Komemame Diary

2013.09.21 Sat - 09.22 Sun (1)

前穂高岳~奥穂高岳~ジャンダルム~西穂高岳へ。その1
a0148606_1523130.jpg

ようやく天気の良い連休が来そうです。
今回は単独となるので、単独じゃないと行けない山に登っておこう、
ということで奥穂~西穂縦走をすることにしました。

さらに、気がつくと前穂と涸沢岳を登っちゃえば3000m峰21座完登となるので、
1日目の奥穂まではまだ行ったことのない岳沢~重太郎新道から上がり、
前穂に立ち寄り、その後穂高岳山荘でテントを張って涸沢岳にも登っておくプランに。

【1日目】
上高地〜岳沢小屋〜前穂高岳〜奥穂高岳〜穂高岳小屋〜涸沢岳〜穂高岳小屋(幕営)



 
 
上高地より穂高を望みます。好天の中スタートです
a0148606_1524469.jpg


岳沢登山口のすぐ脇に流れるせせらぎに鴨が2匹
a0148606_15242211.jpg


岳沢の登山口からほどなく歩くと風穴に到着。
この季節にもなると冷たい風はまったく感じませんでした
a0148606_15244127.jpg


岳沢と西穂の峰々が見えてきました
a0148606_15245950.jpg


こちらは岳沢と奥穂方面が見えます
a0148606_1525184.jpg


この辺りよい雰囲気でした
a0148606_15253486.jpg


岳沢小屋に到着
a0148606_1525502.jpg


岳沢小屋を過ぎると西穂の峰々が目の前に迫ってきます
a0148606_1526768.jpg


奥穂高方面も大迫力
a0148606_15262610.jpg


振り返ると上高地と焼岳。その後ろに乗鞍
a0148606_15264315.jpg


1つ目の長いハシゴが現れるとここからクサリ、ハシゴの連続となります
a0148606_1527110.jpg


朝日が樹林帯を照らし始めました
a0148606_15271962.jpg


こんな感じのハシゴや…
a0148606_152744100.jpg


こんな感じのクサリでどんどん高度を稼ぐことができます
a0148606_1528367.jpg


西穂の峰々と眼下には岳沢小屋が見えます
a0148606_15282053.jpg


見えて来たのが前穂山頂かな?
a0148606_1528421.jpg


西穂、間ノ岳、天狗の頭がよく見えます
a0148606_1529135.jpg


カメラをもう少し振ると奥穂、ロバの耳、ジャンダルム
a0148606_15292012.jpg


振り返ると上高地に焼岳、乗鞍。そして御嶽も見えるくらい高度を上げました
a0148606_15294863.jpg


紀美子平に到着。ザックをデポして往復します
a0148606_1530860.jpg


紀美子平から前穂までの道中で槍がひょっこり姿を現しました
a0148606_15302890.jpg


前穂高岳山頂に到着
a0148606_15313278.jpg


富士山!
a0148606_15315080.jpg


左から北穂、槍ヶ岳、野口五郎、針の木、遠くに白馬も見えます
a0148606_15321229.jpg


槍を挟んで反対側。一番左に穂高岳山荘(白出のコル)、涸沢岳、黒部五郎、薬師岳
a0148606_15323635.jpg


眼下には涸沢小屋、涸沢ヒュッテとその間に挟まれたテン場
a0148606_15325866.jpg


槍と涸沢小屋。見事な涸沢カール
a0148606_15331790.jpg


奥穂高岳。圧倒的なボリューム感
a0148606_15335553.jpg


槍と大天井から続く東鎌尾根。後ろには後立山の白馬、五竜、鹿島槍もキレイに見えます
a0148606_15341688.jpg


霞沢岳と上高地。後ろに乗鞍と御嶽
a0148606_15343666.jpg


富士山と南ア
a0148606_1534597.jpg


富士山と八ヶ岳
a0148606_15352586.jpg


紀美子平まで戻り、吊り尾根を進みます。左から西穂、間ノ岳、天狗の頭
a0148606_1535442.jpg


ジャンダルムとロバの耳
a0148606_1536139.jpg


吊り尾根から前穂高を振り返る
a0148606_15362564.jpg


吊り尾根から奥穂山頂
a0148606_15364352.jpg


常念岳と屏風岩が見事に相似形
a0148606_1537299.jpg


梓川を挟んで霞沢岳。焼岳と大正池も見えてます
a0148606_15373840.jpg


縦位置で上高地
a0148606_15382149.jpg


奥穂の東面と槍の間に赤牛岳
a0148606_15384026.jpg


南陵の頭に到着
a0148606_1539037.jpg


南側からのジャンダルム
a0148606_15392688.jpg


奥穂山頂の祠が見えてきました
a0148606_15394378.jpg


槍を中心に。槍を挟んで左手に立山、赤牛、水晶、鷲羽。右手に旭岳、白馬、唐松、五竜
a0148606_1540113.jpg


奥穂高岳山頂に到着
a0148606_15402219.jpg


一応ね
a0148606_15404084.jpg


奥穂からジャンダルムをのぞむ
a0148606_15405831.jpg


明日行きますね
a0148606_15411578.jpg


笠ヶ岳!
a0148606_15413224.jpg


黒部五郎、双六、三俣蓮華、薬師、鷲羽、水晶、赤牛
a0148606_15415153.jpg


何度もカメラを向けてしまう絶景
a0148606_1542945.jpg


昼過ぎに穂高岳山荘のテン場に到着。ヒマを持て余すことができる贅沢な時間
a0148606_15423326.jpg


みるみるうちにスゴい数のテントが張られていき、立錐の余地もありません
a0148606_1543574.jpg


ビールを飲んで昼寝をした後、涸沢岳に向かうで途中テン場を見下ろします。
右隅がマイテント。笠と夕日が一望できるベストポジションでした
a0148606_15432871.jpg


あっ!という間に涸沢岳です
a0148606_1544937.jpg


槍~大キレット~北穂北峰・南峰が一望
a0148606_15443024.jpg


かなしいまでにひとり天をさしている
a0148606_15444838.jpg


大迫力の北穂
a0148606_1545518.jpg


奥穂~ロバの耳~ジャンダルム
a0148606_15453152.jpg


前穂と2~4峰
a0148606_154776.jpg


ジャンと西穂
a0148606_15473380.jpg


涸沢岳山頂より奥穂
a0148606_15475544.jpg


奥穂山頂と眼下に穂高岳山荘
a0148606_15481459.jpg


早めのゴハン。まずはビールのつまみに缶つま★ベーコンのハニーマスタード
a0148606_15483953.jpg


麻婆春雨に醤油麹に漬けておいた豚肉とキャベツ、ネギを投入
a0148606_15485612.jpg


途中で玉子も投入
a0148606_15491931.jpg


夕暮れのショータイムのはじまり
a0148606_15495892.jpg


奥穂が朱く染まり始めました
a0148606_15502019.jpg


ジャンダルムも朱く染まります
a0148606_15503727.jpg


笠ヶ岳と沈み行く夕日
a0148606_15505536.jpg


東側の空はピンク色に染まっています
a0148606_15512432.jpg


さよなら、今日
a0148606_15514528.jpg



上高地バスターミナルに到着すると、
これまで見たことのないような人混みが目の前に飛び込んできました。
「早めに穂高岳山荘に到着しないとテント張るのも危ういなぁ」と先を急ぎます。

岳沢小屋まではあっという間という印象。
岳沢小屋を過ぎると穂高らしく直登に近い感じでグイグイ高度を上げていき、紀美子平に到着。
たくさんの人が休憩しています。

空身で前穂を往復。テン泊装備から開放されると羽が生えたようにカラダが軽く感じます。
前穂の山頂は意外と広く、槍はもちろん富士山、南ア、八ツ、後立山、立山連峰、黒部の山々、
常念山脈を見渡せました。良い天気です。

紀美子平まで戻り、再び重い荷物を背負って吊り尾根から奥穂に向かいます。
奥穂にはたくさんの人がいたので休憩もそこそこに穂高岳山荘へ。
最後のハシゴのところで渋滞していて中々降りれませんでしたが、12:30頃に到着。

笠と夕日が見渡せるなかなか良い場所にテントを張ることができました。
設営を終えビールを飲んでウトウトして、ふと気付くとテン場がスゴいことになっていました。
文字通り、立錐の余地もない感じで山荘入口前の石畳や白出沢側の外来のトイレまで
テントで埋め尽くされる有様に。

夕焼け前に涸沢岳を往復。この山、存在が軽んじられがちですが山頂からの眺望は超一級品です。
ゆっくり眺望を楽しんだ後、テン場に戻り夜ゴハン。
食べ終えると同時に夕焼けのショータイムが始まりました。

【memo】
05:55  上高地バスターミナル
06:12  岳沢登山口
06:37  風穴06:37
07:35  岳沢小屋  07:42
09:36  紀美子平  09:38
10:03  前穂高岳  10:14
10:32  紀美子平  10:38
11:51  南稜の頭
12:00  奥穂高岳  12:05
12:28  穂高岳山荘(テント設営・昼食・昼寝)

15:13  穂高岳山荘
15:28  涸沢岳  15:44
15:55  穂高岳山荘(幕営)
[PR]
by ighana | 2013-09-23 17:05 | 単独登山(danyama)