Komemame Diary

<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2010.07.24 Sat

はじめてhanaと山テント泊へ。
今回は、百名山である金峰山と瑞牆山に登るプラン。
きょうは金峰山を目指す。



a0148606_2346588.jpg

まずは、ふたつの山の登山道の分岐点である富士見平にテントを張る。
はじめてのテントに、hanaは怖がるかと思いきや、
地面をうじゃうじゃ歩く蟻んこに噛まれるのか、
手足をばたつかせながら、自らテントの中へ退散。

ほっとひと安心したところで
荷物をまとめなおし、いざ出発ー!

この日は気温が高く、高度を上げてもまったく涼しくならない。
用意していった水もみるみるなくなっていく。
しかも頂上までの道のりは長く、早々にバテバテ状態。
急な岩場の道がつづき、登れども登れどもなかなか辿り着かない。
hanaも暑さで舌をだしながらも、必死に登る!





a0148606_23473563.jpg

出発から4時間後、ようやく山頂に到着。
hana、自力で2599mをクリア。





a0148606_0133479.jpg

こちらは山頂脇にある五丈岩。
こんな高いところに、こんなにも大きな岩が積み上がっているなんて。不思議〜。
いちばん上まで登るのは相当難しいらしい。





a0148606_0211114.jpg

疲れきってしまったhanaをザックに入れて、下山。
一気に4.5kg近く重くなった荷物をしょって、来た道を戻るのかと思うと・・・。
hanaはちゃっかり顔だけ出して、景色を眺めたりしてる。


結局この日は約8時間歩きつづけ、テントに戻ったときには立っていられないくらい。
夕飯を済ませて、すぐさま寝袋へ。
「あしたの瑞牆山はムリかもねー」なんて言いながら。
しばらくすると、hanaのスースーいう寝息が聞こえてきた。




【memo】※1日目
08:10 瑞牆山荘
08:55 富士見平
10:00 富士見平出発
10:56 大日小屋
11:43 大日岩
12:44 砂払いの頭
14:00 金峰山山頂
17:45 富士見平
[PR]
by ighana | 2010-07-30 00:41 | 山登りのこと

2010.07.18 Sun

2日目。
4時前起床。この時間の気温は5℃。
凍ってしまいそうに冷たい水で顔を洗い、
朝食を済ませて、早々に出発。




a0148606_22185617.jpg

天狗岳までの道のりは、大きな岩がごつごつ続く。
手も使いながら、急登をよじ登っていく。
涼しく感じたのは最初だけ、すぐに暑くなってくる。




a0148606_2218936.jpg

登ること約1時間半、天狗岳東峰に到着。
天狗岳のシンボルである天狗岩は、カラダがゾワゾワしてしまうほどの展望。
南八ヶ岳の姿はもちろん、北アルプスなど360度見渡せる!
作りものみたいな青い空にみどりの山々を眺めて、
疲れはどこかにいってしまう。





a0148606_22315947.jpg

天狗岳は2つの頂上を持つ。
左が東峰(2640m)、右が西峰(2646m)。
東峰のポコンと突起になっているところは、天狗の鼻みたい。



今回はテント泊のため、2日目のスタートが早く、
まだ雲が出てこない時間に頂上を目指すことができた。
やっぱり山歩きには早起き!と、つくづく実感。






【memo】※2日目
05:15 黒百合平
06:53 天狗岳(東峰)
07:28 天狗岳(西峰)
09:30 黒百合平
12:37 高見石小屋
13:42 白駒池駐車場





【おまけ】
a0148606_2251854.jpg

帰宅途中に見えた富士山。
[PR]
by ighana | 2010-07-25 22:52 | 山登りのこと

2010.07.17 Sat

3連休は山キャンプへ!

行き先は北八ヶ岳の天狗岳。
1日目はテントサイトのある黒百合ヒュッテまでの山歩き。



a0148606_20542929.jpg

歩き出して数分。
なんと、子どものオコジョが姿を見せた。

体長15センチにも満たない小さなからだを、
木の根っこの空洞から出したり引っ込めたり。
人間の私たちにも、興味津々といった様子。
ちょろちょろすばしっこい動きや、
ふわふわ柔らかそうな毛がなんともいえずしばし見とれてしまった。





a0148606_2161298.jpg

白駒池や湿原、苔むした樹林帯などを抜けながら、歩くこと4時間弱。
途中クルマの鍵を締めに戻ったり、ニュウに登ったりして
本日の目的地に到着。
すでに色とりどりのテントが。

標高2410mだけあって、風がひんやりと気持ちいい。
しばらく休んだりテントを張ったりして、
夕食の準備をするころには、気温は16℃まで下がってきた。
歩いたあとの冷たいビールもおいしかったけど、
そのあとの熱いコーヒーが身にしみた〜。

あした目指す天狗岳を楽しみに、20時には寝袋へもぐりこむ。
みんなも寝静まりあたりはしーんと。
近すぎる星空に圧倒されながら、就寝。




【memo】※1日目
11:37 白駒池駐車場
13:48 ニュウ
15:19 中山峠
15:25 黒百合平
[PR]
by ighana | 2010-07-25 21:39 | 山登りのこと

2010.07.11 Sun


景色には恵まれなかった丹沢だったけど、こんな出会いが。

a0148606_23592133.jpg

もそもそと草を食むシカ。




a0148606_012930.jpg

背中の点々がかわいい。
hanaは見つけるや、大興奮。
ちょっと似てるし、仲間と思ったのかも?
[PR]
by ighana | 2010-07-20 00:08 | 山登りのこと

2010.07.11 Sun

今回の日帰り山歩きは丹沢。鍋割山から塔の岳へ。
先週雨でお留守番だったhanaも、きょうは一緒。




a0148606_22445570.jpg

日頃留守番で体力の有り余っているhanaは、
「お先に〜」と走り去っては、後ろを歩く私たちを振り返る。
「まだー?」と言っているみたい。




a0148606_22531823.jpg

途中、進んだ道を走って戻ってきたり。
少しでも体力消耗しないようにと、
意識してのんびり歩く私には考えられないムダな動き!




a0148606_2325663.jpg

そんなhanaに引っ張られるようにして、歩くこと4時間。
塔の岳山頂に到着。
山頂は、気温も低く雨も少しぱらついていたけど、
当初、hana(私たち)の頑張り次第で「元気だったら行こう」と
計画していた塔の岳にまで登頂できて、達成感も倍増!
ここに辿り着くまでの苦しい思いを忘れてしまうから不思議。




【memo】
07:50 表丹沢県民の森
08:15 二俣
09:03 後沢乗越
10:13 鍋割山山頂(休憩)
11:13 金冷し
11:52 塔の岳山頂(昼食)
12:43 塔の岳出発
12:52 金冷し
14:40 二俣
15:00 表丹沢県民の森
[PR]
by ighana | 2010-07-19 23:56 | 山登りのこと

2010.07.03 Sat

週末の日課となりつつある日帰り山歩き。
今回の行き先は、大菩薩嶺。
だけど、雨予報のため悩んで悩んでhanaはお留守番。(ごめんね)



a0148606_2228782.jpg

最初の登り道は、ガスが一面にひろがっていた。
神妙な気持ちになりながら、ただただ、ひたすら登る。
この日はhanaがいないせいなのか、ペースがつかめずキツい。
ぐったりしながらも、急登を進む。



a0148606_22344238.jpg

90分ほどで大菩薩嶺に到着。
たくさん汗をかいたのに、2000m超はひんやりと気持ちいい。
しばし休憩して大菩薩峠へ向け出発。



a0148606_22414097.jpg

天気がよければ展望が良いところだけど、
この日は麓から稜線に向かってガスが吹き上げつづけていた。



下山後は、置いてきたhanaのことを想いながら、熱々のコーヒーを。
すると、ぱらぱらと雨が降ってきたので帰路へついた。
「天気の良い日にもう一度行きたい!」そんな山だった。



【memo】
09:07 上日川峠
10:28 雷岩
10:37 大菩薩嶺
11:30 大菩薩峠(昼食)
12:15 大菩薩峠発
12:40 石丸峠
14:07 上日川峠
[PR]
by ighana | 2010-07-04 23:12 | 山登りのこと

2010.06.27 Sun

a0148606_2374150.jpg

下山途中、足もとで何やらうごめくものが。

大きなカエルが何か“赤いもの”を飲み込もうとしていた。
よくみると、体長20センチ直径1センチはある巨大ミミズ!
ミミズも飲み込まれまいと、体をよじって抵抗している。

しばらく見ていたけど、いつまでも決着はつかず、
その場を後にした。
その後、どっちが勝ったかな。
[PR]
by ighana | 2010-07-01 23:37 | 山登りのこと