Komemame Diary

2013.09.29 Sun

岩小屋沢岳~鳴沢岳~赤沢岳~スバリ岳~針ノ木岳周回。
a0148606_20212756.jpg

今週も晴天。眺望と始まり出した紅葉を楽しめそうなところはないかな、
ということで北アのほぼ全部が見渡せる針ノ木岳の周回を計画。

周回の順番は、登りやすい柏原新道を暗いうちに済ましてしまって、
稜線に上がったところで日の出を迎えられるよう扇沢から反時計回りで周回することにします。




 
 
AM3:00。柏原新道から出発です
a0148606_20223221.jpg


種池山荘の前で夜が明けます。富士山と松本の街
a0148606_20231320.jpg


種池山荘に到着
a0148606_2023448.jpg


富士山と南アルプス【PHOTO by komemame】
a0148606_20241283.jpg


これから向かう縦走路はモルゲンで朱く染まっています。右から岩小屋沢岳~鳴沢岳~赤沢岳
a0148606_20243068.jpg


これから向かう縦走路はモルゲンで朱く染まっています。赤沢岳~スバリ岳~針ノ木岳
a0148606_20254989.jpg


針ノ木岳と蓮華岳
a0148606_2025137.jpg


爺ヶ岳のシルエット
a0148606_20261211.jpg


ここからはお楽しみの稜線歩きです
a0148606_20275100.jpg


いい天気!
a0148606_20272377.jpg


まずは岩小屋沢岳へ向かいます
a0148606_20281457.jpg


岩小屋沢岳に到着。頂上標の後ろには剱
a0148606_20283637.jpg


岩小屋沢岳山頂からこれから進む稜線。まだまだ針ノ木は遠い
a0148606_20285886.jpg


スバリ、針ノ木と針ノ木峠を挟んで蓮華岳。針ノ木雪渓も見えています
a0148606_2029174.jpg


蓮華をバックに
a0148606_2029387.jpg


岩小屋沢岳を後にします。眼下には新越山荘が見えています
a0148606_20295771.jpg


剱が近い!
a0148606_1301150.jpg


立山も近い
a0148606_130392.jpg


剱アップで。登っている人も見えそうなくらいです【PHOTO by komemame】
a0148606_1311477.jpg


岩小屋沢を下ったところから。手前に鳴沢岳と奥に赤沢岳
a0148606_1331579.jpg


新越山荘に到着。すでに小屋閉め
a0148606_1333910.jpg


剱山頂に纏わり付いていた雲も取れ、スゴい存在感で迫ります
a0148606_13428.jpg


始まりかけの紅葉と剱岳
a0148606_1342360.jpg


鳴沢岳の直下は岩場です
a0148606_1343969.jpg


少し角度が変わるとまた違った印象となるので何度も撮ってしまいます
a0148606_1345891.jpg


高度感あります
a0148606_1351125.jpg


振り返ると岩小屋沢岳と後ろに爺ヶ岳
a0148606_1352896.jpg


鳴沢岳に到着。朝日が眩しい
a0148606_1355058.jpg


鳴沢岳山頂から赤沢岳をのぞむ
a0148606_1361653.jpg


鳴沢岳山頂からすばらしい剱
a0148606_1364237.jpg


鳴沢岳を後にして、赤沢岳に向かいます。正面に立山
a0148606_1372219.jpg


道中、何度も剱に見蕩れて足が止まります
a0148606_1374273.jpg


立山も大迫力で迫ります
a0148606_138630.jpg


赤沢岳までの登り返し
a0148606_1382294.jpg


赤沢岳まであと少し!背景には歩いてきた鳴沢岳と岩小屋沢岳。奥には爺ヶ岳~鹿島槍~五竜
a0148606_1384488.jpg


山は色づき始めています
a0148606_139686.jpg


赤沢岳山頂に到着
a0148606_1310407.jpg


赤沢岳山頂まで来ると眼下に黒部湖が見えます。赤牛~水晶~鷲羽、後ろに薬師岳
a0148606_13113665.jpg


赤沢岳山頂より歩いてきた鳴沢岳、岩小屋沢岳。後ろには爺ヶ岳と鹿島槍
a0148606_1312580.jpg


赤沢岳山頂より鹿島槍、五竜、唐松、、天狗の大下り、白馬三山、旭岳、朝日岳
a0148606_13122890.jpg


赤沢岳山頂より剱
a0148606_13124947.jpg


赤沢岳山頂より立山
a0148606_13131747.jpg


眼下には扇沢
a0148606_13134499.jpg


赤沢岳山頂よりこれから向かうスバリと針ノ木
a0148606_13141530.jpg


スバリと針ノ木の奥には野口五郎と鷲羽~水晶~赤牛の稜線
a0148606_13144294.jpg


赤沢岳からは急斜面のガレ場を下ります
a0148606_131561.jpg


スバリ、針ノ木が目の前に迫ります
a0148606_13153553.jpg


右手には剱と…
a0148606_1316035.jpg


立山がずっと見えています
a0148606_13162982.jpg


向かいます
a0148606_13165427.jpg


縦位置で
a0148606_13171448.jpg


針ノ木は端正な山容です
a0148606_13173490.jpg


赤沢岳を振り返って
a0148606_13175523.jpg


すばらしき縦走路
a0148606_1318106.jpg


紅葉が始まった山肌と剱
a0148606_13183127.jpg


ちょっと危険なザレた崩壊箇所
a0148606_13185259.jpg


どんどん近づきます
a0148606_13191588.jpg


左手を見ると柏原新道と種池山荘が見えます
a0148606_13193370.jpg


針ノ木峠が見えてきました。小屋も見えます。奥には富士山の姿も
a0148606_1320591.jpg


途中振り返ると後立山の稜線が全部見渡せます
a0148606_13203175.jpg


ガレ場を登ります
a0148606_13205989.jpg


ハイマツ帯を通過します
a0148606_13212529.jpg


スバリ岳山頂まであと少し!
a0148606_13214324.jpg


スバリ岳山頂に到着
a0148606_1322043.jpg


スバリ~針ノ木にかけては奇岩がたくさん
a0148606_13225854.jpg


小スバリは黒部側に巻きます
a0148606_13232935.jpg


抜けるような青い空
a0148606_13235989.jpg


振り返ってスバリと小スバリ
a0148606_13243061.jpg


剱をバックに
a0148606_132503.jpg

a0148606_13251250.jpg

a0148606_13253946.jpg


針ノ木岳への最後の登り。バックにはスバリと小スバリ。手前のコルがマヤクボ沢のコル
a0148606_13261183.jpg


スゴい高度感
a0148606_13264273.jpg

a0148606_1327871.jpg


蓮華をバックに。山頂まであと少し!
a0148606_13273030.jpg


富士山も出迎えてくれました
a0148606_13275029.jpg


針ノ木岳山頂に到着
a0148606_13281395.jpg


針のポーズ
a0148606_13283014.jpg


針ノ木岳まで来ると北ア南部がドカーン。
表銀座~前穂~奥穂~槍。槍の隣は笠かな? 手前は高瀬湖
a0148606_1329851.jpg


山頂より。野口五郎、鷲羽、水晶、赤牛
a0148606_13293575.jpg


山頂より。手前に歩いてきたスバリ岳~赤沢岳~鳴沢岳~岩小屋沢岳と
鹿島槍~五竜~唐松~白馬三山~旭~朝日と後立山がぜ~んぶ
a0148606_13301649.jpg


山頂より。剱と黒部湖
a0148606_13304770.jpg


山頂より。剱と立山
a0148606_13311579.jpg


山頂より。富士山と南ア、八ヶ岳
a0148606_13313998.jpg


山頂より薬師ドーン
a0148606_1332499.jpg


山頂より五色ヶ原。草黄葉が進んでいます
a0148606_13323466.jpg


針ノ木峠に向かって下ります
a0148606_1333373.jpg


針ノ木峠付近から針ノ木岳を振り返ります
a0148606_13332743.jpg


針ノ木峠に到着
a0148606_13342682.jpg


針ノ木峠より前穂~奥穂~槍。正面に野口五郎~南沢岳~不動岳~船窪岳。奥に水晶
a0148606_13345036.jpg


色づいています
a0148606_13351144.jpg


雪渓の上部まで降りてきました。ここからは雪渓には降りず左岸を高巻きます
a0148606_13353040.jpg


左岸の高巻きから崩壊した雪渓尻をパチリ。巻き込まれたらひとたまりもありません
a0148606_13363917.jpg


高巻きの終了地点は急斜面のクサリ場を降ります
a0148606_1337093.jpg


針ノ木雪渓はこんな感じで岩ゴロ、ガレ場の連続です
a0148606_13375012.jpg


針ノ木雪渓を振り返ります
a0148606_13381487.jpg


9月末とは思えない強い日差しが終日照りつけていました
a0148606_13383838.jpg


扇沢の針ノ木岳登山口に到着
a0148606_13385645.jpg


柏原新道脇の駐車場に到着。お疲れさまでした!
a0148606_13391429.jpg


komemameは前に打撲で傷めた膝が痛いらしく、なかなかペースが上がりません。
種池山荘からの下りで一度は引き返そうかという話もしたのですが、
もう少しもう少しと進んでいくうちに結局周回してしまいました。
ただ、予定よりも大幅に時間がかかってしまいました。

この稜線からの眺望はホントにすばらしい。
北側は爺ヶ岳~鹿島槍~五竜~唐松~白馬三山まで後立山が終始見渡せ、
南側にはこれから進んでいくスバリ、針ノ木がこちらもずっと見えています。
西側には剱・立山が圧倒的に迫り、
赤沢岳まで進むと水晶~赤牛の稜線と立山から五色ヶ原、薬師も見え始め、
眼下には黒部湖が広がります。
そして、圧巻は針ノ木岳。
北アのおへそと呼ばれるだけあってここからは北アの代表的な山のほぼすべてを見ることができます。

歩き始めが早かったということもあると思いますが、このルートは人が少ないのも良いですね。

針ノ木岳から針ノ木峠へ下っているときにうれしい出会いがありました。
お盆に蓮華温泉から朝日岳~雪倉を周回したとき、ほぼ同じ行程でテン場もお隣だった方たちに遭遇。
お声がけいただきとてもうれしかったです。

針ノ峠からは下るだけと思っていましたが、針ノ木雪渓が手強かったです。
雪渓は通らないのですが、雪のない登山道は急勾配でザレていてとても歩きにくかったです。
komemameの不調もあり、結局12時間の長丁場となってしまいましたが、無事扇沢に到着。

この稜線、とても気に入りました。雪のある時期にテント泊で再訪してみたいですね。


【memo】
03:00  柏原新道入口
05:16  種池山荘  05:28
06:36  岩小屋沢岳  06:39
07:06  新越山荘
07:43  鳴沢岳  07:59
08:39  赤沢岳  08:45
10:16  スバリ岳(昼食)  10:32
11:14  針ノ木岳  11:23
11:57  針ノ木峠  12:20
13:57  大沢小屋
14:44  扇沢
14:56  柏原新道入口
[PR]
by ighana | 2013-09-30 20:18 | 山登りのこと