Komemame Diary

2013.06.16 Sun

戸隠山〜高妻山へ
a0148606_16574988.jpg

今週末は天気が微妙で、直前までどこに行くか決められませんでした。
雨雲は南下しているので日本海側から晴れていきそうです。
また、5月に行った火打山へ向かうまでの景色に感動して、
このエリアの雰囲気がとても好きになりました。
ということで、高妻山を目指すことに。
でも高妻山だけだとちょっともの足りなさそうなので、戸隠山から縦走するプランに。
ウワサの蟻の戸渡りも楽しみです。






戸隠キャンプ場バス停より出発です
a0148606_16591920.jpg


ささやきの小径。まずはバンガローを間を抜けていきます
a0148606_16594372.jpg


ささやきの小径を進みます
a0148606_17098.jpg


雨上がりのブナの新緑が気持ちいい!
a0148606_1703252.jpg


随神門に到着。茅葺きの屋根が印象的です
a0148606_1705972.jpg


随神門をくぐると素晴らしい杉並木が続きます
a0148606_1713643.jpg

a0148606_21313987.jpg


立派な杉の根元の穴には祠があったりします
a0148606_213254.jpg


参道は途中から石の階段となります
a0148606_21322913.jpg


奥社脇の登山口に到着。登山ポストがあります
a0148606_21324414.jpg


登山口を過ぎるといきなり急登が始まります
a0148606_21325959.jpg


高度を上げて行くとガスの中に突入。
でもこの時期のガスはしっとりしていてキライではありません
a0148606_21331735.jpg


簡単なクサリ場を越える
a0148606_21333392.jpg


五十間長屋を過ぎると、登山道はそそり立つ壁際に進路をとります
a0148606_2134623.jpg


岩壁の下部はご覧のとおりえぐれています
a0148606_21342253.jpg


百間長屋に到着
a0148606_21343612.jpg


ガスを抜けて青空が広がってきました!
a0148606_21345258.jpg


ガスが晴れてきて本院岳が見えてきました!
a0148606_2135967.jpg


ここからクサリ場の連続です
a0148606_21352973.jpg


垂直に登ったあと続けてトラバースするクサリ場もあります
a0148606_21355183.jpg


雲の上に出ました
a0148606_21361228.jpg


イワカガミ
a0148606_213647100.jpg


まだまだクサリ場は続きます
a0148606_21374675.jpg


戸隠高原をはさんで雲の隙間から飯縄山
a0148606_2138352.jpg


いくつクサリ場を越えたか分からない程クサリ場が続きます
a0148606_21383291.jpg


後から見ても、もう何がなんだかよく分かりません
a0148606_21384998.jpg


胸突き岩。斜度70度15mらしい
a0148606_21391035.jpg


そして、いよいよ蟻の戸渡りが現われました
a0148606_16574988.jpg


手前から蟻の戸渡り、剣の刃渡り、そして八方睨
a0148606_2139554.jpg


komemameは躊躇なく巻道を選択。でも巻道もコワそうだよ
a0148606_21415896.jpg


巻道から戸渡りをパチリ【PHOTO by komemame】
a0148606_21401176.jpg


蟻の戸渡り。がんばって尾根を歩きます【PHOTO by komemame】
a0148606_21422218.jpg


剣の刃渡り。尾根に馬乗りに跨がってズリズリ進みます
a0148606_2142581.jpg


komemameが無事通過するのを見届けてから剣の刃渡り突入です【PHOTO by komemame】
a0148606_21431633.jpg


いやぁ~これはホントにコワかった!【PHOTO by komemame】
a0148606_21433982.jpg


八方睨より飯縄山
a0148606_21435815.jpg


八方睨より高妻山。均整のとれたフォルムです
a0148606_21441722.jpg


八方睨より西岳と北アルプス。小蓮華山と乗鞍岳でしょうか
a0148606_2144528.jpg


手で触れそうなくらい近くに雲が沸いてました
a0148606_21451210.jpg


少し下って登り返すと戸隠山山頂です
a0148606_21452587.jpg


戸隠山山頂から高妻山。再びガスってきました
a0148606_21454339.jpg


ガスがぁ~
a0148606_21455893.jpg


シラネアオイ
a0148606_21461369.jpg


いい光、いただきました
a0148606_21463259.jpg


東側は絶壁です
a0148606_21465117.jpg


切れ落ちた岩壁の眼下には奥社と杉並木が見えました
a0148606_2147733.jpg


九頭龍山に到着。地味な山頂です
a0148606_21472478.jpg


アカモノ
a0148606_21475874.jpg


イワカガミはルート全篇を通して至る所に咲いていました
a0148606_2148164.jpg


一不動避難小屋に到着。ひと休みです
a0148606_21483384.jpg


さて、高妻山に向かいます
a0148606_21484888.jpg


五地蔵山に到着
a0148606_2149618.jpg


八観音を過ぎるとうまいタイミングでガスが晴れ、ドーンと高妻山が現われました
a0148606_21492770.jpg


直登する登山道が見えます
a0148606_21495694.jpg


この辺りから登山道の両側にシラネアオイが咲き乱れていました
a0148606_21501631.jpg

a0148606_21503213.jpg


高妻山の山頂直下の急登を進みます
a0148606_2151240.jpg


ふぅ、ようやく高妻山山頂に到着しました
a0148606_21511631.jpg


頂上標とパチリ
a0148606_21513770.jpg


ガスで眺望がないので、ムダに写真を撮ってしまいました…
a0148606_21515113.jpg


さて、下山です
a0148606_2152933.jpg


三文殊を過ぎた辺りから振り返って五地蔵山
a0148606_21523593.jpg


ミツバツチグリ?
a0148606_2153745.jpg


帯岩のクサリ場
a0148606_21532230.jpg


不動滝
a0148606_21533874.jpg


登山道は沢となります
a0148606_21535598.jpg


滑滝とクサリ場。ここはかなりクサリに頼る必要がありました
a0148606_21541417.jpg


崩壊したスノーブリッジを伝って対岸に渡ります
a0148606_21543343.jpg


ラショウモンカズラ?
a0148606_21545280.jpg


登山道は斜度を緩めると幾度となく左右に徒渉を繰り返します
a0148606_21551057.jpg


お花
a0148606_21552583.jpg


丸太橋を渡ると徒渉は終了し…
a0148606_21554889.jpg


牧場までは気持ちのよい緩やかな登山道が続きます
a0148606_2156315.jpg


牧場まで戻ってきました。高原の風景を満喫しながら歩けます
a0148606_21562147.jpg


事務所脇の蕎麦屋さん「岳」に立ち寄ります
a0148606_21563973.jpg


ツルンとしていて歯ごたえもあり、好きなタイプのお蕎麦でした。
これは大盛りです。お疲れさまでした!
a0148606_21565923.jpg



【danyama】
雨の中、深夜に東京を出ます。更埴を過ぎた辺りでようやく雨が止み、ホッとしながら駐車場に到着。
このエリアの山々は高速道路を降りてから近いのがいいですね。

6時前に戸隠キャンプ場を出発です。
前夜の雨でしっとりと濡れた新緑が広がる戸隠牧場の高原のすばらしい雰囲気に浮かれていると、
「ささやきの小径」の案内板を見落としてしまいました。

キャンプ場を少し彷徨った後、気を取り直して「ささやきの小径」を進んで行きます。
とても雰囲気のよいトレッキングルートです。30~40分歩くと随神門に到着しました。
随神門をくぐった瞬間、目の前には立派な杉並木の参道が
ずっと先まで続いている様が目に飛び込んできます。

奥社の脇に登山ポストがあり、ここから本格的な登山道となります。
のっけから急登が続きます。しばらく進むと下層雲の中に突入。ひんやりして気持ちがいいです。
百間長屋を過ぎるとクサリ場がこれでもかというくらい続きます。
雨上がりなので余計に気を使ってクサリと奮闘しているといつのまにか雲の上に出たようで
青空が広がってきました。ここまでは天気読み通りです。

胸突き岩のクサリ場を過ぎるといよいよ蟻の戸渡りとご対面。これはガクブルでした。
痩せ尾根に立ってkomemameが巻道を通過するのを待っているうちに
何だか感覚がマヒしてきて、結局歩いて通過してしまいました(汗)
でもこれを書いている今、思い出していると手に汗が出てきました。

八方睨からは高妻山の三角錐がキリリと見えました。
雲は多いながらも青空も見えていて、これからのさらなる天気回復に期待がふくらみましたが、
戸隠山~九頭竜山~一不動避難小屋のギザギザ稜線を歩いていると
下からどんどん雲が上がってきてしまいました。

一不動避難小屋から高妻山までは、
アップダウンを繰り返しながら高度を上げていくので、結構つかれましたが、
シラネアオイが登山道の左右に咲き誇っていて疲れを癒してくれました。
最後の急登を手足を使いながらよじ登り、ようやく山頂に到着。
あまり時間もないので簡単にゴハンを食べて下山開始です。

一不動避難小屋からの下りは予想以上にハードでした。
濡れた岩場の連続にクサリに頼りながらの下りと、疲れたカラダに追い打ちをかけられますが、
ようやく牧場に到着。

楽しみにしていたお蕎麦屋さん「岳」に立ち寄りました。
今の季節、テラス席がとても気持ちがよく、ざる蕎麦とオールフリーで生き返りました。

深田久弥も高妻山の章にも関わらず半分近くは戸隠山のことについて割いているように、
戸隠山も絡めると、トレッキングあり、史跡あり、アスレチックあり、スリルあり、
花あり、グルメありと山登りのいろいろな楽しみが凝縮されたルートになります。

この付近はとても気持ちのよい場所なので、
戸隠キャンプ場にテントを張り、ここをベースキャンプにして、
1日目に西岳~戸隠山を周回、2日目は高妻山登る(もちろん逆でもOK)
というのが理想的なプランになると思いました。(注:岩場好きに限る)


【komemame】
今回の戸隠山~高妻山はバラエティに富んでいて、
長距離&急登が多いとはいえ、なんだかんだと楽しい山行でした。

<絵本の中に入ったような♡>
あるきはじめは「ささやきの小径」から。
このネーミング、どういう意味がこめられているんでしょう。
“ささやき”って…?
恋人同士が愛をささやくところ?
それとも、小動物や小鳥たちがあちこちでおしゃべりしているイメージ?
森の緑の精たちが、人間たちに見つかるまいと、かさこそと動き回っていたり?
誰もいない道をひっそり耳を澄ませて歩いていると、ここがおとぎの国だったら楽しいなぁ、
なんて少女に戻ったかのような気分にさせられる素敵なところです。

<おごそかな世界へ>
メルヘンな世界に浸っていると、ドーンとあらわれた随神門。
ここをくぐると、ぴりっと空気が変わったかんじがしました。
あぁ、さっきとはちがう世界にきた、と。
シンとした杉並木がつづく道は暗く、ひんやり、しっとりしています。
ところどころ大木を祀ってあるところもあり、
あんまりふざけて歩いちゃいけないな、と思わされます。

<立ちふさがる岩たち>
メルヘン→おごそかな世界→次はどんなだろう?ワクワクしてきます。
ところが私を待っていたのは、垂直にしか見えない岩壁。。。(ちょいとオーバーか)
いきなりの急登&くさり場の連続で、一気に汗が吹き出してきました。
「そうカンタンにいかせてなるものか」と岩の神ににらまれている気分です。
そして、ふうふういいながら高度をあげていくと現れました、ウワサの「蟻の戸渡り」。
写真とかで見ている分には大丈夫だろうなんて思っていましたが、
実際に目の前にしたら、とても動けません。これは私には渡れませんでした。
右側に巻き道があったので、そちらを歩きました。
でも巻き道に下りるのも、ちょっとコワかったです。
八方睨でいっしょになったおじさんも「さすがに震えた」と言っていました。

<下が見えない恐怖~>
戸隠山から一不動避難小屋まではぐるぐると稜線を進みます。
道が狭いのに、片側が切れ落ちていて危なかったです。
しかもガスってきたので、下も見えない。
吸い込まれそうな感じがして、ぶるっとしました。

<虫たちの縄張り突入>
避難小屋から高妻山までは、一不動から十阿弥陀まで目印の看板がついているので、
それを励みに歩きました。「2つクリアした」「半分おわった~!」とか。
登ったり、下ったりを繰り返し、高妻山への最後の登りは急登でした。
ひぃひぃ登って、高いところにみんなが休憩しているのをみて「ゴーーール!」と思ったら、フェイント(泣)
そこは山頂ではありませんでした。
さらに数分ほど進んだところに、ホンモノの山頂がありました。
それにしても、この間は虫に悩まされました。。。
前をあるくdanyamaには全身に虫がまとわりついています。
当然私のまわりにもブンブン。
とくに顔周りの虫はイライラさせられます。
私は刺される体質なので、虫除けはちゃんとしていましたが効果ないのか?
事実、下山してみたら耳をやられていました。(帽子かぶっていたのに!)
翌日はモンチッチのように方耳だけが大きく腫れ、水ぶくれに。
今も歩くたびに耳がぶるんぶるん揺れている感覚を味わっております。。
虫たちにしたら「オイラたちの縄張りに入りやがってー。チクッとしてやるぞい」という感じなのでしょうか。
ちょっと通過するだけなんだから、勘弁してほしいものです。


とまぁ、最初から最後までよりどりみどり、ちょっと非現実な感じを味わえる、飽きないルートです。
下山も沢を下るので気を抜けばつるっとこけてしまいそうな道がつづき、
緊張を強いられました。
最後はきれいに整備されたキャンプ場や、牛さん馬さんがいる牧場などを横切り、
今日の山行を振り返ることなく、一気に現実に引き戻されました。

最後はおいしいおそばをぬるっとすすって、終了。(おそば、ぬめっとした食感でおいしい)
おつかれさまでした♪


【memo】
05:48 戸隠キャンプ場登山者駐車場
05:59 牧場事務所 06:08
06:44 随神門
07:00 戸隠神社奥社
07:45 百間長屋
08:20 蟻の戸渡り
08:32 八方睨 08:37
08:47 戸隠山
09:23 九頭龍山
10:07 一不動避難小屋 10:12
10:58 五地蔵山
12:27 高妻山(休憩・昼食) 12:55
14:07 五地蔵山
14:45 一不動避難小屋 14:52
16:14 牧場事務所(食事) 16:54
17:01 戸隠キャンプ場登山者駐車場
[PR]
by ighana | 2013-06-17 16:55 | 山登りのこと