22253211.jpg



息をのむ絶景。こちらは劔。
a0148606_2229414.jpg



登ってきた稜線。
a0148606_22304747.jpg



稜線の先には針ノ木岳の姿が。奥には槍・穂高。
a0148606_2231324.jpg



絶景の中、尾根を下る。
a0148606_22321041.jpg



面白い雪質で、歩く度に斜面を流れる雪は
「ザザーッ」とビニールシートの上を滑る落ちるような音がする。
a0148606_22323636.jpg



八方池は、足の下。
a0148606_22332492.jpg



そして、下りのリフト。
大満足で、ご機嫌でさようなら〜!
a0148606_22344782.jpg




前回、前々回と山行とキビシイ天候だったので、
久々に山頂でゆっくりできて、あらためて「山っていいなー」なんて
ふつう過ぎる感想を抱くのだった。



【memo】
08:42 八方池山荘
08:58 八方山ケルン
10:20 丸山ケルン
11:11 唐松岳頂上山荘
11:33 唐松岳山頂
12:14 唐松岳頂上山荘
12:45 丸山ケルン
13:17 八方池
13:28 八方ケルン
13:48 八方池山荘
[PR]
by ighana | 2012-05-19 22:38 | 山登りのこと

2012 .05.12 Sat

GW明け、冬に逆戻りしたような天候のなか奥白根山に行ってきた。

雪煙舞う山頂・・・
時間が経つにつれ晴れてくる予想は大はずれ。
天気はときおり晴れ間がでるも、結局下山時まで回復することはなかった。
a0148606_20591781.jpg



菅沼登山口からいきなり雪が舞う。
降雪があったようで、新雪が3~5cm積もっている。
a0148606_2132666.jpg



はじめは緩やかな道だったのに、やがて急登に。
「ほんとにここー?」って半信半疑ですごい斜度の登りを進む。
気をつけていたはずなのに、いつの間にか間違えて隣の沢に入ってしまったみたい。
a0148606_2173385.jpg



直登して正規登山道に合流しようとしたけど、
進めば進む程ますますドツボに。
ひぃ、こわいっっ。
あまりに危険なので、あきらめて引き返すことに。
a0148606_21111867.jpg



とはいえ、引き返すのも容易じゃない。
登りより下りの方が斜度のコワさを感じて、思わず座り込む。
アイゼン、ピッケルを装備していても真っ逆さまに落ちそうで・・・
a0148606_21131559.jpg



気を取り直し、新雪にトレースをつけてゆく。
ここ数日は誰も入っていないのかな。。。
a0148606_21153145.jpg



弥陀ヶ池に到着。
池と言っても、雪に覆われて全容は見えず。
先にみえる奥白根山頂はガスの中。
「あー、寒いしテンション下がるな・・・」
a0148606_2116523.jpg



けっこう風はつよく、すごい勢いで雲が流れる。
ときどき山頂が姿を現す。
この日は気温も低くてマイナス5~10度くらい。
a0148606_2119328.jpg



ときどき晴れ間がみえて、明るい気分にさせられるも、
a0148606_21214377.jpg



すぐまたガスにまかれる。
眼下には弥陀ヶ池。
a0148606_21222245.jpg



猛々しい。。。
a0148606_2124194.jpg
a0148606_21234257.jpg



ガスと天候の悪さであたりが見えず、
またまた間違えてしまいルンゼ状の超急登をそのまま直登。
ルンゼ状の斜面を登りきると岩&アイスのミックスに。
あーキツいのナンの!
a0148606_2125017.jpg



そして、山頂直下は岩登り。
慎重に、慎重に。
a0148606_21272541.jpg



ようやく到着の、山頂。
やったー!でも眺望はゼロ。
見渡す限り白い世界だし、寒いしさっさと退散。
a0148606_2128336.jpg



行きに通りかかった弥陀ヶ池が。
この日は結局結局、天気は回復せず。
a0148606_21305358.jpg



弥陀ヶ池のフチのギリギリを歩くとズボッと水が滲み出る。
池に落ちませんように・・・なるべく離れたところを歩く。
a0148606_2132899.jpg



ここまで降りてくれば穏やか。
帰りは、ヒップソリをしながらキャーキャー言いながら降りる。
a0148606_21341747.jpg



この日は悪天とガスで視界もわるく、降雪後でトレースは風で吹き飛ばされた状態。
そのため2度ほど正規のコースを外してしまい、自ら難しい道を選んでしまうことに。
とにかくキビシイという印象が残った雪山だった。
でも、雪山歩きが出来るのももう今シーズン最後かも、
と思うとやっぱり来てよかったナなんて思うのだった。



【memo】
07:00 菅沼登山口
09:37 弥陀ヶ池(途中隣の谷に迷い込み1時間30分ほどロス)
11:35 奥白根山山頂
12:45 弥陀ヶ池
14:01 菅沼登山口
[PR]
by ighana | 2012-05-12 21:39 | 山登りのこと

2012.05.05 Sat 〜 05.06 Sun

GW後半。
そろそろ雪山納め(?)ということで、
テント泊で鹿島槍ヶ岳を目指した。
a0148606_2147886.jpg



今回はテント泊ということで、
10キロ以上のザックを背負っていざ出発。
よっしゃ、がんばるそーーー。
a0148606_21501680.jpg



稜線に出た途端にまぶしい〜。
サングラスに日焼け止めを。
a0148606_2154096.jpg



後ろから見ると、かなりの高度。
振り返るのがコワい。
a0148606_21565923.jpg



奥には大天井と常念も見える。
a0148606_2159531.jpg



斜面を一歩ずつキックステップで進む。
a0148606_21595331.jpg



風がつよく、雲はみるみる西から東に流れていく。
ずーっとむこうに爺が岳が見えてきた。
a0148606_2215352.jpg



ガスで覆われる前に爺が岳に辿り着かなくては。
a0148606_2243714.jpg



延々とつづくのぼり、こちらは夏道で石がゴロゴロ。
a0148606_2272682.jpg



「ここを登りきったら頂上!」と思ったら、あー、まだまだ先!
a0148606_229324.jpg



ようやく、爺ヶ岳(南峰)山頂到着、
で、思わず「ヤッホー!」。
a0148606_2210508.jpg



すごい風の中、中峰、北峰を経由して冷池山荘に向かう。
a0148606_22123343.jpg



頭上を飛ぶヘリコプター。
a0148606_22134136.jpg



絶景を見ながら、歩いていく。
棒小屋沢から剱沢。
a0148606_2216448.jpg



妙高、戸隠、黒姫方面。
a0148606_22175152.jpg



鹿島槍を見ながらゆるやかな下り道を歩く。
ザックが重くて、もうこの辺りで疲れがズシンと。
a0148606_22184332.jpg



幕営地である冷池山荘に到着したころには、私はくたくた。
テントを張ってから、ここから先はdanyamaひとりで
鹿島槍ヶ岳に向かう。

雪田布引岳その奥に光る鹿島槍。
a0148606_22225597.jpg



布引岳山頂。
a0148606_2230058.jpg




鹿島槍南峰までの最後の登り。
a0148606_22274194.jpg



鹿島槍ヶ岳(南峰)山頂。
a0148606_22285451.jpg



山頂から、布引岳と爺ヶ岳。
a0148606_22305845.jpg



南峰から北峰をのぞむ。
a0148606_22325665.jpg



なんだこれ!
頂上標がこんなことに。
ここ数日の悪天を象徴しているみたい。
a0148606_22334373.jpg



無事、danyamaが冷池山荘まで帰ってきて、
ごはんを食べたら、早々に就寝。
夜中、テントを打つみぞれの音で何度か目を覚ます。
明日の天気悪そうだな、、と思いながらウトウト。


翌朝。
太陽がっ♪
a0148606_2237445.jpg



と、思ったらこの太陽も朝のうちだけ。
下山時は、強風、雨、カミナリ、暴風雨・・・。
a0148606_22381748.jpg



最後は踏ん張りが利かなくなって、フラフラ。
足が言うことをきかず、降りられなくなってしまう。
danyamaにザックを持ってもらって、なんとか下山。
ずぶ濡れ、泥だらけで一目散に温泉に駆け込んだ。

GW後半は北アルプスで10名以上が遭難死したほどの天候の悪さだった。
実は前日に見たヘリコプターは、遺体回収のためのもので、
私たちもその現場に居合わせることになった。
生きて戻れるか、そうでないかは本当に紙一重で、
簡単にあちら側にもこちら側に転ぶ。

私は鹿島槍ヶ岳に登頂は出来なかったけど、
いろんな意味でとても勉強になった2日間だった。



(memo)
○05/05
05:12 柏原新道登山口
06:07 南尾根分岐
08:58 ジャンクションピーク
10:57 爺ヶ岳(南峰)
12:17 冷乗越
12:35 冷池山荘(幕営)
15:11 布引岳
15:59 鹿島槍ヶ岳(南峰)
16:29 布引岳
17:04 冷池山荘

○05/06
07:32 冷池山荘
07:45 冷乗越
08:57 爺ヶ岳(南峰)
10:27 ジャンクションピーク
12:37 南尾根分岐
13:18 柏原新道登山口
[PR]
by ighana | 2012-05-06 22:54 | 山登りのこと