Komemame Diary

2013.04.28 Sun - 04.29 Mon(2)

雪の槍ヶ岳へ。
a0148606_112618.jpg


4:00起床。山頂で日の出を迎えようと思ってたけど、昨夜よりも風が強まり、
テントを空けると飛ばされてしまうのが心配で、テン場で日の出を迎えることに。

【2日目】
槍ヶ岳山荘〜槍ヶ岳〜新穂高温泉




 
 
黎明の笠ヶ岳。うっすらと光を帯び始める
a0148606_11283850.jpg


黎明の鷲羽、薬師、三俣蓮華
a0148606_112935100.jpg


東の空が染まって…
a0148606_1129186.jpg


昇ってきました
a0148606_11303640.jpg


朝日に浮かび上がる常念
a0148606_11304882.jpg


穂先と昇りくる太陽のツーショット
a0148606_112618.jpg


モルゲンロートでピンクに染まる大喰山
a0148606_11314947.jpg


乗鞍もピンクに染まる
a0148606_11334794.jpg


立体的な雲が印象的
a0148606_11324259.jpg


柔らかな光に浮かび上がる富士山と南アルプス、八ヶ岳
a0148606_1133462.jpg


黒部五郎もうっすら染まった!
a0148606_11331525.jpg


鷲羽、薬師、三俣蓮華、双六も色づく
a0148606_11342337.jpg


笠ヶ岳の先っちょと稜線もピンクに
a0148606_11353089.jpg


テントの中からおはようございます
a0148606_11351232.jpg


テントの中で朝ゴハンを食べて外を覗くとなんとガス!
ガスと強風の中、穂先への登頂開始
a0148606_11353628.jpg


岩と雪のミックス
a0148606_1136719.jpg

a0148606_11372619.jpg


ハシゴ地帯に突入
a0148606_11375133.jpg


クサリは出ている
a0148606_11381136.jpg


雪壁を越える
a0148606_11382912.jpg


頂上直下の1つ目のハシゴ
a0148606_11381735.jpg


そして最後のハシゴを登って…
a0148606_1140911.jpg


山頂到着
a0148606_11404015.jpg


頂上は貸切。頂上標とパチリです
a0148606_1141849.jpg

a0148606_11412225.jpg


さて、下山です。長ハシゴを下る
a0148606_11414544.jpg


槍ヶ岳山荘が一瞬見えた
a0148606_11402953.jpg


山荘まで無事帰還
a0148606_11413144.jpg


槍ヶ岳山荘で休憩させてもらった後、新穂高に向けて下山開始。
飛騨乗越からさよなら槍ヶ岳
a0148606_11414737.jpg


最後に表銀座方面をパチリ【PHOTO by komemame】
a0148606_1143291.jpg


さよなら常念と大天井
a0148606_11424895.jpg


飛騨側からの強い風が吹き付ける中、飛騨沢を下っていきます
a0148606_114415.jpg


下から人が上がってくるのが豆粒大で見える
a0148606_11444886.jpg


青空が復活し始める
a0148606_1145434.jpg


西鎌尾根
a0148606_11452145.jpg


鳥の群れが沢を行き来。ちょっとキモチわるい
a0148606_11454366.jpg


渦を巻く雲
a0148606_11461665.jpg


振り返ると稜線もすっかり青空に。まっすぐ降りてきました
a0148606_1146314.jpg


いつも思うけど、笠ヶ岳は独特の存在感を放っている
a0148606_1147277.jpg


まだまだこってりと雪がついている裏銀座の山々
a0148606_11473014.jpg


笠ヶ岳と中崎尾根に向かって下る
a0148606_11491644.jpg


宝の木にも鳥の群れが
a0148606_1148890.jpg


乗鞍と手前に焼岳
a0148606_11492535.jpg


西穂の稜線が見えてきた
a0148606_11491489.jpg


暑い!【PHOTO by komemame】
a0148606_1149436.jpg


正面に北穂と涸沢岳を見ながら
a0148606_11495181.jpg


槍平小屋が見えてきた
a0148606_11504672.jpg


それにしても日差しが強い
a0148606_11512418.jpg


槍平小屋でゆっくりとお昼ごはん
a0148606_11513945.jpg


涸沢岳の西尾根。絵画のような山襞
a0148606_11511561.jpg


涸沢岳
a0148606_11521796.jpg


この付近からデブリの連続
a0148606_11521186.jpg


できたばかりのデブリを越える
a0148606_11523223.jpg


滝谷からドームを見上げる
a0148606_11532065.jpg


このデブリも新しい
a0148606_11543970.jpg


荷物が重い…
a0148606_11542850.jpg


白出沢から穂高を望む
a0148606_11532575.jpg


白出沢出合から林道歩き。でもご覧の通り雪はたっぷり
a0148606_11543698.jpg


お疲れさまでした!ってかホント疲れた
a0148606_11545079.jpg



【danyama】
朝ゴハンを食べ、撤収してから山頂に向かおうとテントから外を見ると、
さっきまであんなに晴れていた空が雲に覆われ始め、穂先も見えないくらいガスってきた。
風もさらに強さを増している。

撤収後、山荘で冬山完全装備となり山頂に向かう。もちろん眺望はなく写真だけ撮ってすぐに下山。
帰りは飛騨沢から新穂高に降りることにする。

降りている途中、再び天気は回復しいっきに快晴に。
そのせいで尻セードしようにも大量に降った新雪がズブズブで滑らない。
しかたなく歩いて下るんだけど、足元が不安定でジワリジワリと疲れが溜まっていく。

槍平小屋でお昼ゴハンを兼ねた1時間を越える大休止。
普段は30分以上休むことは少ないのだけど、
GWということで青空の下、時間を気にせずに開放感に浸る。

最後に白出沢の手前で道迷い。復帰するのに1時間以上かかってしまい、
疲れたカラダに追い打ちをかけるアクシデントもあったけど無事新穂高温泉に下山完了。

季節外れの大雪に、ヘロヘロ、強風、そして道迷いといろいろとあったけど
終わってみると充実感MAXで素晴らしいGW前半の山行となった。


【komemame】
4時起床。
夜中、びゅーびゅー吹く風の音であまり眠れず。
朝焼けがとてもきれいだった。真冬なら、外に出て朝焼けを見るなんてことできないけど(私の場合)、
やはりもうGW。防寒さえしっかりすれば、外に出てもそんなに寒くない。
しばらく陽が昇るのをみんなで見とれる。

しかし、朝ご飯を食べてふたたび外に出てみると、
天気が一変。ガスと風であたりはまっしろ!!!
こんなことなら、朝ご飯前に頂上を目指すべきだったか、と思いながらも、
槍ヶ岳頂上に向けて出発。

頂上への道は、岩、氷、雪が混ざっていて、それに強風で
かなり慎重さと緊張感を強いられた。
山頂まで「0.2km」という看板が出ていたけど、なんと長く感じる道だったか。
つい、いつもの「私はここまででいい」という台詞を吐いてしまいそうになった。
憧れの槍ヶ岳、昨日は「ただの大きな岩」と思ってしまったけど、
やっぱりすごい立派な山なのでした。

その後、山荘までおりた後、支度をして下山開始。
急に天気も回復し、たっぷりの雪の中をおりていく。
長過ぎる帰りにみち、1日目の登りのときのような緊張感がなかったせいか、
前日の疲れも出てきているのだと思うが、すぐにヘタれてしまう。

ようやく新穂高温泉のバス乗り場に着いたときは、
大の字でひっくり返ってしまった。

憧れの槍に残雪期に登れて、良く歩き、いろんな経験もできた充実の2日間でした。
はぁ、満足、満足~♪


【memo】
07:34 槍ヶ岳山荘
08:13 槍ヶ岳 08:19
08:52 槍ヶ岳山荘 09:28
09:33 飛騨乗越
10:50 宝の木
11:46 槍平小屋(昼食) 12:53
13:25 滝谷避難小屋
(白出沢手前で道迷い)
16:06 白出沢出合
17:09 穂高平小屋
17:58 新穂高バスターミナル
[PR]
by ighana | 2013-04-30 11:24 | 山登りのこと