Komemame Diary

2013.10.27 Sun

南アルプス・早川尾根(北沢峠~栗沢山~アサヨ峰~広河原)へ。
a0148606_1691897.jpg

台風の進みが遅く今週末もまたダメか…と諦めていましたが、
直前で27日の太平洋に近い山は晴れ予報に。

以前より気になっていたアサヨ峰。特に甲斐駒から見えるその姿は妙に存在感があります。
ということで早川尾根に行ってみることにしました。
また、アプローチシューズというものを新しく購入してみたのですが、
週末の悪天続きで、今年は出番なく雪山シーズンに突入かと思っていたところだったので、
その試運転にもちょうどいい山かなと。





 
 
北沢峠からスタート
a0148606_1610570.jpg


北沢駒仙小屋を通過
a0148606_16102148.jpg


北沢駒仙小屋を過ぎるとすぐに樹林帯の登りとなります
a0148606_16124985.jpg


素敵な雰囲気
a0148606_1613487.jpg


あっという間に森林限界を越えます
a0148606_16132593.jpg


左手には甲斐駒がドカーンと
a0148606_16134372.jpg


振り返ると仙丈ヶ岳
a0148606_1614124.jpg


北岳~間ノ岳~農鳥岳~塩見岳
a0148606_161417100.jpg


鋸岳と駒津峰
a0148606_16143486.jpg


標高の低い場所では黄葉が進んでいます
a0148606_16145144.jpg


色づく山肌と背後には南ア南部の山々
a0148606_1615854.jpg


黄葉をパチリしている姿をパチリ
a0148606_16153040.jpg


ハイマツ帯を登るkomemameの背後に仙丈ヶ岳
a0148606_16154535.jpg


ちょっと岩っぽくなってきました
a0148606_1616232.jpg


甲斐駒が圧倒的に迫ります
a0148606_1616169.jpg


甲斐駒山頂を中心に左に摩利支天、右に駒津峰
a0148606_1616313.jpg


岩稜帯を進みます
a0148606_16164945.jpg


山頂まであと少し!
a0148606_16215130.jpg


栗沢山山頂に到着
a0148606_1622187.jpg


栗沢山山頂より北岳。この角度からもカッコいい
a0148606_16225155.jpg


栗沢山山頂より北岳~間ノ岳~農鳥岳~塩見岳、そして南ア南部の山々に続く稜線
a0148606_16231436.jpg


栗沢山山頂より仙丈ヶ岳
a0148606_16233415.jpg


栗沢山山頂よりアサヨ峰
a0148606_16235733.jpg


さて、前方に見えているアサヨ峰に進みます
a0148606_16241618.jpg


いったん下ります
a0148606_16243377.jpg


仙丈ヶ岳。あまりの見事さに何度もカメラを向けてしまいます
a0148606_16244974.jpg


楽しい稜線歩き
a0148606_1625973.jpg


手を使って登るところも少しだけあります
a0148606_1625281.jpg


振り返って甲斐駒。山肌の黄葉がよいですね
a0148606_162549100.jpg


いい天気です
a0148606_16261597.jpg

a0148606_16263623.jpg


アサヨ峰がだいぶ近づいてきました
a0148606_16265671.jpg


甲斐駒、駒津峰、鋸岳が顔を出しています
a0148606_16271455.jpg


栗沢山~アサヨ峰まではすばらしい展望を楽しむことができます
a0148606_16273243.jpg


アサヨ峰に到着
a0148606_16275267.jpg


アサヨ峰山頂より野呂川と紅葉。そして背後に富士山
a0148606_16281311.jpg


富士山アップで【PHOTO by komemame】
a0148606_16524242.jpg


アサヨ峰山頂より甲斐駒
a0148606_16283760.jpg


黒戸尾根と背後に八ヶ岳。南八ツは晴れているけど北八ツには雲がかかっています
a0148606_16285696.jpg


アサヨ峰山頂より仙丈
a0148606_16291371.jpg


アサヨ峰山頂より北岳
a0148606_16293279.jpg


アサヨ峰山頂より延びる早川尾根。右には富士山、左には地蔵ヶ岳のオベリスク
a0148606_16295287.jpg


歩いてきた栗沢山からの稜線
a0148606_1630933.jpg


野呂川と黄葉
a0148606_16302990.jpg


さてアサヨ峰の次はミヨシノ頭に向かいます
a0148606_16304843.jpg


野呂川を見ながらまずは下ります
a0148606_1631652.jpg


北岳ドーン
a0148606_16312720.jpg


上から見下ろす野呂川の光輝く川面と黄葉のコントラストがとても美しかったです
a0148606_16314723.jpg


甲斐駒。仙水峠までストンと延びる様には縦位置が似合います
a0148606_1632590.jpg


ハイマツの海を進みます
a0148606_16322525.jpg


地蔵をバックに
a0148606_16324492.jpg


早川尾根小屋に到着。すでに小屋仕舞い
a0148606_16325988.jpg


樹林帯を進みます
a0148606_16331778.jpg


広河原峠に到着。
先に進もうにも赤薙沢ノ頭付近で登山道が崩落・消滅しているとのことで
登山道にロープが張られて通行止めとなっていました。
しかたなく広河原峠から広河原に降ります
a0148606_16335384.jpg


倒木と苔そして苔から新しい芽が出ています。森の連鎖を感じます
a0148606_16341341.jpg


苔と光のハーモニー
a0148606_1634391.jpg


苔むした樹林帯を下ります
a0148606_16345422.jpg


いい雰囲気です
a0148606_1635961.jpg


標高を下げるにつれ色付いてきました
a0148606_1635254.jpg


天気がよいと光が透過してより美しいですね
a0148606_165358.jpg


鮮やかな赤と黄色
a0148606_1691897.jpg


美しいです
a0148606_16531888.jpg


西広河原沢が現れました
a0148606_16372216.jpg


西広河原沢の水流。苔、紅葉と相まってよい雰囲気を醸し出していました
a0148606_16373935.jpg


いい光です
a0148606_16375812.jpg


広河原峠入口に近づくと登山道は緩やかになります【PHOTO by komemame】
a0148606_16534546.jpg


林道に出ました。南アルプス林道を歩いて広河原に戻ります
a0148606_16382129.jpg


青と赤と黄のコントラスト
a0148606_1639158.jpg

a0148606_16392695.jpg


広河原の吊橋より野呂川と紅葉。お疲れさまでした!
a0148606_16394241.jpg


そういえば今年はまだ芦安に足を踏み入れてませんでしたが、
この季節にもなると乗合タクシーが発着する第2駐車場に楽々クルマを止めることができました。
林道付近の紅葉はピークを迎えていて車窓からの眺めは素晴らしいものがありました。

それにしても、北沢峠からだとお手軽に稜線に出られます。
歩き始めてから1時間半ほどで森林限界を越え、
ここからは名峰に囲まれながらの稜線歩きが楽しめました。
特に栗沢山からの甲斐駒は圧巻です。

当初、地蔵ヶ岳まで行って白鳳峠から広河原に降りる予定でした。
しかし、赤薙沢ノ頭付近の登山道が崩落消滅のため広河原峠~白鳳峠間が通行止めとなっていて、
広河原峠から広河原に降りることとなり、歩き的にはちょっと物足りませんでしたが、
ピークを迎えた紅葉と名だたる名峰に囲まれた大展望を楽しむことができました。

アプローチシューズはこれまでの重登山靴とは異次元の軽さで、ちょっと病みつきになりそうです。


【memo】
07:17  北沢峠
07:24  北沢駒仙小屋
09:03  栗沢山  09:11
09:56  アサヨ峰  10:05
10:24  ミヨシノ頭
11:26  早川尾根小屋  11:30
11:52  広河原峠(休憩・昼食)  12:13
13:30  広河原峠入口
13:47  広河原
[PR]
by ighana | 2013-11-01 16:07 | 山登りのこと