Komemame Diary

2013.10.06 Sun

雨飾山へ。
a0148606_13435138.jpg
思いがけず晴れ予報に変わった日曜日。 
今週はあきらめていたので、まったくのノープラン。 

検討した結果、そろそろ見頃を迎えていそうで、 
以前より紅葉の時季に行きたいなぁなんて思ってた雨飾山へ向かうことに。
ここなら歩く距離も短いし、こんな時にピッタリの山のような気がしました。




登山口に向かう途中の乙見山峠付近よりモルゲンの
爺ヶ岳→鹿島槍→五竜→唐松→不帰ノ嶮→白馬鑓→杓子→白馬。
思わずクルマを止めて撮影しちゃいました。手前には秋らしくススキ
a0148606_13461442.jpg


雨飾高原キャンプ場の登山口よりスタート
a0148606_1346424.jpg


登山口からしばらくは木道を進みます
a0148606_17481172.jpg


登山道脇の小川にはイワナがいました
a0148606_17483435.jpg


イワナをアップで【PHOTO by komemame】
a0148606_17485137.jpg


紅葉も始まりつつあります 
a0148606_15242810.jpg

まだ緑が多いですが、ところどころ赤
a0148606_17501613.jpg


日が昇ってきました
a0148606_17503649.jpg


紅葉した葉に太陽の光が透過してキレイ
a0148606_17505534.jpg
a0148606_1751588.jpg


眼下に荒菅沢が見えてきました。ここから沢まで大きく下ります
a0148606_17512377.jpg


荒菅沢より秋の色をした雨飾山と布団菱を望む
a0148606_1752726.jpg


荒菅沢を渡ります
a0148606_1752258.jpg


荒菅沢の上流を見上げます
a0148606_17524532.jpg


岩峰群と紅葉
a0148606_175416.jpg
a0148606_17531531.jpg
a0148606_1753465.jpg


荒菅沢を過ぎると急登が始まります
a0148606_17542538.jpg


先に見えているのが笹平
a0148606_17544479.jpg


想像以上に良い天気でした
a0148606_1755286.jpg


ハシゴを登り…
a0148606_17552122.jpg


岩を越えて【PHOTO by komemame】
a0148606_17554686.jpg


振り向くと焼山と火打山
a0148606_17561119.jpg


急坂を登り切るとすばらしい景色が飛び込んできます。正面が山頂です
a0148606_1756334.jpg


笹平からはクマザサが茂る登山道を進みます
a0148606_17565428.jpg


日本海と糸魚川の町並み
a0148606_17571262.jpg


山頂にどんどん近づきます
a0148606_17573140.jpg


荒々しい岩肌
a0148606_17574724.jpg


振り返って笹平と焼山、火打山
a0148606_1758791.jpg


秋めく空【PHOTO by komemame】
a0148606_17582596.jpg


荒菅沢方面を見下ろします
a0148606_17584249.jpg


山頂まであと少し!
a0148606_1759724.jpg


雨飾山山頂に到着。山頂まで来てようやく北アが見えます。背後は後立山
a0148606_17593381.jpg


頂上標とパチリ
a0148606_17594991.jpg


山頂より乗鞍と北ア南部
a0148606_1801684.jpg


山頂より北ア。槍も見えています
a0148606_181146.jpg


山頂より雪倉岳と朝日岳
a0148606_181212.jpg


山頂より焼山と火打山
a0148606_1814295.jpg


山頂より駒ヶ岳と鬼ヶ面山
a0148606_182777.jpg


標高が高いところほど赤くキレイです
a0148606_1825541.jpg
a0148606_1823178.jpg


さて下山です【PHOTO by komemame】
a0148606_183204.jpg


ちょっと雲が多くなりました【PHOTO by komemame】
a0148606_1845738.jpg


少女の横顔のように登山道が笹平を縫っています
a0148606_1855136.jpg


荒菅沢奥壁を上から覗く。吸い込まれそう
a0148606_186123.jpg


帰りも荒菅沢付近より山頂方面をパチリ
a0148606_13435138.jpg


早朝よりも色が濃くなりました
a0148606_187256.jpg


紅葉のピークはもう少し先ですね
a0148606_1875348.jpg


でも満足しました
a0148606_1881672.jpg


太陽が緑を照らします
a0148606_1884473.jpg


いい光です
a0148606_189229.jpg


下りもあっという間
a0148606_1892272.jpg


木道まで戻ってきました
a0148606_1894056.jpg


10月とは思えない暑さ。タオルを小川に浸します
a0148606_1895978.jpg


雨飾高原キャンプ場登山口に到着。お疲れさまでした!
a0148606_18101550.jpg


下山後の温泉は雨飾高原露天風呂。料金は寸志【PHOTO by komemame】
a0148606_18103332.jpg


ナビは信越道の長野ICで降りて美麻経由で148号に入り小谷から北上するルートを案内されたけど、
ウチのナビはイマイチ信用できないので、言うことを無視して、
距離が短そうな妙高高原ICから笹ヶ峰を越えるルートで雨飾高原キャンプ場にアプローチすることに。
しかし、これが大失敗。笹ヶ峰を過ぎると道路はいきなりダートの悪路に。
真っ暗な中、ガタガタと上下に揺られながら1時間ほど進んでいくのはとても不安でした。
再び舗装された道路までたどり着いた時はホッとしました。
まるで氷の上を進んでいるような感覚を味わいながら、ようやく雨飾高原キャンプ場に到着。

紅葉ですが、標高が低いところでは2~3割程度、高いところで5割程度と
本格化はこれからだと思いますが、荒菅沢からの秋の色を纏った山肌と布団菱の眺望は圧巻でした。
そして、心なごむ笹平からの最後のこんもりしたアプローチと、
距離は短いながらも見せ場はタップリ。さすがは百名山といったところでしょうか。

2時間ほどで山頂に着いてしまったため、ボーっと北アを眺めたり、
日本海を眺めたり、頸城山塊を眺めたり。

それにしても、この日は暑く10月にもかかわらず麓は27度くらいありました。
山頂でもTシャツ1枚でちょうどいいくらいの陽気。
そのせいか、しばらくすると下からガスが上がってきました。
ちょうど良いタイミングなので下山を開始します。

11時過ぎに下山完了。露天風呂に入って帰路に向かいます。
帰りはナビの指示通り148号から長野ICから上信越道→関越ルートで。
下山が早かったこともあり渋滞もなく都内まで帰ることができました。信用せずにゴメンよ、ナビ。

残暑のため今年の紅葉は少し遅いようで、雨飾山も1~2週間後が最盛期となりそうです。
雨飾山。ちょっとアプローチが遠く大変でしたがロマン溢れる山でした。


【memo】
06:23  雨飾高原キャンプ場登山口
07:23  荒菅沢
08:16  笹平
08:35  雨飾山(休憩・食事)  09:14
09:35  笹平  09:40
10:10  荒菅沢  10:15
11:13  雨飾高原キャンプ場登山口

[PR]
by ighana | 2013-10-07 13:42 | 山登りのこと