Komemame Diary

<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2010.08.29 Sun

a0148606_21265043.jpg



午睡から目を覚ますと、夕方が近づいている。

急いで支度をして、hanaを原っぱに連れ出す。
残暑という言葉。今年はもう聞き飽きたけど、
ファインダー越しの光は確実に秋が近づいていることを教えてくれる。
 
 
 
[PR]
by ighana | 2010-08-30 21:36 | その他

2010.08.28 Sat

奥秩父・両神山へ。




a0148606_23214358.jpg

「歩行時間も長くて、高低差もあるため健脚向き」と本にあったとおり、
たしかにダラダラ延々とつづく登りはキツい。
だけど、なんどか沢を渉るところがあって、ここが涼しくて気持ちいいー!
ジャブジャブ流れる水を見ているだけで、体温が下がる感じ。




a0148606_23271161.jpg

クサリ場は何ヶ所かあって、大きな岩を一気に登る。
ダラダラ登るより、こっちの方がずっとラク。(に感じる)




a0148606_233061.jpg

山頂近くの両神神社。
両神山は水が豊富なせいか、ときおり冷たい風が吹く。
シンとしていて、沢の音だけが聞こえる山。




a0148606_2335101.jpg

山頂に到着。


a0148606_23361247.jpg

眺望もばっちり。
長い山歩きだったけど、おいしい湧き水もたっぷり飲んで、
リフレッシュできた一日だった〜。




【memo】
06:08 登山口駐車場
06:41 七滝沢コース分岐
08:32 清滝小屋
09:16 横岩
09:27 両神神社
10:00 両神山山頂
10:26 両神山山頂発
10:45 両神神社
10:52 横岩
11:14 清滝小屋
12:21 七滝沢コース分岐
12:48 登山口駐車場
[PR]
by ighana | 2010-08-29 23:51 | 山登りのこと

2010.08.22 Sun

私にとっては3週間ぶりの山歩き。
ということで、軽めの大山へ。
しかも定番のケーブルカーにも乗らない地味なコースを選択。
a0148606_22502862.jpg



今回はこれまた久しぶりのhanaも一緒。
山好きhanaは、あっちこっち匂いをくんくん、ぴょんぴょん走ったり。
朝の光の中、とっても楽しそう。
a0148606_22545618.jpg




1時間ちょっとで山頂着。
短い登りだったけど、久しぶりの体にはこたえる!
山頂には、阿夫利神社があって厳かな雰囲気なのかと思いきや、
明るく、陽当たりもよくてのんびり。
a0148606_22564123.jpg




残念ながら景色はのぞめなかったけど、
ウォーミングアップにはぴったり。
さぁて、来週はどこ行こう。
a0148606_237225.jpg





【memo】
06:40 ヤビツ峠
07:48 大山山頂着
08:16 大山山頂発
09:58 ヤビツ峠
[PR]
by ighana | 2010-08-29 23:11 | 山登りのこと

2010.08.21 Sat

甲武信ヶ岳へ。



今回も天気に恵まれ、道中、富士山の姿が。
a0148606_19124770.jpg



木賊山山頂。眺望もなく地味。
a0148606_19131232.jpg



木賊山方面から甲武信ヶ岳を望む。
a0148606_19133364.jpg



甲武信ヶ岳山頂
a0148606_19135695.jpg



近丸新道を下る。
a0148606_19195271.jpg


a0148606_19144214.jpg




【memo】
05:05 西沢渓谷駐車場
05:22 ネトリ橋
05:38 徳ちゃん新道口
07:17 徳ちゃん新道・近丸新道分岐
09:02 木賊山
09:15 甲武信小屋
09:30 甲武信ヶ岳山頂
09:51 甲武信ヶ岳山頂発
09:58 甲武信小屋
10:14 木賊山
11:03 徳ちゃん新道・近丸新道分岐
12:20 近丸新道口
12:38 西沢渓谷駐車場
[PR]
by ighana | 2010-08-22 19:22 | 単独登山(danyama)

2010.08.07 Sat

八ヶ岳・編笠山、権現岳へ。



雲の上の富士山もくっきり。
a0148606_18275062.jpg



頂上標識の後ろに権現岳の姿が。
a0148606_183410100.jpg



権現から編笠山を眺める。ホントに編笠みたい。
a0148606_1828112.jpg


a0148606_1828278.jpg



権現岳山頂から。
赤岳・中岳・阿弥陀岳・横岳・硫黄岳が間近に。
a0148606_18284216.jpg



【memo】
06:45 観音平
07:26 雲海
08:03 押手川
09:18 編笠山山頂
09:41 編笠山山頂発
09:57 青年小屋
10:56 権現小屋
11:06 権現岳山頂
11:10 権現岳山頂発
11:51 青年小屋
12:38 (巻き道で)押手川
12:59 雲海
13:32 観音平
[PR]
by ighana | 2010-08-22 18:53 | 単独登山(danyama)

2010.07.31 Sat

「土曜は山へ」がすっかり定着したこの日は、
西丹沢・檜洞丸(ひのきぼらまる)へ。
毎週いろんな山に登って、そろそろ体力にも
自信がついてきたな、なんて思ってたら、
この檜洞丸、私には最初から最後までツラーイ道のりの連続だった。

歩きはじめから、とにかく暑い。
頭からタラタラと汗が伝ってくる。
このコースは登山口から山頂までの標高差は約1000m。
急登でどんどん高度を稼がないと辿り着かない。
a0148606_0494292.jpg


暑さのなか登ること3時間、ようやく山頂へと続く整備された木道まで来た。
しかし、すでにここで体力の半分以上を消耗。。

疲れてトボトボ歩いていると、
こんどは見たこともないくらい大っきな蜂たちが頭の上をブーン、ブーン。
しかも、私の行く手を遮るように、前で待ち伏せしている!
「私は山頂に行きたいだけなの!」
「山を荒らしたり、蜂たちにちょっかい出したりするつもりはないからーっ」
とあまりのコワさにブツブツつぶやきながら、走るように山頂へ。

a0148606_038478.jpg

山頂に着いたはいいけど、ここにも蜂がブンブン。
休むまもなく退散〜。



a0148606_05661.jpg

犬越路までのアップダウンもかなり激しい。
しかもまともな休憩もできなかったため、ペースは落ちるばかり。
この通り、景色も残念な感じ。ふだんなら富士山が見えたりするらしい。


予定タイムよりもやや遅れて、犬越路に到着。
雨がポツポツきはじめたため、避難小屋で昼食をとることに。
a0148606_125962.jpg






山というのは、似たような山はひとつとして存在しない。
まだまだ経験の浅いわたし言うのもなんだけど、
これまで登った山は、どれも個性的で、
道や景色はもちろん、そこに漂う雰囲気や匂いも違う。

だからまた、山を下りたとたん辛かったことなんか忘れて
「さて次はどこ行こう」となるんだろうな。



a0148606_2111616.jpg





【memo】
06:30 西丹沢自然教室
07:45 ゴーラ沢出合
08:15 展望園地
09:40 檜洞丸山頂
11:50 犬越路
13:30 用木沢出合
13:55 西丹沢自然教室
[PR]
by ighana | 2010-08-13 01:19 | 山登りのこと

2010.07.25 Sun

やっぱり、前日の疲れのため起床は6:00で、大寝坊!
でも「せっかく来たんだし・・・」と支度をはじめる。
hanaといえば、当然のようにするりとザックの中へ。

きょう登るのは、瑞牆山。
大きなゴツゴツした岩がつらなる山で、手と足を使ってよじ登っていく。
とはいえ、前日の金峰山に比べたら、なんと楽しい山歩き。
岩といっても、大きなしっかりした岩ばかりのせいか、
すべってカラダが不安定になることもなく、着実に高度をあげていける。

10メートルは優に超える巨石を前に、
「これが転がってきたりしたら、わたし跡形もなくなっちゃうんだろうな」
なんて、身震いしてしまうようなことを考える余裕もあったり。



a0148606_22332478.jpg

途中、クサリ場やはしごも。



a0148606_2235097.jpg

順調に登って、1時間半ちょっとで山頂に到着。



a0148606_22371147.jpg

結局hanaは最後までザックの中。
人間は、苦しくて苦しくてそれでも頑張って登頂したときに、
なんともいえない達成感と、そこに広がる景色に「来てよかったー」と心から思うのだけど、
きっとhanaはなーんにも感じていないんだろうな。
「ザックにゆられて眠くなっちゃったなぁ」とか
「ここどこー?」くらいには思っているかもしれないけど。




a0148606_22434791.jpg

そして、これが「来てよかったー」と思えた景色。
富士山に南アルプス、360度の絶景。
これぞ醍醐味!


hanaとの2日間の山歩きであらためて実感したのは、
やっぱり犬も長い時間歩くと疲れるのだ、ということ。
これまでの山だと登りも下りもいつでも元気で、底なしの体力だなぁと思っていたけど、
今回は、特に下りのとき大きな段差があると、立ち止まり抱っこをせがんできた。
hanaの体力ももちろんだけど、抱っこしたり、ザックで背負ったり、
こちらの体力ももっとつけないといけないなぁ、と思った山歩きだった。



【memo】
07:30 富士見平
09:05 弘法岩(黒森分岐)
09:10 瑞牆山山頂
11:09 富士見平
12:58 富士見平出発
13:25 瑞牆山荘
[PR]
by ighana | 2010-08-01 23:03 | 山登りのこと