Komemame Diary

2013.05.18 Sat

男体山へ。
a0148606_17194452.jpg

久しぶりに雪のない山登りに行きました。



 
 
美しい朝の光の中駐車場から二荒山神社の境内に向かう
a0148606_1721683.jpg


二荒山神社の境内からは男体山の山頂も見られる
a0148606_17212090.jpg


社務所で登山の記帳をしてスタート
a0148606_17213377.jpg


舗装路を歩き四合目に到着。ここから本格的な登山道に
a0148606_17204635.jpg


途中振り向くと富士山と眼下には中禅寺湖
a0148606_17205915.jpg


六合目を過ぎると登山道には岩が目立ち始める
a0148606_17212829.jpg


ゴロゴロゴロゴロ。でもいい天気
a0148606_17224151.jpg


八合目を過ぎると少しだけ残雪が現れる
a0148606_17225395.jpg


九合目付近からは赤土の登山道となる
a0148606_17223019.jpg


この辺りから眺望が開ける
a0148606_1722432.jpg


富士山と中禅寺湖をバックに山頂までの最後のアプローチ
a0148606_17225924.jpg


山頂まであと少し。なかなか良い空【PHOTO by komemame】
a0148606_17231474.jpg


山頂の二荒山大神
a0148606_17232095.jpg


雲を切り裂く山頂の剣
a0148606_17233495.jpg


昨年付け替えられたNEWソードとパチリ
a0148606_17194452.jpg


山頂の鐘
a0148606_17243799.jpg


この鐘を鳴らすのはkomemame
a0148606_1725348.jpg


山頂より。まず目に入るのが奥白根山
a0148606_17255514.jpg


山頂より燧ヶ岳。すぐ左にはまだまだ真っ白な越後駒ヶ岳
a0148606_17265172.jpg


山頂より会津駒ヶ岳。手前には太郎山
a0148606_1727980.jpg


山頂より。奥白根山と燧ヶ岳の間には平ヶ岳と至仏山
a0148606_1727329.jpg


遠くに浮かび上がる白い峰々は飯豊?
a0148606_1728927.jpg


大真名子、小真名子と女峰山。奥に磐梯山
a0148606_17284479.jpg


富士山がぽっかり。眼下には中禅寺湖。絵になるなぁ
a0148606_17284460.jpg


富士山と中禅寺湖。縦位置で
a0148606_1729777.jpg


奥白根山の左側には妙高、火打と北アルプス方面
a0148606_1729443.jpg


筑波山方面は霞んでいた
a0148606_17313341.jpg


天気もよくポカポカ陽気で最高
a0148606_17313129.jpg


さて、中禅寺湖を見ながら下山です
a0148606_17311288.jpg


さよなら富士山
a0148606_17312811.jpg


無事下山です。山のポーズ
a0148606_17324375.jpg


もらったお守り
a0148606_17321613.jpg


二荒山神社の境内では桜が満開
a0148606_17323178.jpg


おまけ:AM9:00。男体山山頂ライブカメラに収まっちゃいました
a0148606_17324279.jpg



【danyama】

今週は金曜日夜にお酒を飲む予定が入っていました。
でも予報では天気が良いのは土曜日。

うーん、これはキツい山や遠くの山にはいけないなぁ、
ということで男体山に行ってみました。

最初のハードルは起床。
日付が変わる頃の帰宅だったので、起きるのがツラいのなんの。

4時過ぎに東京を出て6時前には二荒山神社の駐車場に到着。
なんだかまだカラダの中にアルコールが入っている感じで、
登拝門をくぐって石段を登る時点でハァハァと息が切れます。

二荒山神社から登るルートの標高差はおよそ1200mで
ちょうどバカ尾根からの塔ノ岳と同じくらいだけど、
距離は塔ノ岳の7kmに対して4kmの数字通り急な傾斜の登山道が
スタートからずっと続きます。

ようやく汗とともにアルコールが抜けた頃、山頂に到着。
男体山は独立峰的な山なので、山頂からの眺望は予想にたがわず素晴らしい。
この日は富士山もポッカリと空に浮いて見えました。

久しぶりに雪のない山に登ったせいか、下りもたいへんでした。
雪道をテキトーに下るのに慣れてしまって、
衝撃を吸収しながら一歩一歩足の置き場を確認して下るのがヘタクソ過ぎてビックリです。


【komemame】
早朝、新緑がまぶしいいろは坂を抜け、男体山の表玄関・二荒山神社へ。
6時の開門と同時に受付をしたら、お守りをくれました。こういうのってうれしい。
一年間、登山の安全を祈願して大事にしようと思います。

清々しい気分で山登りをスタートします。
歩きはじめから3合目は行列ができるほどの人でした。
歩きはじめがほぼみんないっしょだから、朝イチは混むようです。
でも4合目の鳥居をくぐる頃になると、人のかたまりはバラけはじめ、周囲には人はチラホラになってきます。

そこからはのんびりと、でも、ひたすら急登との戦い。
山頂までは、かなりの登りがほぼ一直線につづいていきます。
でも「○合目」という道標があるので、数字が増えていくたびに「ちゃんと歩いてる感」があって励みになります。

9合目あたりで、抜きつ抜かれつしていた3人組のおじさま方といっしょに休憩をとり、
行動食の「交換っこ」をしました。
いただいたのは「レモン」。
ナイフで半分に切っていただたのを、そのままガブリ。
すっぱぁぁぁぁ~い!!!!
でもすっごいおいしぃ~。口の中がさっぱりして疲れたカラダがみるみる元気に。
私たちが持参していた「いちご」もひんやりと甘くて、家で食べるのとは数段違います。
山で食べる果物はなんとおいしいのでしょう!

さて、エネルギーチャージも終えて、ラストスパートです。
9合目から山頂への道は赤茶けたザレた道で、これまでとは雰囲気が変わります。
左手眼下には、深い青緑をした中禅寺湖が広がり、遠くたくさんの山々もよく見えます。
振り返れば富士山もぽっかり。
そのうちにゴールとおぼしき鳥居が見えてきました。

山頂は、空にそびえるピカピカの剣やら、鐘、銅像があったりと見どころ満載。
その各所で記念撮影をしたりして、ちょっとした観光気分を味わえます。
おまけにこの日の文句ない天気と眺望!
周囲をさえぎるものがない景色。
あまりに気持ちがいいので、山頂から先にみえる、女峰山までつい足を伸ばしたくなってしまいます。

ですが今日はこのまま下山します。
やっぱり久しぶりの雪のない山登りは、違う筋肉を使うようでちょっと疲れます。
たった2時間ちょっとの登りなのに、太ももはけっこう張っています。
雪がないと、からだに衝撃が伝わりやすいのでしょうか???
下りも雪道とは違う慎重さが必要で、なんだかスムーズに下りられません。
浮き石やザレ場で滑らないように注意しながら進んでいると、自分がロボットになったような気分になります。
なんだか動きがカクンカクンしているみたいで。

夏山シーズンもすぐそこ、そろそろカラダも夏山仕様にしなくてはなりませんね。
本格的な夏山を前に、まずは感覚を取り戻すべく、またまた精進することにします。
そうそう、下山後に3人組のおじさんのひとりが教えてくれたのですが、
この急登をなんと1日で4往復した方の記録が境内に貼り出してありました。
早い人で往復4時間として、単純計算で16時間。
最後の方は疲れるから、プラスαの時間がかかるとしたら、20時間弱…!?
…私はそこまで頑張る根性はありませんので、ほどほどに頑張ってみることにします。


そういえば今回は、雪山では決して見ることのないハエがぶんぶん飛んでいました。(数匹ですが)
そう、夏といえば活躍しだすのが、虫、虫、虫です!
ハエのほか、蚊やブヨ…大キライな虫たちの季節でもあります。
明日にでも虫除けを買ってこなくちゃ、と心の中でつよく誓う山登りでもありました。

おしまい♡


【memo】
05:58 二荒山神社登山口
06:02 一合目
06:21 三合目
06:38 四合目
06:50 五合目
07:19 七合目
07:37 八合目
08:12 男体山山頂(休憩) 09:04
09:27 八合目
10:10 五合目
10:20 四合目
10:34 三合目
10:50 二荒山神社登山口
[PR]
by ighana | 2013-05-19 17:19 | 山登りのこと