Komemame Diary

2013.09.21 Sat - 09.22 Sun (2)

前穂高岳~奥穂高岳~ジャンダルム~西穂高岳へ。その2
a0148606_15585710.jpg

2日目。
5:30過ぎに出発。山荘からの取り付きでまたも渋滞。
奥穂の山頂はパスしてすぐに馬の背方面に向かいます。

【2日目】
穂高岳山荘〜奥穂高岳〜ジャンダルム〜コブ尾根の頭〜天狗岳〜間ノ岳〜西穂高岳〜西穂山荘〜上高地




 
 
東の空が染まり始めました
a0148606_1613516.jpg


朝日に浮かび上がる常念の端正なシルエット
a0148606_1631312.jpg


吊り尾根のシルエット
a0148606_1634845.jpg


見事に色づいた空と雲
a0148606_1641041.jpg


笠方面の西の空はピンクに
a0148606_1644222.jpg


ジャンダルムとピンクに染まる空
a0148606_165121.jpg


昇ってきました
a0148606_1653451.jpg


美しいです
a0148606_1662457.jpg


朝ゴハンと撤収を済ませ西穂に向けて人で溢れる穂高岳山荘を出発です
a0148606_1664775.jpg


笠の先っぽに朝日が当たります
a0148606_167535.jpg


槍さん、おはよう
a0148606_19403659.jpg


富士山、おはよう
a0148606_19405968.jpg


ジャンダルムにたくさんの人。左隅には馬の背を下る人たち
a0148606_19413816.jpg


馬の背の上部
a0148606_1942865.jpg


馬の背の下部
a0148606_19423443.jpg


だいぶジャンが近くなりました
a0148606_1943353.jpg


黒部五郎と薬師
a0148606_19432718.jpg


ロバの耳よりジャン
a0148606_19434966.jpg


槍を挟んで
a0148606_19444670.jpg

a0148606_19445845.jpg


ジャンダルムは直登しました
a0148606_19455678.jpg


新作の頂上標が置いてありました。何でも昨日登山者の方が置いていかれたらしい
a0148606_19461698.jpg


ジャンの天使。槍をバックに
a0148606_15585710.jpg


ジャンから奥穂をのぞむ
a0148606_194795.jpg


ジャンから槍、北穂、涸沢、穂高岳山荘
a0148606_19473988.jpg


ジャンより富士山と南ア、八ヶ岳
a0148606_1948194.jpg


ジャンより霞沢岳、焼岳、乗鞍、御嶽
a0148606_19482265.jpg


コブ尾根の頭に到着すると西穂の山頂がドーンと目の前に現れます
a0148606_19494253.jpg


コブ尾根の頭から前穂
a0148606_1950430.jpg


まだまだ遠いなぁ
a0148606_19503153.jpg


こんなルートを進みます
a0148606_19505969.jpg


霞沢岳。登りたい山
a0148606_19523096.jpg


天狗のコルまでいっきに下っていきます
a0148606_19525691.jpg


天狗のコルに到着
a0148606_19541084.jpg


天狗のコルより笠ヶ岳
a0148606_19553594.jpg


天狗のコルより振り返ると槍
a0148606_19561073.jpg


天狗のコルを少し登ったところより黒部五郎と黒部の山々
a0148606_19564041.jpg


こんなところや…
a0148606_19571052.jpg


こんなところを通過していきます
a0148606_1958186.jpg


天狗の頭に到着。落ちていた標識を無理矢理つけました
a0148606_19583598.jpg


天狗の頭よりコブ尾根の頭を振り返ります
a0148606_1959395.jpg


滑落者救助のためのヘリが飛んでいます
a0148606_19593049.jpg


天狗の頭を下ったところから間ノ岳をのぞむ
a0148606_200334.jpg


逆層スラブを降りたところから見上げます。左側にクサリがぶら下がっています
a0148606_200538.jpg


逆層スラブのクサリをアップで
a0148606_2011382.jpg


引いて見るとこんな感じ
a0148606_2013256.jpg


間ノ岳山頂
a0148606_2015189.jpg


間ノ岳山頂より来た道を振り返って
a0148606_2021592.jpg


間ノ岳山頂より槍
a0148606_2023570.jpg


間ノ岳山頂より西穂とP1かな
a0148606_2025465.jpg


P1手前の岩峰
a0148606_203358.jpg


登っていきます
a0148606_2035930.jpg


コブ尾根の頭と奥穂方面を振り返ります
a0148606_2042762.jpg


前穂
a0148606_2045363.jpg


岩峰をトラバースします
a0148606_2051532.jpg


ちょっといやらしいクサリ場
a0148606_2053530.jpg


P1への最後の登り
a0148606_2055740.jpg


P1より西穂山頂をのぞむ
a0148606_2062228.jpg


西穂への最後の登りでお花に癒されます
a0148606_2064136.jpg


西穂に到着。人混みの隙をついてパチリ
a0148606_207110.jpg


西穂山頂より黒部の山々
a0148606_2072377.jpg


西穂山頂よりピラミッドピークと西穂山荘。後ろに焼岳と大正池、そして乗鞍
a0148606_2074695.jpg


西穂山頂より霞沢岳
a0148606_208789.jpg


西穂からの下りはたくさんの人
a0148606_2083142.jpg


ピラミッドピークが見えてきました
a0148606_2085681.jpg


ピラミッドピークに到着。道標の背後には西穂
a0148606_2092137.jpg


独標にはさらにスゴい人。そそくさと先に進みます
a0148606_2094489.jpg


振り返ると独標には数珠つなぎの人!
a0148606_20101470.jpg


奥穂~西穂の稜線では常に笠ヶ岳が見守ってくれていました
a0148606_20104315.jpg


まだ1割くらいですが、紅葉も始まっていました
a0148606_2011020.jpg


丸山から来た道を振り返ります
a0148606_20112048.jpg


西穂山荘に到着。スゴい人です
a0148606_20113852.jpg


上高地に降りる登山道に入った途端、登山者は激減
a0148606_20115988.jpg


西穂山荘~上高地間はとても気持ちのいい登山道でした
a0148606_20121685.jpg


西穂高岳登山口に到着
a0148606_2012329.jpg


田代橋より穂高の稜線を望む。さっきまであそこにいたということが不思議に感じます
a0148606_20125270.jpg


田代橋より。上高地バスターミナルまで、今回の山行を振り返りながら散策路をテクテク歩きました。
お疲れさまでした
a0148606_20131911.jpg


馬の背やロバの耳はまったく恐怖感を感じませんでした。
以前登った時は結構コワいなぁと感じましたが、自分でもなぜなのか良く分かりません。

でもコワさを感じないことで、ミスを起こすかも知れないという思いが沸き、
気を引き締めて進むことができました。

西穂までは、向こうからやってくるパーティーとのクサリ場のすれ違いなどで時間を要します。
さらに、西穂からは人でごった返していました。特に独標からは人・人・人!!!

渋滞のため、予定よりも時間がかかりましたが、12時に西穂山荘に到着。
ジュースを飲み干し、お昼を簡単に食べてから上高地に向けて出発。
こちらのルートは打って変わって静かでした。

人気の時期に、人気のルートで人は多かったけど、充実感を味わえる山行となりました。
今年はあと何回北アに行けるのかなぁ。

【memo】
05:38  穂高岳山荘
06:14  奥穂高岳
06:57  ジャンダルム  07:02
07:57  天狗のコル  08:01
08:20  天狗の頭  08:23
09:04  間ノ岳  09:06
10:12  西穂高岳  10:14
10:50  ピラミッドピーク
11:11  西穂独標
11:51  西穂丸山
12:03  西穂山荘(昼食・休憩)  12:31
12:38  焼岳分岐
13:09  宝水
13:56  西穂高岳登山口
14:19  上高地バスターミナル
[PR]
by ighana | 2013-09-24 15:57 | 単独登山(danyama)