Komemame Diary

2013.03.17 Sun

乗鞍岳へ。
a0148606_22342740.jpg

今シーズン積雪期3000m峰の第3弾として乗鞍岳を目指すことに。
ツアーコースは下りでヒップソリが楽しめそうなので、
登りは敢えて鳥居尾根から位ヶ原山荘経由で向かう。



 
 
日の出とともに出発
a0148606_2252591.jpg


ゲレンデもオレンジに染まる
a0148606_2254525.jpg


夢の平クワッド乗り場から乗鞍岳を望む
a0148606_2255144.jpg


今日も最高の天気になりそう
a0148606_226134.jpg


誰もいないゲレンデを登る
a0148606_2264021.jpg

a0148606_2265086.jpg


乗鞍エコーラインから剣ヶ峰を望む
a0148606_227285.jpg


ノートレースの樹林帯を進む
a0148606_2272015.jpg


日差しが強い
a0148606_227569.jpg


冷泉小屋(休業中)に到着
a0148606_2283248.jpg


続いて位ヶ原山荘に到着
a0148606_2284783.jpg


位ヶ原山荘から剣ヶ峰を望む
a0148606_229347.jpg


位ヶ原山荘からは旗竿に沿って進んで行く
a0148606_2291012.jpg


ここから穂高連峰が見えるように
a0148606_2292654.jpg


右から前穂、奥穂、そして槍の姿も。komemameもテンションアップ
a0148606_2295614.jpg


前穂、奥穂、槍をアップで
a0148606_2210869.jpg


穂高連峰をバックに進みます
a0148606_22104398.jpg


前方に剣ヶ峰と大日岳
a0148606_2211029.jpg


この辺りからは遮るものが何も無くなる
a0148606_22115813.jpg


シュカブラだらけ
a0148606_2212558.jpg


剣ヶ峰とkomemame
a0148606_22123868.jpg


それにしても良い天気
a0148606_22125081.jpg


非日常の極み
a0148606_22132271.jpg


だだっ広い雪原を歩き始めると山頂が近いのか遠いのか良く分からなくなってくる
a0148606_22132951.jpg


乗鞍エコーラインのカーブミラー(雪のためミラー部は取り外されている)
が雪原の中に不自然に生えている
a0148606_22134597.jpg


槍、穂高、常念を右手にだだっ広い雪原を行く
a0148606_22141173.jpg


左手を見ると南アルプスが見えてきた
a0148606_22143952.jpg


そして後ろを振り返ると八ヶ岳
a0148606_22151964.jpg


強風でテカテカ光る斜面
a0148606_22154088.jpg


剣ヶ峰へは東側の尾根からアプローチ
a0148606_2216331.jpg


穂高連峰が素晴らしく何度もレンズを向けてしまう
a0148606_22163436.jpg


穂高連峰をバックに急斜面を一歩ずつゆっくりと登る
a0148606_22164490.jpg


笠ヶ岳や黒部の山々も見えてきた
a0148606_22171139.jpg


進んでるのかそうでないのかよく分からない距離感
a0148606_22172893.jpg


八ヶ岳
a0148606_22175746.jpg


ツルツルの斜面はコワいのでなるべく岩が出ている箇所を登る
a0148606_2218544.jpg


急斜面を登り詰めている最中にふと左手を見ると御嶽の姿が。
その存在感にビックリ
a0148606_22182669.jpg


剣ヶ峰山頂が見えてきた
a0148606_2218452.jpg


山頂まであと少し!
a0148606_22192228.jpg


完璧な日焼け対策
a0148606_22193816.jpg


剣ヶ峰山頂に到着
a0148606_22195895.jpg


ご機嫌なkomemame
a0148606_2237589.jpg


御嶽を眺めながら【PHOTO by komemame】
a0148606_22211670.jpg


鳥居の間から頂上標をパチリ
a0148606_22212990.jpg


山頂から北アルプス。左から黒部五郎、笠、剱、立山、鷲羽、
白馬三山、槍、西穂、奥穂、前穂、常念
a0148606_22224819.jpg


山頂から乗鞍コロナ観測所
a0148606_22231419.jpg


御嶽ドーン。手前は大日岳
a0148606_22234868.jpg


山頂より南アルプス。左から甲斐駒、仙丈、北岳、間ノ岳、農鳥、塩見
a0148606_22241863.jpg


山頂より中央アルプス
a0148606_2225287.jpg


山頂より八ヶ岳
a0148606_2226626.jpg


こんなにキレイに見える白山は初めてかも
a0148606_22264131.jpg


山頂より浅間山方面
a0148606_22272764.jpg


最後にもう一度笠から前穂まで
a0148606_22281848.jpg


さて下山です
a0148606_2228479.jpg


北アを名残惜しそうに眺める背中
a0148606_22294798.jpg


蚕玉岳より剣ヶ峰を望む
a0148606_2230828.jpg


朝日岳。山頂に人が見える
a0148606_22302668.jpg


蚕玉岳と朝日岳のコルから下る
a0148606_22304337.jpg


遠くから見ていたよりも雪は安定している
a0148606_22305214.jpg


月面のような景色
a0148606_22312179.jpg


重力に逆らう
a0148606_2231257.jpg


稜線直下は急斜面で尻セードするのはコワい【PHOTO by komemame】
a0148606_22314474.jpg


そろそろ尻セードできそうな斜面に
a0148606_22315774.jpg


尻セードスタート!
a0148606_22321599.jpg


スーイスイ
a0148606_22323015.jpg


ストップ!
a0148606_22324368.jpg


シュカブラの上を歩く
a0148606_22332286.jpg


日本でない。というかここは地球?
a0148606_22334752.jpg

a0148606_22335820.jpg


強風で木もおじぎ
a0148606_22341352.jpg


美しいシュカブラ。遠近感が分からずクラクラ
a0148606_22342740.jpg


さよなら、剣ヶ峰
a0148606_22344320.jpg


ゲレンデも尻セードでがんばる【PHOTO by komemame】
a0148606_22345171.jpg




【danyama】
三本杉分岐点から位ヶ原山荘まではトレースはほとんどなし。
樹林帯ではモナカ気味の雪に、高度を上げるとベタベタ滑りやすい雪に苦しめられたり、
途中、尾根を突き進んでしまう間違いもあったけど順調に位ヶ原山荘に到着。

ここからは圧巻というか不思議というか非日常の景色の連続。
ここは果たして地球上なのか?という景色が広がっていた。

ゲレンデのリフトは下りは禁止なので、スキーヤーやボーダーが颯爽と滑って行く中、
開き直って堂々と尻セードで頑張りました。


【komemame】
どこまでもつづくまっしろなシュカブラ、上半分は雲一つない真っ青な空。
だだっ広い稜線は、山というより月面を想像させるような雰囲気。
歩いても歩いても景色が変わらず、同じところを歩いているような感覚にとらわれる。
この日の乗鞍岳への道は、山歩きというより“地球歩き”みたいな山行だった。

そんな不思議なふわふわした感覚を覚えつつ、
今回、初の雪山3000メートル超達成っ★わーい!

先日の御嶽山では、剣ヶ峰の手前でギブアップ。
私には3000メートルの壁は超えられないのか…と半分諦めていたけど、
この現実味のない雰囲気がよかったのか、終始気持ちよく機嫌良く、楽しく歩けた。

朝6時すぎ、きれいに圧雪されたスキー場を登るところからスタート。
この日はとても暖かかった。いつもの真冬装備じゃ、暑いのなんの。
確実に季節は春に向かっているのだと感じる。
雪山に登っている最中に冷たい水が飲みたいなんて思ったのははじめてかも。

とはいえ、まだまだ雪はたっぷり。
夏なら車が走れる道も雪で覆われていて、ガードレールもすっぽり埋まっている。
そこが道路なのか、山道なのか見当もつかないほどで、
おかげでちょっと外れた道を余分に歩くことに。
でも天気もよく、気分も良いのでそんなこともほとんど気にならず。
頂上へ向かう手前でアイゼンを装着したり、エネルギーチャージをしたりと、
のんびり準備しても、ほぼ無風なのでぜんぜん寒くなかった。

そしていよいよ頂上へ向けて出発。
稜線からみると、すぐそこに感じるのに、
やはり3000m、歩けども歩けども頂上標が見えない。
「ここをクリアしたら頂上標がみえるかな」という期待は
ことごとく裏切られる…。
「がんばれ、登ればちゃんと着くから!」と自分を励ましながら、
ただ山頂への思いを馳せながら、もくもくと上へ、上へ。

そしてようやく辿り着いた山頂3026m。
この時間帯、他に登っている人はいなくて、山頂をひとりじめ!!!ラッキー。
登頂できなかった御嶽山を見ながら、お昼ごはんとする。

帰りは、シリセード天国。
といっても、急なところはけっこう怖かったりもして、
ちょっと緩い傾斜のところを選ぶと、今度はずぶずぶとスピードが出なくて止まってしまう。
なかなか満足できるシリセードはできずじまい。
シリセードとはいえ、技術や経験が必要そう。
途中、バックカントリーの人がざざーっと一瞬にして駆け下りて行って、
ちょっとうらやましかった。私もスキーやろうかなーって思うけど、
登りで背負っていくのは大変かぁ。。。

と、たらたら遊びながら下山するも、
最後のスキー場歩きは、長くてへとへと~。
でも、スキーヤーやボーダーの滑走姿やファッションを眺めながら歩けるので、
多少の気分転換になった、かな。

3000m超の乗鞍岳、
最初から最後までいつもの山歩きとは違った感覚で、
とても楽しめました。
[PR]
by ighana | 2013-03-17 22:36 | 山登りのこと