Komemame Diary

2013.06.30 Sun

越後駒ヶ岳へ。
a0148606_1734322.jpg

6月初め。
残雪たっぷりのこの山を目指しましたが、
スタート時点から道迷い、林道の崩落、虫の襲撃、激藪漕ぎなどで
ピュルンとモチベーションが落ちてしまい早い段階で敗退。
近いうちにリベンジしなくちゃ、と思ってた矢先に枝折峠開通の情報が。

しかし、谷川方面の晴れ予報が直前で悪い方に転びました。
この付近の山は天気が読みづらくこれまで何度も痛い目に遭ってますが、
関越トンネルを境にガラッと天気が変わることが多いのもまた事実。
ということで思い切って越後駒ヶ岳を目指すことに。




 
 
枝折峠の登山口から少し登るといきなりすばらしい雲海が迎えてくれました
a0148606_1740550.jpg


幻想的な雰囲気です
a0148606_17402284.jpg


雲海の上に太陽も昇ってきました
a0148606_1742307.jpg


この美しい景色にしばらく見蕩れています
a0148606_17424516.jpg


おニューのザックと予想以上の晴れでテンションも上がるというものです
a0148606_17432282.jpg


雲海に浮かぶ荒沢岳。あいかわらず立派な山容です
a0148606_17434529.jpg


しばらく登って再び奥只見湖方面に目を向けると滝雲になっていました!
a0148606_17441629.jpg


奥只見湖の上の雲が滝のように流れ落ちていました
a0148606_1734322.jpg


これから向かう越後駒ヶ岳には雲がかかっていますが取れることを期待して進みます
a0148606_17473398.jpg


刻一刻と変化する様に何度もカメラを向けてしまいました
a0148606_17475120.jpg


会津の山々
a0148606_1748997.jpg


雪渓は随所にありました
a0148606_17483198.jpg


雲海の先に会津駒ヶ岳が見えます
a0148606_17493645.jpg


太陽、天使のハシゴ、滝雲がそろい踏み。めったに見られない風景
a0148606_1750347.jpg


「あれが山頂?まだまだ遠いなぁ」と言ってるの図
a0148606_17502056.jpg


越後駒ヶ岳は近づいているようなまだまだ遠いような…そんな感じ
a0148606_17504720.jpg


雪渓を進みます
a0148606_17516100.jpg


荒沢岳と雲海。荒沢岳はいつか登ってみたい山です
a0148606_1751265.jpg


道行山で進路を西にとり、これで雲海も見納めとなりました
a0148606_17514392.jpg


枝折峠(1065m)からアップダウンを繰り返し、
小倉山(1378m)まで歩いてもたったの300mほどしか標高は稼げません
a0148606_1752749.jpg


正面に見える小倉山に向かって進みます
a0148606_17522854.jpg


小倉山直下の雪渓
a0148606_17533922.jpg


雪渓から荒沢岳を望みます
a0148606_17535856.jpg


カタクリ
a0148606_17541790.jpg


おおっ、越後駒ヶ岳山頂にまとわりついていた雲が取れ始めました!
a0148606_17544189.jpg


俄然テンションアップです!
a0148606_17545922.jpg


ヒメシャガ。たくさん咲いてました
a0148606_17551760.jpg

a0148606_17554042.jpg


百草ノ池を過ぎると岩場が目立ち始めます
a0148606_17555624.jpg


雲で覆われてしまう前に山頂に到着するために先を急ぎます
a0148606_17561697.jpg


岩場を登って行きます
a0148606_17563313.jpg


切れ落ちた岩壁。
アンテナがニョキッと生えているところが駒ノ小屋
a0148606_17565562.jpg


ガスの中に入りました
a0148606_17571674.jpg


山頂の雲は完全にとれました!
a0148606_17573251.jpg


駒ノ小屋に到着
a0148606_17574721.jpg


付近はガスで覆われましたが駒ノ小屋の辺りだけぽっかりと空いています
a0148606_17586100.jpg


駒ノ小屋から山頂へはたっぷりの残雪の中をのぼっていきます
a0148606_1758244.jpg


中ノ岳との分岐より駒ヶ岳山頂を望む
a0148606_175842100.jpg


越後駒ヶ岳山頂に到着
a0148606_17585847.jpg


いちおう晴れ!ということで
a0148606_17591763.jpg


山頂より中ノ岳。半分だけ見えました
a0148606_17593583.jpg


山頂より八海山。山頂のみ残念ながら雲の中
a0148606_17595543.jpg


山頂より魚沼の田んぼ。おいしいコシヒカリ育成中
a0148606_1801439.jpg


さて下山です
a0148606_1803343.jpg


S字を描いた尾根のラインがステキです。銀山平も見えますね
a0148606_1805113.jpg


岩場を慎重に下ります
a0148606_1811257.jpg


枝折峠からのルートはほぼ尾根筋を忠実に進みます
a0148606_1813111.jpg


兎岳と荒沢岳
a0148606_1815190.jpg


荒沢岳を眺めながら下ります
a0148606_1821330.jpg


寝転んで撮っていたのは…
a0148606_1823182.jpg


アカモノでした【PHOTO by komemame】
a0148606_1825174.jpg


アカモノをアップで。ツガザクラとの違いは葉っぱだそうです【PHOTO by komemame】
a0148606_1832694.jpg


イワカガミ【PHOTO by komemame】
a0148606_1834489.jpg


タムシバ【PHOTO by komemame】
a0148606_1843100.jpg


朝は濡れていた木道も乾いていました
a0148606_1841870.jpg


ウラジロヨウラクでいいのかな?【PHOTO by komemame】
a0148606_1844415.jpg


ショウジョウバカマ【PHOTO by komemame】
a0148606_185325.jpg


緑のトンネルを進みます。日差しを除けられてホッとひと息。でも足元はグチャグチャ
a0148606_18104025.jpg


雪渓の上は涼しくて生き返ります
a0148606_1811010.jpg


道行山山頂。頂上標はありません
a0148606_18111939.jpg


道行山山頂より兎山
a0148606_18114148.jpg


道行山山頂より。先を行くkomemameをパチリ
a0148606_1812495.jpg


道行山山頂より【PHOTO by komemame】
a0148606_18122217.jpg


朝は雲海が流れて落ちていた奥只見湖も帰りには湖面が見えるようになってました
a0148606_18124447.jpg


お昼近くになると完全に夏の日差しです
a0148606_1813042.jpg


着替え終わってからのお楽しみ。お疲れさまでした!
a0148606_19314737.jpg



【danyama】
谷川岳までは予想通りガスとたまにポツリポツリと来てましたが、
関越トンネルを越えると…黎明の空に越後の山並みが浮かび上がって見えます。
そして、352号のクネクネ道を進むと若干雲がかかっているものの、
独特の存在感を放っている越後駒ヶ岳が見え、テンションだだ上がりです。

さらにスタートから素晴らしい体験をすることができました。
そう、滝雲です。
枝折峠では奥只見湖の上を覆った雲海が、
明神峠に着く頃には北に向かってどんどん流れ始めました。

道行山付近からは、駒ヶ岳の山頂まで達する美しいラインを描いた尾根を見通すことができ、
いい登山道だなぁとしみじみ実感。
雲は多いながらも晴れ基調で、山頂を覆っていた雲も前駒付近から消えて、
運良く晴れの山頂をいただきました。
結局この日は駒ヶ岳、中ノ岳、荒沢岳、兎岳が入れ替わり立ち代わりで
雲の中に入ったり出たりという感じでした。

最初は遠く見えていた山頂でしたが、歩き始めると意外とあっけなく着いてしまいました。
早く降りてしまうのも何だかもったいなかったけど、
続々と人がやってくるので(後から知りましたがこの日は開山日だったらしい)、
花をじっくりと撮影したり、小倉山、道行山のピークを踏みながらゆっくり下りました。

ゆっくりだったとはいえ、後から見ると登りのタイム3時間19分に対して
帰りは3時間4分とたったの15分しか違わないのにはビックリしました。
枝折峠~小倉山間がいかに標高を稼いでいないことがよく分かります。

枝折峠からの駒ヶ岳、美しい尾根を見ながら歩けるのはとっても素晴らしかったのですが、
歩くという意味ではちょっとモノ足りなさを感じてしまいました。

雪をたっぷりと纏った弧を描く尾根とそこからスクッと立ち上がる越後駒ヶ岳の姿は
さぞ美しいだろうと次回は残雪期に登ることを想像しながら下山しました。

【komemame】
前々回→聖、前回→戸隠~高妻山と、私にとってはハードな山行が続き、
しかも虫の大群との遭遇で、なんだか疲れてテンションが下がってしまい、先週は山をお休みしてお留守番していました。
でも何とかテンションあげたい!と(強引に?)ザックを新調♡
単純なもので、あっとゆう間にテンションを取り戻し、今週はふたたび山へgo!

先日撤退した越後駒ヶ岳、
どうやら撤退の一因だった道路が開通したとのことで、
ずいぶんラクに行けるらしい。同時に山開きだったようです。
というわけで、リベンジしに行ってきました。

朝5時過ぎ。
枝折峠についてびっくり。駐車場にはすでにたくさんの車。
こないだ撤退したときは、ほとんど人に会わなかったのになぁ。
いつもひっそりと登ることが多いので、新鮮でした。

この登山道は、最初から景色がよくて気持ちがいいです。
目の前に広がる山と雲海。
もう少しパッと晴れてくれたら最高だったけど、
暑いのでこれくらいで良かったのかな。

その後は、いくつか雪渓を通り過ぎるのですが、
雪渓に近づくと、前方からひんやーりと冷たい空気が漂ってきます。
なので、何度か目には「あ、そろそろまた雪渓かな?」と予想がつくようになります。
雪渓は暑い季節にまさに“自然のクーラー”になってくれて、本当に気持ちいいです。
でもこの雪渓、そろそろなくなっちゃうのでしょうか。。

そして小倉山へ。
実は通り過ぎたのを気付きませんでした。
下山時に教えてもらいましたが、雪渓の脇のところに山頂への道があったようです。
気付かず小倉山は「まだかまだか」と思いながら進んでしまっていました。
事前の情報収集が甘い、かつ地図を見ていないのがバレバレです。

小屋までの道は、岩登りのような感じになります。
ふだん2本ストックをつかっていますが、ここではあると不便でした。
岩に手をかけながら「うんしょっ」という心のかけ声とともに登っていきます。
でも大きな岩だと思って足をかけると、意外と動いたりするので、力任せだけでもコワイ。
ここはすこし慎重に行きました。

ラスト山頂までは、雪渓あるき。
雪道だとウキウキしてしまいます。
やっぱり雪の方が衝撃が少なくて歩きやすいし、
ひんやりしてて気持ちいい~♪
小屋から見たらけっこう長い雪渓に見えたけど、
実際に歩いたら、数分の距離。
いつも思うけど、離れて遠くから見るよりも実際に登る方が近く短く感じるのは私だけ???
あっという間に雪道登りは終わり、ちょっと行くとあっという間に山頂。

残念ながら雲で景色はばっちり見通すことはできなかったけど、
晴れ間も見えて、一応山頂での時間を楽しむことができました。
とはいえそんなに広々とした山頂ではないし、次々と他の方が登ってくるので、
お昼ごはんを食べてから早々に下山。

帰りは、、、
なんだかとーっても長く感じました。
小倉山から先が特に。。
登ったり下ったりが多くて少しずつ疲れが溜まっていく感じ。
暑さもたまらなく苦痛ー。頭も背中もおなかも腰回りも汗でびっしょり。
せっかくのオニュウ・ザックもびしょぬれ~><ひゃー。
これくらいの暑さで根をあげていたら、夏本番になったらどうしよう…と思っちゃいます。

でも、前回来たときと比べて着実に季節も進み、
ここはすっかり夏のような陽気になっています。
そして道にはたくさんのお花が咲いていて、気分が和みました。

気付けばもう7月。
いよいよ夏本番。
暑い、暑いとかばかり言っていないで、
夏山ならではの楽しみを見つけたいと思います♪

今週もおつかれさまでした☆


【memo】
05:19 枝折峠登山口
05:43 明神峠
06:25 道行山
07:00 小倉山
07:34 百草ノ池
08:22 駒ノ小屋
08:38 越後駒ヶ岳(休憩・昼食) 09:02
09:14 駒ノ小屋 09:16
09:56 百草ノ池
10:25 小倉山 10:27
11:00 道行山 11:04
11:48 明神峠
12:06 枝折峠
[PR]
by ighana | 2013-06-30 17:32 | 山登りのこと