Komemame Diary

2013.08.17 Sat - 08.18 Sun (2)

朝日岳~雪倉岳~小蓮華山へ。
a0148606_15292915.jpg

3時に起床。満天の星空の下、朝ゴハンを準備。5時過ぎに出発。
テン泊のときゴハンに時間を掛け過ぎるためか、出発まで2時間ほどかかり、
起きるのは早い方にもかかわらず、出発はいつもビリの方になってしまいます…。

【2日目】
朝日小屋~雪倉岳〜三国境~小蓮華岳~白馬大池~蓮華温泉





 
 
3時起床。満天の星空
a0148606_1533534.jpg


明るくなるのがずいぶん遅くなりました
a0148606_15292915.jpg


朝日小屋をスタート
a0148606_13315154.jpg


水平道を進みます
a0148606_13321195.jpg


水平道は朝日岳の山腹をトラバースしていきます
a0148606_13324426.jpg


時にはこんな場所も
a0148606_1333537.jpg


朝日が緑を照らし始めました
a0148606_13333149.jpg


小桜ヶ原付近からは木道となります
a0148606_13335136.jpg


小桜ヶ原付近【PHOTO by komemame】
a0148606_13341399.jpg


それはもう美しい場所でした
a0148606_13343088.jpg


朝日岳をバックに【PHOTO by komemame】
a0148606_1353214.jpg


朝日岳を振り返ります
a0148606_135441.jpg


正面に朝日を受けた雪倉岳が見えてきました
a0148606_13543294.jpg


お花畑が続きます
a0148606_13545484.jpg


燕岩。岩が崩れて堆積しています
a0148606_13551597.jpg


雪倉岳は独特の存在感がありました
a0148606_13553516.jpg


山頂へ続く登山道
a0148606_1355534.jpg


強い日差しが照りつけ始めました
a0148606_13561250.jpg


山頂への登りに取り付きます
a0148606_13563827.jpg


この当たりも気持ちのよい場所でした
a0148606_1356587.jpg


夏山らしくガスが上がり始めました
a0148606_1357137.jpg


朝日岳方面を振り返って
a0148606_1357388.jpg


朝日を受けたタカネマツムシソウ
a0148606_1128375.jpg


朝日を受けたツリガネニンジン
a0148606_11291035.jpg


朝日岳と手前は赤男山
a0148606_11295821.jpg


カライトソウのお花畑を進みます
a0148606_11302880.jpg


富山の街とうっすら富山湾も見えました
a0148606_1131314.jpg


頂上ひとつ手前のピークに向かいます
a0148606_11312398.jpg


ガスと青空が目まぐるしく変わります
a0148606_11314988.jpg


手前のピークを越すと雪倉岳のおおらかな山頂が見えました
a0148606_11321829.jpg


コマクサ
a0148606_11323267.jpg


雪倉岳山頂に到着。残念ながらガスのタイミングでした
a0148606_11325937.jpg


雪倉岳から下り始めるとガスが晴れてきました。喜ぶkomemame
a0148606_11332199.jpg


コバイケイソウの中を歩きます
a0148606_11335696.jpg


三国境に向かいます
a0148606_11345214.jpg


ここにも短い雪渓がありました
a0148606_11352197.jpg


正面に白馬岳が見えてきました
a0148606_11354327.jpg


鉢ヶ岳の巻道から白馬岳方面を望む
a0148606_11365185.jpg


鉢ヶ岳の巻道から小蓮華山を望む
a0148606_11373195.jpg


鉢ヶ岳の巻道もお花畑でした
a0148606_1138646.jpg


白馬岳を前方に見ながら進みます
a0148606_11382855.jpg


クルマユリがたくさん
a0148606_11395163.jpg


シナノキンバイとハクサンイチゲのゴールデンコンビ
a0148606_11401689.jpg


尖った旭岳
a0148606_11403939.jpg


鉢ヶ岳。巻いてしまうのはもったいない立派な山容
a0148606_11405836.jpg


雪倉岳もガスの中から再び姿を現しました
a0148606_11412449.jpg


鉱山道との分岐付近
a0148606_11414543.jpg


鉱山道との分岐を過ぎると登山道はザレ&ガレに変わります
a0148606_1142353.jpg


広い画角で【PHOTO by komemame】
a0148606_11423651.jpg


白馬岳と三国境
a0148606_11431785.jpg


三国境までは登り返しです
a0148606_1143424.jpg


小蓮華山の山頂に人がいるが見えます
a0148606_11441359.jpg


三国境から小蓮華山に向かいます
a0148606_11445530.jpg


ここの稜線歩きは気持ちがいい!
a0148606_11451954.jpg


小蓮華へ向かう稜線から雪倉岳
a0148606_11455520.jpg


小蓮華へ向かう稜線から鉢ヶ岳
a0148606_11461716.jpg


珍しい景色。飛行機雲の影が雲に写っています
a0148606_11463676.jpg


ホシガラス【PHOTO by komemame】
a0148606_11465160.jpg


後立山は長野側からガスが湧き立ち上がることが多いですね【PHOTO by komemame】
a0148606_11471553.jpg


小蓮華山の山頂が見えてきました
a0148606_11474689.jpg


小蓮華山山頂に到着。後ろは雪倉岳
a0148606_11481022.jpg


剣のポーズ
a0148606_11483029.jpg


白馬方面はガスが舞い上がっています
a0148606_1149095.jpg


さて、下山です。白馬大池方面より小蓮華を振り返って
a0148606_11492515.jpg


船越ノ頭
a0148606_11504468.jpg


坂の上のガス
a0148606_1151523.jpg


白馬大池が見えてきました
a0148606_11512685.jpg


白馬大池山荘に到着
a0148606_11524655.jpg


ここのテン場も気持ちいいだろうなぁ~
a0148606_11531424.jpg


白馬大池からモクモクと下ります
a0148606_11534040.jpg


蓮華温泉まで意外と長く感じました【PHOTO by komemame】
a0148606_11542483.jpg


蓮華温泉に到着。お疲れさまでした!
a0148606_1154498.jpg



朝日岳から雪倉岳~三国境までは昨日に引き続き、お花畑の連続。
1日目もそうでしたが、特にマツムシソウの量はこのルート全篇に渡ってハンパじゃありません。
特に雪倉岳の登りは山全体が朝の光を受けて、すべてが美しく印象的でした。

雪倉岳の山頂はガスが上がってきてノービューでしたが、
下り始めると再びガスが晴れてきて、後立山の稜線と白馬岳も時折姿を現すように。

白馬岳はkomemameが未踏のため、三国境でザックをデポして往復する予定でしたが、
山頂がガスの中だったのでパスすることにしました。
ここから小蓮華を経て白馬大池まではガスは多めながらも爽快な稜線歩きを楽しむことができました。


山の季節の移ろいは早く、お盆を過ぎると夏山もあっという間に終わり。
次第に秋の気配を感じ始めて、一抹の寂しさを覚えます。
しかし、不思議なもので秋になったらなったで「やっぱり秋の山もいいねぇ」なんて言いながら、
そうやってまた1年が過ぎていくのでしょうね。

【memo】
05:02 朝日小屋
06:02 水平道分岐
06:17 小桜ヶ原
06:33 燕岩
08:14 雪倉岳 08:26
08:52 雪倉岳避難小屋
09:44 鉱山道分岐
10:29 三国境
11:04 小蓮華岳(昼食) 11:28
12:05 船越ノ頭
12:29 白馬大池山荘(休憩) 12:44
13:23 天狗ノ庭
14:19 蓮華温泉
[PR]
by ighana | 2013-08-20 15:27 | 山登りのこと