Komemame Diary

2013.02.17 Sun

御嶽山へ。
a0148606_1835825.jpg


ハイシーズンにはわざわざ遠出して行くのことを躊躇ってしまう山、御嶽山。
しかし、北ア・南ア・八ヶ岳から見えるその姿にはスゴい存在感がある。しかも3000m峰。

こんな山には雪があるうちに行くのが良し、ということで、
夏山並みの早出で東京を出発。



 
 
日の出とともにスキー場を出発
a0148606_17532070.jpg


振り返ると中央アルプスの空がオレンジに染まる
a0148606_17534299.jpg


キレイに圧雪された誰もいないゲレンデに足跡をズブリズブリ【PHOTO by komemame】
a0148606_1754915.jpg


昇りました
a0148606_17542316.jpg


朝の光がゲレンデをほんのりと染める
a0148606_17545083.jpg


いい天気!
しかしこの日は寒く駐車場でマイナス18.5度 風も強く朝ゴンドラは運休
a0148606_17551342.jpg


ゴンドラ山頂(三笠山駅)付近から乗鞍&北アルプスが見えた
a0148606_17552789.jpg


ゴンドラ山頂(三笠山駅)から間違って森の中に入ってしまいます
a0148606_17554164.jpg


田の原の鳥居をくぐり登山開始
a0148606_17555528.jpg


しばらくはなだらかな道を進んでいく
a0148606_1756935.jpg


雪はどんどん深くなる。振り返ると八ヶ岳
a0148606_17563197.jpg


あれ? 空は気づくと高曇りに
a0148606_17564850.jpg


大江権現に到着
a0148606_1757490.jpg


カッコいいマーク
a0148606_17571980.jpg


この辺りから登山道は斜度を上げ始める
a0148606_17574329.jpg


金剛童子に到着
a0148606_17575943.jpg


高度を上げるにつれ視界が広がる。甲斐駒が見えてきた
a0148606_17582434.jpg


こちらは恵那山
a0148606_17585115.jpg


甲斐駒をバックに
a0148606_17592514.jpg


眼下には田の原と三笠山
a0148606_17593648.jpg


高度が高いせいかシンドイなぁ
a0148606_17525339.jpg


高曇りで不思議な空の色でした
a0148606_1835825.jpg


トラバース気味の急斜面を越えると…
a0148606_184956.jpg


九合目に到着
a0148606_1842546.jpg


避難小屋を覗くkomemame
a0148606_1845670.jpg


王滝頂上に到着
a0148606_1856100.jpg


八丁ダルミから目指す剣ヶ峰をのぞむ
a0148606_1852440.jpg


雪煙が舞っていると思いきや噴煙がモクモク
a0148606_1854821.jpg


電動ドリル
a0148606_186392.jpg


山頂直下は風で雪が飛ばされている
a0148606_1861497.jpg


山頂まであと少し!
a0148606_1865144.jpg


鳥居をくぐって剣ヶ峰に到着
a0148606_187526.jpg


頂上標をパチリ
a0148606_1872385.jpg


山頂に到着すると再び青空が広がった。
暈がかかっているので天気は崩れていくのか
a0148606_1874886.jpg


剣ヶ峰山頂からは北アルプスがドカーンと視界に広がる。
左から薬師岳、笠ヶ岳、剱、立山、水晶。
手前の乗鞍をはさんで槍、奥穂、吊り尾根、前穂 一番右にピラミダルな常念
a0148606_1883253.jpg


中アと南ア 手前は中アの木曽駒、空木、南駒ヶ岳。
後ろの南アは左から甲斐駒、仙丈、北岳、そして富士山 その横に塩見、悪沢、赤石
a0148606_189085.jpg


八ヶ岳と隣に奥秩父
a0148606_1892086.jpg


北アルプスの眼下には二の池
a0148606_1894580.jpg


恵那山方面
a0148606_1810313.jpg


中ア、南ア眼下には三笠山と田の原
a0148606_18102731.jpg


こちらは確か白山方面
a0148606_18105323.jpg


一の池方面のキレイな雪面
a0148606_18111854.jpg


鳥居と中ア、南ア
a0148606_18114445.jpg


奥の院
a0148606_1812468.jpg


歯ブラシ
a0148606_18121922.jpg


八丁ダルミと王滝頂上
a0148606_18123614.jpg


仏像
a0148606_18125048.jpg


電動ドリルと太陽
a0148606_18131048.jpg


御嶽神社まで戻ってきた
a0148606_18132656.jpg


九合目で休憩・昼食後、下山開始
a0148606_18133981.jpg


さぁ、滑りますよ~
a0148606_18135365.jpg


あ~楽しかった
a0148606_18141778.jpg


ここまで降りてくると雪が深くてもう滑んない【PHOTO by komemame】
a0148606_18144651.jpg


下りはあっという間でした
a0148606_18145515.jpg


御嶽山 山頂からの眺望は想像以上のすばらしさでした。
東京からはちょっと遠いけどまた来たいなぁ
a0148606_1815262.jpg


田の原に戻ってきました お疲れさまでした
a0148606_18154182.jpg


【danyama】
この日はとにかく冷える。
都内でも夜中は0度。さらに中央道の小淵沢から諏訪付近を走っていると、
クルマの温度計はマイナス19度を記録。
この辺りはいつも低い温度を差すけど、こんなに冷えているのは記憶にない。

伊那ICで降り、おんたけ2240スキー場に向かってクルマを走らせるが、ここからが長い。
凍結した道を進みようやく6時前に駐車場に到着。
温度計を見るとマイナス18.5度。標高が高いせいもあると思うけど駐車場でこんなに寒いのも初めて。

スタートと同時に日の出を迎える。雲一つない青空。
中央アルプスから昇ってきた朝日を背に浴びながら、
圧雪されたまだ誰も入っていないゲレンデにズブリズブリと足跡を付けていくの快感。
ただ風がけっこう強い。ピンクに染まった御嶽山の山頂付近にも雪煙が舞っているのが見える。

このゲレンデ歩き、ワカンを付けるほどではないけどサラサラのパウダースノーが
くるぶし付近まで埋まり、徐々に堪えてくる。
山頂駅への最後の急登ではさらに風が増し、
強風のためゴンドラ運休との放送が流れている中、よろけながらなんとか到着。
オーバーグローブを付けているにもかかわらず、手が痛くてたまらない。
たまらず山頂駅の屋内に一時避難。これは山頂まではキビシいかなぁとちょっと弱気になる。

暖かい屋内で手を温め、しっかりと装備を整える。
アイゼン、ゴーグル、目出し帽と完全装備となり意を決して出発。
しかし、道迷いで三笠の森の中を膝上ラッセル。30分ほどロスし無駄に体力を使ってしまう。

気を取り直して田の原から再びスタート。
天気は早朝はあんなに晴れていたのに森を彷徨している間にいつのまにか高曇りに。
ガスってないだけマシかぁ。

田の原からはワカンの跡があるので先行者がいるようだけど、
大江権現付近までは雪が深くラッセル気味に。
森林限界を越えるとようやく雪も締まり始めて歩きやすくなるが、
標高が高いせいか一歩ずつゆっくりといった感じでしか登れない。

金剛童子付近まで登ってくると眺望も開け始め、振り返ると中アとその向こうに南アの山たちが見える。
曇っているのだけど高曇りで不思議なくらい眺望はよくきく。
山頂の方に目をやるとはるか先に5人組のパーティ(田の原でテン泊)が見える。

しかし、この日komemameの調子が悪く、なかなか上にあがってこない。
そして九合目までくるとギブアップ宣言。避難小屋で待ってもらいそのまま山頂を目指す。

九合目からは王滝頂上山荘がすぐ近くに見えるのに、登っても登ってもなかなか近づかない。
時おり強風が吹き付けるが予想よりもだいぶおさまっているのが救い。
ようやく王滝頂上に到着。ここで5人組のパーティを抜き、八丁ダルミから剣ヶ峰に向かう。

ここからはさすがに独立峰の標高3000mの独立峰。
突風が吹き付ける中、タイミングを見計らいながら進んでいく。
そして本日一番乗りで剣ヶ峰に到着で山頂を独り占め。
同時に青空が一帯を支配し始めテンションアップ。

山頂からの景色は想像以上のもの。
北ア、中ア、南ア、八ヶ岳、そして富士山と蒼々たる面々にグルッと取り囲まれている。
あっちからよく見えてたからこっちからも見えるのは当然なんだけど…。
北アルプスも薬師岳、笠ヶ岳、剱、立山、水晶、槍、奥穂、吊り尾根、前穂、常念と
オールスターズがずらり。
特に新鮮だったのが西側から見る南アルプス。甲斐駒から悪沢まで全て見渡すことができ大興奮。

午後になると風も穏やかになり、九合目まで戻ってkomemameと合流。お昼を食べて下山開始。
komemameも王滝頂上までは結局登ったと言う。ここまで行ったのなら剣ヶ峰にも来れば良かったのに…。

帰りは八合目付近からルートを逸れてヒップそりで尻セード。
あっという間に樹林帯まで下降して、それからは深雪をズブリズブリしながら田の原に到着。

下りのゲレンデも尻セードを降りようと思ってたら、
休日というもありスキーヤーとスノーボーダーがたくさんいる。
恥ずかしいし、ちょっと迷惑かなっということで仕方なくゴンドラで下山。

帰りは木曽福島で名物のすんき蕎麦を食べてから、塩尻経由で中央道へ。
なんと小仏渋滞もまったくなく予想よりも早く帰宅できた。

御嶽山は3067mと登り応えがあり、山頂からの眺望もホントに素晴らしい。
そして、道中神社や仏像やオブジェがあって登る人を飽きさせなかったり、
尻セードできる斜面があったりと距離は短いもののいろんなエッセンスが凝縮されていて、
また是非登ってみたい山になりました。


【komemame】
最近都心では寒い日の合間に「あれ?今日あったかいね」なんて思う日があったり、
しかも花粉が飛び始めたようななんだかムズムズする日があったり。
間違いなく、冬は終わり、春がやってきていると感じる今日この頃。

もう雪山シーズンも折り返し地点(?)かと思うと、
先週の黒戸尾根の疲れと筋肉痛がうっすら、さらにはやや風邪気味だったけど、
天気も良さそうだし、休んでいる場合じゃない!と御嶽山へ。

田ノ原登山口までは、スキー場を延々と歩き登っていく。
最初はきれいに圧接されたゲレンデをきゅっきゅ言わせながら歩くのが楽しい。
さすが「標高の高さ」「独立峰」の雪質のよさをうたっているスキー場なだけに、
まったくべたべたしてないさらさらの雪。
ちょうど朝日が昇っていく時間で、ピンク色に染まった御嶽山に見とれる。
でもその“きゅっきゅ”は長くつづくと、だんだん堪えてくる。
それが急登になると、なおさら。
一歩進んでも、半歩までいかないけど、なんかちょっと戻ってしまうかんじ。
キックステップをしようとしても、圧接されているからうまくつま先も入らない。

うーん、やっぱり私には休養が必要だったのか。。。?

そんなこんなで、登山口についた時点で「疲れた~」。
でもこれでは、スキー場を無駄に自力で登っただけで終わってしまう!
スキーヤーやスノーボーダーが見たら「ゴンドラ使えば良いのに何やってんだ?」と笑われてしまう。
(この日はまだゴンドラが動いていない時間だったので、誰もいないゲレンデを登っていった)

というわけで気合いを入れ直し、やや強めの風の中、ゴーグル+バラクラバの完全防備で再スタート。
ところがペースは一向にあがらず。
体のなかにおもりが入っているみたいー。
日帰りの荷物なのになんでよぅー。
息もくるしい。
風邪のせいかなぁ?
すると、danyamaが
「調子が悪いわけじゃないよ、標高が高いからつらいだけ」と。
「なるほど~!」
…って納得したものの、だからってペースがあがるわけでもなく。
やっとの思いで金剛童子に着いて、ピッケルを出す動作もノロノロ。
あぁ、私は完全に空気のうすさにやられている…

9合目に着いたときは、もう倒れる寸前。
というか、倒れた。
疲れすぎて、ちょっと横になったら、
すーっと眠り落ちそうになってしまった。
で、ぼーっとした頭で「もう今日はここでいいや」とあきらめる。
ひとりで下りるのも怖いしさみしいので、山頂をめざすdanyamaを避難小屋で待つことに。

待っている間、ごはんを食べて、一面に広がる景色を堪能。
じっとしているのも寒いから(ザックに入れておいたおにぎりが凍ってた)、
9合目からちょっと上にある御嶽神社まで足をのばしたりと、
ひとりちょっとしたハイキング気分を楽しんだ。

これですっかり体力は回復。
そして、下りのなんとラクちんなこと!
まさに「行きはよいよい、帰りはこわい」のまったくもって真逆。

疲れたけど、終わりよければすべてよし。
今回の雪山も楽しかったぁ♪
今シーズンはあと何回雪山にいけるかな。


【memo】
06:29 ゴンドラ乗り場(からまつ駅)
07:52 ゴンドラ山頂(三笠の森駅) 08:19
(森林彷徨)
08:48 田の原
09:26 大江権現
10:01 金剛童子 10:07
11:23 九合目 11:41
12:08 王滝頂上
12:39 剣ヶ峰 12:47
13:05 王滝頂上
13:13 九合目(休憩・昼食) 13:34
14:48 田の原 14:51
14:59 ゴンドラ山頂(三笠の森駅)
[PR]
by ighana | 2013-03-04 09:35 | 山登りのこと