Komemame Diary

2013.05.25 Sat - 05.26 Sun(2)

白馬三山(白馬岳・杓子岳・白馬鑓ヶ岳)〜小蓮華山〜白馬鑓温泉へ。
a0148606_15553832.jpg

翌日。
残念ながらモルゲンロートは見られませんでしたが、本日もいい天気です。

【2日目】
白馬岳頂上宿舎テン場〜杓子岳〜白馬鑓ヶ岳〜白馬鑓温泉〜猿倉




 
 
黎明の月と剱岳
a0148606_10174023.jpg


黎明の白馬岳。あまり赤くならなかった
a0148606_10182112.jpg


徐々に明るくなってきたけど剱は焼けないなぁ
a0148606_10184572.jpg


さて、朝ゴハン&撤収して出発です。今日も天気は上々
a0148606_101983.jpg


杓子岳と白馬鑓ヶ岳。縦走路が見えている
a0148606_10195092.jpg


白馬岳と小蓮華山
a0148606_1020414.jpg


小蓮華山と白馬乗鞍岳方面の山々を望む
a0148606_10205294.jpg


縦走路からの天狗菱は大雪渓から見るのとはまた違った印象
a0148606_10205015.jpg


杓子岳山頂への急登を登っていると朝日が差し始めた
a0148606_102173.jpg


山頂まではガレ場が続く
a0148606_10212317.jpg


杓子岳山頂に到着
a0148606_10214885.jpg


山頂より。改めて白馬岳と小蓮華山
a0148606_10221092.jpg


山頂より。手前に今にも崩れそうな雪庇。
奥は小蓮華山と白馬乗鞍岳。こちらも残雪の雪形が美しい
a0148606_10225967.jpg


山頂より。猫又山・釜谷山・毛勝山の毛勝三山と僧ヶ岳
a0148606_10242010.jpg


山頂より。白馬鑓ヶ岳と五竜、鹿島槍
a0148606_10242081.jpg


この雪庇も崩れるのは時間の問題
a0148606_10243553.jpg


山頂より長走沢を覗く。お尻ムズムズ
a0148606_10245854.jpg


さて、次は白馬鑓ヶ岳を目指します
a0148606_10251746.jpg


白馬鑓ヶ岳への登りで振り返ると、白馬岳と杓子岳、そして歩いてきた稜線。美しいです
a0148606_10254976.jpg


白馬鑓ヶ岳山頂到着
a0148606_1026449.jpg


山頂より。改めて杓子岳と白馬岳、小蓮華山
a0148606_10263070.jpg


山頂より。白馬岳と旭岳
a0148606_10271388.jpg


山頂より。左の五竜、鹿島槍がだいぶ近づいてきました。
雲の上には槍穂高、右手には黒部湖と鷲羽、水晶、黒部五郎、薬師岳がキレイに見えます
a0148606_10274450.jpg


山頂より。雲に浮かぶ八方尾根と唐松、五竜、鹿島槍
a0148606_10274578.jpg


山頂より。剱岳ともいよいよお別れです
a0148606_10281018.jpg


山頂より。毛勝三山もさよなら
a0148606_10283321.jpg


頸城山塊も見納めです
a0148606_10285118.jpg


雲上の雷鳥。オスを追いかけてました
a0148606_10291836.jpg


天狗山荘・鑓温泉分岐からは大出原を尻セードでイッキに下る
a0148606_1030676.jpg


眼下に鑓温泉が見えてきました
a0148606_1030640.jpg


お~貸切です!
a0148606_10304342.jpg


小屋もまだ建っていません。脱ぎっぱなしでスミマセン
a0148606_10304569.jpg


いやぁ、これは最高です
a0148606_1031268.jpg


いい温泉でした。さて再びスタートです
a0148606_10312364.jpg


溢れ出る温泉でできたトンネル
a0148606_10314826.jpg


ここからも尻セードでガンガン下ります
a0148606_1032624.jpg


トラバース気味に進む正規ルートではなく下までいったん降りました
a0148606_10324686.jpg


小日向のコル手前から杓子岳と白馬鑓ヶ岳
a0148606_1033942.jpg


小日向のコル手前から下ってきたルートを振り返る。雄大です
a0148606_10332832.jpg


水芭蕉平を過ぎると雪がなくなった。2日間お疲れさまでした!
a0148606_1034638.jpg



杓子岳、白馬鑓ヶ岳への縦走は、景色がいいので登り返しもあまり苦になりません。
天狗山荘・鑓温泉分岐で剱とお別れをした後、鑓温泉まではほぼ尻セード通しで下ることができ、
鑓温泉までは本当にあっという間でした。そのかわりお尻はビショビショになりましたが…。

鑓温泉、運良く貸切です。
尻セードで冷えたお尻に熱めのお湯が気持ちイイ。
雪の中のロケーション、温泉からの眺め、そして開放感と最高の温泉でした。

鑓温泉から小日向のコルまでは正規ルートを通らずに、
いったん鑓沢を降り小日向のコルまでの登り返します。
せっかく温泉でさっぱりしたのにまた汗だくになってしまいました。

小日向のコルからの急登の下りでは何度かヒヤッとさせられましたが、
無事下山完了。

ここのところおかげさまで好天に恵まれた山登りが続いていて、
山の神様には感謝の気持ちでいっぱいです。
今回もありがとうございました!

【memo】
06:33 白馬岳頂上宿舎テン場
07:42 杓子岳 07:45
08:39 白馬鑓ヶ岳 08:43
09:00 天狗山荘・鑓温泉分岐
09:30 白馬鑓温泉 10:06
11:17 小日向のコル(昼食) 11:32
12:12 水芭蕉平
12:33 鑓温泉分岐
12:43 猿倉第一駐車場
[PR]
by ighana | 2013-05-27 17:51 | 単独登山(danyama)