Komemame Diary

2013.07.21 Sun

尾瀬(鳩待峠~アヤメ平~見晴~至仏山)へ。
a0148606_20263489.jpg

前週が三連休だったせいか、あっという間に週末がやってきましたが、
今週は何だか山に行きたい意欲が低下気味。
でもせっかくの休みだからどこかには出かけたい。

あまり遠出は運転が大変だし…、暑いのはイヤだし…
などとワガママ言いながら天気予報を見ていると尾瀬が曇りの予報。
尾瀬だったら曇りでもOKっていうかむしろ曇ってた方が涼しくていいかも、
ということで向かってみることにします。

ルートは尾瀬ヶ原とまだ未踏の至仏山をセットで回るもの。
至仏山は昨年初秋に目指したのですが、
アヤメ平から富士見峠に向かって下っているときに濡れた木道でスッテンコロリン。
ひどい捻挫をして、痛い足を引きずりながら、長い時間かけて鳩待峠に戻るという敗退でした。





 
 
鳩待峠よりスタートです
a0148606_20271988.jpg


ワタスゲ。おじぃさんぽい【PHOTO by komemame】
a0148606_11342171.jpg


コバイケイソウ【PHOTO by komemame】
a0148606_11345179.jpg


横田代に到着です
a0148606_11351492.jpg


この辺りからニッコウキスゲが見られるように
a0148606_11354079.jpg


ニッコウキスゲ【PHOTO by komemame】
a0148606_1141732.jpg


振り返ると至仏山
a0148606_11412647.jpg


南側には赤城山
a0148606_11414054.jpg


何でしょうか?【PHOTO by komemame】
a0148606_11421044.jpg


狙い通りの曇りで涼しく歩けます
a0148606_11422521.jpg


アヤメ平に到着。燧ヶ岳と池塘
a0148606_11424029.jpg


燧ヶ岳に向かってまっすぐ続いているような木道。まるで導かれているみたい
a0148606_1142567.jpg


池塘の上には平ヶ岳
a0148606_11431316.jpg


至仏山と池塘
a0148606_11432843.jpg


本当にこの辺りはキモチがいい
a0148606_11434362.jpg


奥白根山は存在感ありました
a0148606_1144097.jpg


アヤメ平から眺める南側の森も好きな景色です。奥には赤城山
a0148606_11442147.jpg


富士見小屋に到着。カキツバタが咲いていました
a0148606_11443598.jpg


八木沢道はハイシーズンの尾瀬の中で静かな山歩きが楽しめました。出会ったのは1組だけ
a0148606_11445738.jpg


見晴に到着。突然集落のような小屋が現われてビックリ
a0148606_11451163.jpg


定番のショット
a0148606_11452863.jpg


両脇にキンコウカが咲いている木道を東電小屋の方に進みます
a0148606_11454334.jpg


キンコウカ【PHOTO by komemame】
a0148606_1146599.jpg


ハクサンチドリ【PHOTO by komemame】
a0148606_11461566.jpg


カラマツソウ【PHOTO by komemame】
a0148606_11471047.jpg


この辺りはたくさん咲いてました
a0148606_11472797.jpg


サワラン【PHOTO by komemame】
a0148606_11474835.jpg


ニッコウキスゲ
a0148606_1148973.jpg


景鶴山。気になる山です
a0148606_1148327.jpg


至仏山に向かって進みます
a0148606_11484811.jpg


ニッコウキスゲだらけ
a0148606_11491887.jpg


歩荷さんとすれ違う
a0148606_11493265.jpg


コバギボウシ【PHOTO by komemame】
a0148606_115017100.jpg

a0148606_1150294.jpg


何という種類でしょうか?【PHOTO by komemame】
a0148606_11505144.jpg


至仏山と一輪のニッコウキスゲ
a0148606_1151746.jpg


この辺りは群生してました
a0148606_11515262.jpg


ニッコウキスゲ【PHOTO by komemame】
a0148606_11521053.jpg


ニッコウキスゲの群生と燧ヶ岳。絵になります
a0148606_11522919.jpg


これも不明。カタチがおもしろい【PHOTO by komemame】
a0148606_1152507.jpg


ニッコウキスゲが木道沿いにも咲き誇ってました
a0148606_11531113.jpg


だいぶ至仏山が大きくなってきました
a0148606_11532730.jpg


至仏山と池塘に写った逆さ至仏山。少し波立っていますが…
a0148606_11535027.jpg


燧ヶ岳と池塘。こちらは風のせいで逆さには写りませんでした
a0148606_1154142.jpg


水芭蕉がギリギリ残っていました!【PHOTO by komemame】
a0148606_11543781.jpg


今度はカキツバタの群生
a0148606_1155137.jpg


カキツバタ。アップで【PHOTO by komemame】
a0148606_1155344.jpg


山ノ鼻に到着。人・人・人!でも植物園の方に少し進むとパッタリと人が減ります
a0148606_11561283.jpg


イワシモツケ
a0148606_11563484.jpg


至仏山の登りに取り付きました
a0148606_1157497.jpg


ニッコウキスゲとカキツバタ
a0148606_11573224.jpg


有名な蛇紋岩を登ります
a0148606_11575046.jpg


振り返ると絶景。燧ヶ岳と尾瀬ヶ原。今日歩いてきた道が一望です
a0148606_11582861.jpg


見晴から歩いてきた道が一望
a0148606_1159769.jpg


午前中に訪れた横田代、アヤメ平も見えます
a0148606_11592792.jpg


コオニユリ【PHOTO by komemame】
a0148606_1211186.jpg


イブキジャコウソウ【PHOTO by komemame】
a0148606_1213477.jpg


タカネナデシコ【PHOTO by komemame】
a0148606_1215496.jpg


何ざんしょ?【PHOTO by komemame】
a0148606_1221780.jpg


日差しが出始め樹林帯は猛烈に暑かったけど、森林限界を越えると涼しい風が吹いていました
a0148606_1241030.jpg


すばらしい景色をバックに【PHOTO by komemame】
a0148606_20263489.jpg


ミヤマキンポウゲ【PHOTO by komemame】
a0148606_125465.jpg


アズマギク
a0148606_1253144.jpg

a0148606_1265158.jpg


アヤメ平。あそこからグルッと回ってきました
a0148606_1271716.jpg


景鶴山
a0148606_127367.jpg


チングルマの綿毛
a0148606_1275826.jpg


これも不明です【PHOTO by komemame】
a0148606_1282374.jpg


シナノキンバイ【PHOTO by komemame】
a0148606_1284959.jpg


花と絶景に足止めを食ってなかなか進みません
a0148606_129668.jpg


至仏山山頂に到着。巨大な墓石
a0148606_12922100.jpg


山のポーズ
a0148606_1294844.jpg


山頂からは越後三山がクッキリ。右から越駒、中ノ岳、少し離れて八海山
a0148606_12101174.jpg


山頂より巻機山
a0148606_12102995.jpg


山頂から谷川岳と朝日岳。奥に苗場山
a0148606_12104726.jpg


山頂から平ヶ岳
a0148606_1211164.jpg


改めて山頂から燧ヶ岳と尾瀬ヶ原
a0148606_12111966.jpg


山頂から会津駒ヶ岳
a0148606_12113615.jpg


山頂から奥白根山と男体山
a0148606_1211527.jpg


さて、下山です
a0148606_1212772.jpg


至仏山を振り返るとスゴい人
a0148606_12124313.jpg


小至仏山と奥に武尊山さらに奥に赤城山
a0148606_1213426.jpg


もう一度至仏山を振り返ります
a0148606_12134173.jpg


この景色も見納めです
a0148606_1214152.jpg


笠ヶ岳ですね
a0148606_12141679.jpg


ハクサンシャクナゲ【PHOTO by komemame】
a0148606_12143729.jpg


タカネバラ【PHOTO by komemame】
a0148606_12145655.jpg


シナノキンバイとハクサンイチゲ
a0148606_1215187.jpg


ウラジロヨウラク【PHOTO by komemame】
a0148606_12153924.jpg


ベニドウダンツツジ【PHOTO by komemame】
a0148606_12161191.jpg


快適に下ります
a0148606_12163352.jpg


鳩待峠に到着。お疲れさまでした!
a0148606_12171279.jpg



【danyama】
鳩待峠からまずは富士見峠に向かって歩きます。こちらのルートは人が少ないです。
眺望は利くけど日差しはないという狙い通り理想的な天気。
横田代を過ぎアヤメ平付近からお花が目立ち始めます。

富士見峠から見晴までの八木沢道は尾瀬の中ではさらにマイナールート。
ほとんど人が歩いていませんが、八木沢のせせらぎなど気持ちのいい道でした。

見晴からの尾瀬ヶ原は人がたくさん。お花もたくさん。
さすがベストシーズンの尾瀬。みんな満足そうでした。

山ノ鼻でお昼ゴハンを食べてから、いよいよ標高差800mの登りにとりかかります。
20kmほど歩いた後なのでちょっと憂鬱です。
この辺りから雲も取れてきました。
樹林帯は猛烈に暑かったですが、森林限界を越えると涼しい風が吹き抜けます。
晴れたおかげで眺望も利き、遠くに名だたる山々が見え、足元にもたくさんの高山植物が花開いています。
そんな景色を楽しみながら山頂に到着。

家を出る前は気乗りしなくても、
行ってしまえばそんなこともすっかり忘れてしまってたくさん歩きたくなるから不思議ですね。
文字通り百花繚乱の尾瀬でしたが、花音痴の自分にとっては、名前を覚えるのは大変です。


【komemame】
尾瀬ケ原は3度目ですが、この夏真っ盛りの時期ははじめて。
「今日はルートが長いから」と先を急ぐも、気になるお花がいっぱいあって、
そのたびにしゃがんでシャッターをパチリ、パチリ。
なかなか前に進めません。
たくさんのお花の中でも、やっぱりニッコウキスゲは見事!
数えきれないほどの群落が一面を黄色に染めていました。
季節外れの水芭蕉も見ることができてラッキーでした。

さて今回は、約20キロ弱歩いたところでようやく至仏山への山登り。
歩きはじめから5時間、平坦な道とはいえやっぱり足は重い…。
天気も良くなって気温がぐんぐんあがってきたので、
登りはじめはちょっとキツかったー。
「暑くない、キツくない」と自分に言い聞かせ、
ときおり道にちょろちょろと流れる水を見て、ムリヤリ「涼」を感じながら(笑)歩きました。

そうしているうちに森林限界に出ました。
風が気持ちいい~!!!涼しい~!!!
振り返ると、眼下に広がる尾瀬ケ原。正面には燧ヶ岳。
静かで、気持ちよすぎ!
ここから先もとにかくいっぱいお花が咲いていて、
ちょっと進んでは止まり、ちょっと進んでは止まりの繰り返し。

もうすぐ山頂というあたりで、登山者の姿がチラホラ見え始めした。
登りでは数組しか会なかったから、勝手に静かな山頂を想像していた私。
「山頂は気持ち良さそうだな~♪」と、山頂のんびりタイムを楽しみにしていたら、
山頂に着いて、すごい人でびっくり!
みなさん素晴らしい景色をバックにランチしたり記念撮影したり、とっても賑やか♪
想像とは違ったけど、みなさんの楽しそうな姿にすっかり元気をもらいました。

今回は30キロ弱という長丁場だったけど、下山後の爽快感といったら!
いつもはぐったりしながら帰ることが多いけど、山でパワーチャージできたみたい。
心地よい山行となりました。

おつかれさまでした♪


【memo】
06:06 鳩待峠
06:55 横田代
07:24 アヤメ平
07:36 富士見峠 07:43
08:24 昼場
09:03 見晴 09:14
09:40 東電小屋
09:54 ヨッピ吊橋
10:31 牛首
10:58 山ノ鼻(休憩・昼食) 11:26
13:19 至仏山 13:37
14:06 小至仏山
15:06 鳩待峠
[PR]
by ighana | 2013-07-22 20:21 | 山登りのこと