Komemame Diary

2013.03.20 Wed

筑波山へ。
a0148606_1717573.jpg

週の真ん中の春分の日。天気はイマイチ。そして前の日曜日は北アに遠出したばかり。
なので山はお休みかなと思ってたけど軽く歩きたい気分に。
そんな時は近場でちょっと軽めの場所がいい。
ということ急に思い立ちhanaと一緒に筑波山に何となく足を運んでみることに。



 
 
市営第4駐車場からスタート
a0148606_1719550.jpg


巨大な鳥居をくぐると旅館やお土産屋さんが立ち並ぶ参道に
a0148606_17193746.jpg


筑波山神社に到着
a0148606_17195177.jpg


随神門のアップ
a0148606_17201969.jpg


hana これから筑波山を目指す
a0148606_17211253.jpg


杉の巨木
a0148606_17212577.jpg


白雲橋ルートから登る
a0148606_1721343.jpg


神社からしばらく歩くと登山道らしくなる
a0148606_1721495.jpg


白蛇弁天
a0148606_17225746.jpg


終日曇りだと思っていたけど太陽が木々を照らし始めた
a0148606_17231430.jpg


母の胎内くぐり
a0148606_17233038.jpg


女体山山頂が見えた
a0148606_17234740.jpg


大仏石
a0148606_1724487.jpg


もうすぐ女体山山頂
a0148606_17241131.jpg


御幸ヶ原へ
a0148606_17243630.jpg


御幸ヶ原と男体山
a0148606_17245351.jpg


男体山頂に到着
a0148606_1725995.jpg


ガオーおやつくれ~
a0148606_1717573.jpg


黄砂のせいか視界はほとんど利かない
a0148606_17253224.jpg


hanaが先導役で自然研究路を歩く
a0148606_1726348.jpg


自然研究路をグルッと一周して御幸ヶ原に戻ってきた
a0148606_17263222.jpg


下山は御幸ヶ原コースから
a0148606_17265862.jpg


筑波山神社の拝殿
a0148606_17271436.jpg


さざれ石とhana
a0148606_17272849.jpg


ガマの油売りの口上は残念ながらちょうど終わったところ
a0148606_17275038.jpg


梅は満開
a0148606_1728482.jpg

a0148606_17281578.jpg


レトロな雰囲気のおみやげ屋さん
a0148606_17283442.jpg



【danyama】
筑波山神社付近からは駐車場への客引き、登山道へ向かう参道の両側に立ち並ぶお土産屋さん。
登山道には老若男女、本格的な山歩きの格好をした人からハンドバックにショートブーツの人まで、
人がいっぱい。山頂付近では「ヤッホー」という掛け声が聞こえてきたり。
どこかなつかしさを感じる場所だった。

登りは暑くて「汗がしたたり落ちる季節になったんだなぁ」と
季節が巡っていることを実感した山行でした。


【komemame】
たまにはhana孝行ということで、軽めの山歩きへ。
行き先は百名山のなかで一番低山という筑波山。
調べてみると、犬の散歩がてら登っている人もけっこういるらしい。
ちょうど梅祭りをやっているとのことで、春を感じるにはもってこい。

朝はのんびり9時半過ぎに歩きはじめる。
気軽に行けちゃう百名山というだけあって、
登山口である神社は大観光地という感じ。
駐車場の客引きのおじさん、お土産ものやさん、旅館…
お土産ものやさんでは、お約束のガマの油のほか、
なぜだか大根おろし器とかホウキとかなぜ筑波山で?というものも並んでいる。
hanaちんは相変わらず「ほっそーい」とか「なんていう犬種ですか」と声をかけられるたびに、
しっぽをフリフリ愛想を振りまいている。この時点ではまだ元気。

さて、白雲橋コースからの登り、意外と急登?ツライー。
早々に暑さで、汗だくに。
花粉対策のマスクをとりたい衝動に駆られるものの、
後のことを考えると、そこはぐっと我慢。
しょうがないので「今日は思いっきり汗をかいちゃえ!」と腹を決める。
短時間だし、頂上で汗冷えする思いもしないだろうし、と。

きょう登るまで知らなかったのだけど、
筑波山は女体山877mと男体山871mからなる山。
頂上を目指すにはいろんなコースがあって、
もちろんその中にはケーブルカーで一気に山頂近くまでいけちゃうコースも。
そのため熟練山屋さんから、マキシスカートにヒールのギャルなんかもいて、
ちょっと不思議な光景。
高尾山の様子に似ている感じもするけど、
観光地化が進んでいる高尾山に比べて、筑波山は、レトロで地味な感じ。
このあか抜けなさがちゃんと「山に来た」って思えてほっとする。

頂上近くなってくると、ゴツゴツした大きな岩が出始めて、
ときおりhanaが自分の体の倍くらいある大きな岩壁を前に立ち止まり
「あたし、乗り越えられない~」と訴える。
でも私が先に行ってしまうと慌てて着いてくるから、
まだまだスタミナは残っているのだろう。

筑波山はこの巨岩、奇岩が特徴で、各所に名前が付けられている。
これらを見ながらのんびり歩いていると、山頂はすぐ。
気付かないうちに女体山山頂を通過し、男体山へ。
男体山の山頂からは自然研究路というコースがあって、
ぐるっと一周できるようになっている。しっかり整備されていてとても歩きやすい。
天気がいいと関東平野が見渡せるらしいけど、この日は曇りかつ黄砂が飛んでいたらしく、
景色はもやがかかったような感じだった。ざんねん。

帰りは御幸ヶ原コースで下山。
こちらも階段などで整備が行き届いているものの、
じめっとしているため、つるつる滑って危ない。
ここのところずっと雪山歩きだったから、
このジメジメ&ぐちゃぐちゃした道を歩くのは、久しぶりの感覚ー。

hanaはというと、下山が苦手。
前回の雲取山では、下りは完全にダウンしてdanyamaのザックに入っていた。
今回も、大きな段差があらわれると、とたんに立ち止まり、
「おろしてー」。
疲れも出てくるのか、目つきも悪くなってくる(笑)。
でもこの日は自力で下山!えらい!また百名山踏破できたね!
帰りの車の中ではバタンと倒れ、爆睡~。

いまいち分からないのは、hanaは果たして山歩きが好きなのか?
hana孝行と思っていつも連れてきているのだけど、
ほんとはイヤだったりしてー。

hanaちん、どっちー???


【memo】
09:13 市営第4駐車場
09:23 筑波山神社 09:28
09:37 酒迎場分岐
09:42 白蛇弁天
10:20 弁慶七戻り
10:36 大仏岩
10:40 女体山
10:52 御幸ヶ原 10:55
11:04 男体山 11:10
(自然研究路周遊&休憩)
11:50 御幸ヶ原 11:54
12:39 ケーブルカー宮脇駅
12:42 筑波山神社 12:46
13:01 市営第4駐車場
[PR]
by ighana | 2013-03-20 17:32 | hanaのこと