Komemame Diary

2013.04.14 Sun

巻機山へ。
a0148606_16172935.jpg

久々の雪山。
天気も良し、気温も良しと雪山にいられるだけでうれしい気分に。




西谷後バス停前の冬期登山道入口からスタート
a0148606_16181422.jpg


沢の左岸を進む
a0148606_1619434.jpg


太陽が山を照らし始めた。いい天気!
a0148606_16191489.jpg


桜坂まではユルやかなルート
a0148606_1620034.jpg


太陽が昇ってきた
a0148606_1621277.jpg


井戸の壁は急登
a0148606_1620236.jpg


朝日が雪面を照らす
a0148606_16204259.jpg


ズボズボ
a0148606_1622116.jpg


井戸の壁の急登を登りきると五合目焼松に到着
a0148606_16212469.jpg


視界が開ける
a0148606_1623343.jpg


米子沢
a0148606_16225258.jpg


米子頭山?
a0148606_16233684.jpg


振り返ると大源太山とその奥に谷川連峰
a0148606_16243126.jpg


万太郎山~平標山
a0148606_16234424.jpg


檜穴ノ段
a0148606_16241028.jpg


木の間を縫うように進んでいく
a0148606_16242512.jpg


六合目(展望台)を経由せずに直登する
a0148606_16253392.jpg


谷川岳~一ノ倉岳~茂倉岳
a0148606_16245923.jpg


森林限界直前ではテン泊している人もいた
a0148606_16252272.jpg


森林限界に出ると前方にニセ巻機山が見える
a0148606_16253573.jpg


広~い斜面にシュプールがたくさん
a0148606_16254921.jpg


苗場山
a0148606_16262993.jpg


谷川連峰がひときわ目立つ
a0148606_16264936.jpg


ニセ巻機山へは中央の木が見えている尾根を登っていく
a0148606_1627132.jpg


七合目を過ぎた辺りの急坂から割引山
a0148606_16282464.jpg


高層雲が空を覆い始めた
a0148606_1628177.jpg


七合五勺
a0148606_1628785.jpg


そのまま尾根筋を進めばよいところをトラバース気味に周り込んでしまう。
このトラバースはちょっとキモチ悪かった
a0148606_162997.jpg


八合目付近の雪面はクラックがあり踏み抜きに注意
a0148606_1629216.jpg


ニセ巻機山の稜線に乗る
a0148606_16293324.jpg


この辺りの雪もモロい
a0148606_16301693.jpg


圧巻の背景
a0148606_16172935.jpg


朝日岳へ続く上越国境稜線
a0148606_16304168.jpg


谷川連峰をバックに
a0148606_1631513.jpg


空を覆っていた高層雲が取り払われ快晴の天気に
a0148606_16313430.jpg


目線の先には巻機山
a0148606_16315295.jpg


稜線に出て少し歩くと…
a0148606_16331973.jpg


ニセ巻機山に到着。頂上標の奥には巻機山山頂
a0148606_1633333.jpg


カラダを使って「山」という文字を表現したらしい…
a0148606_16341838.jpg


割引岳はとんがり帽子
a0148606_16334517.jpg


ニセ巻機山から巻機山を望む。右手の少し高いところが山頂
a0148606_16335830.jpg


ニセ巻機山から巻機山まではいったん下る
a0148606_16344786.jpg


鞍部から上り返す
a0148606_1635873.jpg


だだっ広い斜面を登る【PHOTO by komemame】
a0148606_16354590.jpg


青い空と白い雪に付けられたトレース
a0148606_16362335.jpg


山頂まであと少し
a0148606_1636452.jpg


巻機山山頂に到着。最高点はケルンのみ
a0148606_1638525.jpg


ケルンとパチリ
a0148606_16373658.jpg


手前にニセ巻機山と奥に谷川連峰
a0148606_16384925.jpg


上越国境稜線
a0148606_16382287.jpg


平ヶ岳
a0148606_16385511.jpg


八海山と越後駒ヶ岳の姿も見えるように
a0148606_16401458.jpg


国境稜線のこのアングルは何度もレンズを向けてしまう
a0148606_16404067.jpg


割引岳
a0148606_16401044.jpg


さて下山です
a0148606_1640316.jpg


帰りはトラバース気味に鞍部に向かってみる
a0148606_16412124.jpg


ニセ巻機山までの登り返し
a0148606_16411174.jpg


右手にうっすら見えるのは磐梯山か?
a0148606_1641377.jpg


天気も良くご機嫌
a0148606_1641535.jpg


最後に巻機山をパチリ
a0148606_1642102.jpg


大パノラマともそろそろお別れ
a0148606_16423745.jpg


さよなら谷川連峰
a0148606_16432929.jpg


午後になると雪が腐って滑りが悪く、
ご覧のように迫力の欠片もない尻セード【PHOTO by komemame】
a0148606_16435354.jpg


大パノラマを前に下っていく
a0148606_16443446.jpg


すっかり晴れ渡って暑いっ!
a0148606_1645680.jpg


さよなら、ニセ巻機山
a0148606_16453137.jpg


樹林帯へ突入
a0148606_16454683.jpg


座り込んでいるだけにしか見えない尻セード
a0148606_1646238.jpg


お疲れさまでした!
a0148606_16461727.jpg



【danyama】
ほとんどがBCの中、登山者は自分たちくらい。何だかイモっぽい感じの身なりでスタート。
地図を確かめもせず歩いていると、桜坂から井戸尾根に向かっているつもりだったのが大間違い。
米子沢の左岸を歩いていることに気づき、慌てて米子沢を強引に渡り、壁面をよじ登り井戸尾根に合流。
桜坂付近はいろいろなトレースが入り乱れているので注意が必要でした。

井戸の壁の急登を過ぎると五合目で視界が開け、谷川連峰が見えるように。
そして、七合目手前で森林限界を越えると、ノペ~っとした巻機山の魅力が全開に。
ニセ巻機山でひと休みして巻機山に到着。360度の展望を満喫し下山開始。

下りは暑いし、雪はズブズブだし、
この日ほどスキーがうらやましいと思ったことはありません。
まぁ、仮にスキーがあっても滑る腕(脚)がないけど…。

上田屋の「山菜だらけそば」を食べてから帰りました。


【komemame】
天気がわるかったりの週末で、ちょっと久しぶりの雪山。
この日は風もほとんどなく、暑いくらいの一日。
たくさん汗をかいて、持っていった水1.5Lはほぼ飲みきってしまうほど。

朝は6時前にスタート。
事前のヤマレコでの確認どおり、巻機山はバックカントリーのメッカで、
スタート地点、私たち以外は、ほとんどがスキーを履いた方々。
前回、おんたけ、乗鞍へ登って、ちょいスキーに興味を持ちはじめていたので、
(ものすごいスピードですいすい下山してる姿にあこがれて…)
うらやましいーなーって思いつつ、つぼ足でのしのしと歩きはじめる。

もう4月も中旬。
やはりこの辺りにもちゃんと春はやってきていて、
雪はじゃりっと水を含んだようで、ややくさり気味。
見渡す限り真っ白い銀世界がおわっちゃって、さみしい気持ちもあるけれど、
私は、暖かいこの残雪期もけっこう好き。
なんたって寒い思いをしなくていい。
途中たちどまって、あたりの風景を眺めたり写真を撮れたりもするし、
山頂でゆっくりお茶を飲んだり、ランチをしたりもできる。
厳冬期なんてたちどまってなんていたら、冷え性の私はそっこー先端から凍えてしまうから、
いつもそそくさと「見たつもり」「満喫したつもり」でその場を後にしてしまう。
だからこの残雪期は、しっかり目に焼き付けて、しっかり満喫するにはいちばんいい季節だと思う。

この日、さいしょに道を間違えたりして「山頂に行けないかも!」とテンションが下がったりもしたけど、
正規ルートに戻った後はただひたすら山頂をめざして歩く、という感じでのんびりな気分。
ひとつだけ注意を要したのは、踏み抜き!
何度かずぼっ、ずぼっと太ももくらいまで踏み抜いてひやひや。
このひやっとした感覚って、疲れを倍増させるような。。。

なんどかひやっとしつつも、順調にニセ巻機山に到着。
ここから見えるのっぺーりとした巻機山への道も、なんともおだやか。
と思ったら、ちょっと風が出てきて、山頂に着いてみたらじっとしていると冷えきってしまうほど。
仕方なく、山頂からはすぐに退散、ニセ巻機山でゆっくりお昼ごはん。

その後はまた来た道をひたすら下るのみ。
スキーの方は「スーーーー」っとなんともきれいな音を立てて下りて行くけど、
私はざくざく、ときどきくさった雪に足を取られ、ズブズブという音で。
こういうとき私もバックカントリースキーしてみたいと思うのだけど、
スキーなんてウン十年(?)やってないしなぁ。。。
まずはゲレンデで初心者講習を受けなきゃいけないのでは…きっとそういうレベル。

でもスキーができたら山の楽しみも広がりそうだし、
来シーズンこそトライしてみようか!?
そしたら、ほかにどんな山に行けるかなぁ、
大好きな残雪期ももっともっと楽しくなるだろうなぁ。

……と、今回の巻機山は、妄想ふくらむ春の山行なのでした。



【memo】
05:48 西谷後バス停(冬期登山道入口)
06:23 桜坂
07:42 五合目付近
08:13 六合目付近
08:59 七合五勺
09:34 ニセ巻機山(九合目) 09:37
10:13 巻機山 10:24
10:54 ニセ巻機山(九合目)/休憩・昼食 11:16
11:28 七合五勺
11:50 六合目付近
12:08 五合目付近
12:42 桜坂
13:03 西谷後バス停(冬期登山道入口)
[PR]
by ighana | 2013-04-14 16:15 | 山登りのこと