Komemame Diary

2013.02.03 Sun

白毛門へ。
a0148606_22485597.jpg

先週末、単独で阿弥陀を目指して舟山十字路までクルマを乗り入れたところスタック。
最初の2回はクルマに積みっぱなしだったテン泊用のスノーショベルで難を逃れたものの、
3度目でどうにもならなくなりJAFを呼ぶ羽目に。
結局この日は登山靴を履くまでもなく敗退。

このストレスのためか、次回はガッツリ雪の多い山を満喫したいという思いが沸々とわき上がる。
そしてやってきた週末。週の始めは大荒れの予想でガックリきていたが直前に好天に好転。
しかもドッカリ雪の上越国境方面も期待できる天気。
ということでラッセルを思う存分楽しむ&敗退も止むなしという覚悟で白毛門をめざすことに。




 
 
ロープウェイの立体駐車場がスタート
a0148606_2254992.jpg


土合橋の駐車場ではテントが張られていた
a0148606_22554783.jpg


東黒沢に架かる橋 転落注意
a0148606_2256329.jpg


東黒沢の雪もこんもり
a0148606_22562225.jpg


樹林帯の急登をひたすら登っていく
a0148606_22565589.jpg


上空は晴れているのになぁ
a0148606_22571112.jpg


この辺りからラッセルが続く キックステップでステップをつくっていく
a0148606_22573371.jpg


この辺りは膝ラッセル
a0148606_22584596.jpg


ラッセルは深いところで腿ラッセル程度
a0148606_22582974.jpg


頑張って先頭を張るkomemameも
a0148606_22575174.jpg


尾根の東側には終始雪庇が発達していた
a0148606_22591933.jpg


松ノ木沢ノ頭で雪洞を利用させてもらい休憩中
a0148606_22593487.jpg


松ノ木沢ノ頭からはいったん下って…
a0148606_2302251.jpg


登り返す
a0148606_2303892.jpg


松ノ木沢ノ頭を過ぎると森林限界に達し、完全な雪山の世界に
a0148606_2305314.jpg


痩せ尾根を越え…
a0148606_231765.jpg


雪壁を登り…
a0148606_2312363.jpg


カニになる
a0148606_2314187.jpg


稜線手前の雪壁を登る先行パーティー この辺りは雪崩に要注意
a0148606_2315939.jpg


雪壁を登る
a0148606_2322675.jpg


吹雪の中山頂らしきものが見えてきた
a0148606_2324586.jpg


稜線に乗った
a0148606_233355.jpg


山頂まであと少し!
a0148606_2331746.jpg


白毛門山頂到着 頂上標はこれだけ
a0148606_2333920.jpg


ピッケルで雪を掻いてむりやり山座同定盤とパチリ
a0148606_2335735.jpg


山頂の木には樹氷が
a0148606_2341546.jpg


さて下山です
a0148606_2343144.jpg


雪が崩れやすいので慎重に
a0148606_2344857.jpg


一瞬太陽が!
a0148606_2351620.jpg


一瞬青空が!
a0148606_2353688.jpg


ジジ岩・ババ岩をバックに雪壁を下る
a0148606_2355249.jpg


ひたすら下ります
a0148606_2361624.jpg


隣の尾根に間違って入ったりもしてしまった
a0148606_2365982.jpg


視界があるうちにルートを見定める
a0148606_2372360.jpg


晴れそで晴れないもどかしい天気
a0148606_2374576.jpg


美しい雪庇
a0148606_238227.jpg


雪洞の中から
a0148606_238179.jpg


ちょっと視界が開けてきた
a0148606_238555.jpg

a0148606_2310698.jpg


下るにつれて天候は回復
a0148606_2393091.jpg


土合橋が見えた
a0148606_2310205.jpg


ようやく谷川岳の姿も見られるようになったけど残念ながら山頂はガスの中
a0148606_23104455.jpg


天神平と下にはロープウェイ基地
a0148606_2311675.jpg


巨木とkomemame
a0148606_23112439.jpg


標高を下げると…
a0148606_2311406.jpg


雪がクサリ気味でズッポリ嵌まります
a0148606_23121960.jpg


天気も回復し帰りの東黒沢はキラキラ
a0148606_23125196.jpg


東黒沢に架かる橋を渡ると…
a0148606_23131387.jpg


白毛門登山口に到着
a0148606_23134943.jpg


何とも和む登山道
a0148606_23141247.jpg


前方に見えるのは湯蔵山
a0148606_23142559.jpg


土合橋の駐車場に到着 お疲れさまでした
a0148606_23145861.jpg


下山するとピーカン
a0148606_23152061.jpg


登ってきた松ノ木沢ノ頭と奥に白毛門をアップで
a0148606_23153994.jpg



しかし!水上インターを降りるとヘッドライトに映し出される
フロントガラスには白いものが舞っている。

土合橋脇に駐車場があるはずなのに到着してみると目の前には雪原が広がってるだけ。
引き返して土合駅の駐車場に291号から駅までの登り坂を登れず。
FRだからバックから入れてみるも結果は同じ。仕方なくロープウェイの立体駐車場に駐車。

準備をして7:30前に駐車場を出発。
まずは土合橋までクルマで来た道を歩いて下ろうとすると道路はツルツル。
まずはkomemameがスッテンコロリン。「あ~あ~」と言ってる傍から自分もスッテンコロリン。
何か言われるんだろうなぁと思って振り向くとkomemameが地面に倒れている姿が目に入る。
どうやら自分と同時に2度目のスッテンコロリンをしてしまったらしい。

土合橋から歩き始めると、流石に上越国境の山、雪の量が多い。
トレースは有るような無いような微妙な感じ。
白毛門登山口を過ぎるとはっきりとしたワカンの踏み跡が確認できるように。
しかし、雪が深いためトレースをたどっても沈み込みが激しい。

雪が降る中、トレースを追ってひたすら急登を登っていると、
後ろから3人パーティが追いついてきた。
これで少なくとも自分たちを含めて3組が入山していると分かり心強い。
ほどなく先頭でトレースを付けてくれていた2人パーティーに追いつきラッセルのお礼をのべる。

ここから松ノ木沢ノ頭までは自分たちが先頭でラッセル。
時間感覚も無くアタマの中を真っ白にして進んでいると、
松ノ木沢ノ頭手前で前夜は雪洞泊したと言うパーティーとすれ違う。
ほどなく進むと松ノ木沢ノ頭直下のすこし外れた場所に雪洞を発見。
吹雪気味の天気だったのでありがたく利用させてもらい、休憩とアイゼン&ピッケルの準備をする。

その間に3人組パーティが追い抜き、松ノ木沢ノ頭から白毛門までは先行していただき、
ほぼ同時に山頂到着。

ほんの一瞬だけ明るくなったりしたものの、
結局山頂までの道のりは吹雪いていて、周りの眺望はゼロ。
でも、達成感はなかなかのもの。

下山時、視界不良とトレースがほとんど吹き飛んでいたのに加えて、
ひたすらまっすぐ尾根筋を歩いてきたというアタマだったので、
稜線から降りて少し折れた尾根を下るべきところをそのまっすぐ進み隣の尾根に入ってしまう。
行き詰まったお陰で気づき、登り返して事なきを得たが、
先入観というのはコワいものだと改めて思った。

帰りにもう一度松ノ木沢ノ頭の雪洞を利用させてもらいゆっくり昼食をとる。
雪山でゆっくりゴハンを食べられるなんてホントに有難い。

エネルギー補給を終えて下り始めると、どんどん天気が回復。
行きには何も見えなかった西側には谷川岳や一ノ倉沢の姿も。
そして、白毛門登山口に到着する頃には青空の元、
白く輝く白毛門と松ノ木沢ノ頭もキレイ見えるように。
しかし既に15時近くだったので、あまり悔しい思いもせずに済んだ。

当初の「ガッツリと雪の多い山を楽しむ」という目的を達成できただけでなく、
状況によっては白毛門までは難しいかなとも思っていたので、充実感の高い山行となった。
眺望があればさらに言うことなしだったのだけれど…また次回ということで。


【memo】
07:23 谷川岳ベースプラザ立体駐車場
07:37 土合橋
07:43 白毛門登山口
10:25 松ノ木沢ノ頭(休憩・アイゼン/ピッケル装着) 10:42
11:48 白毛門 11:56
13:07 松ノ木沢ノ頭(昼食) 13:37
14:50 白毛門登山口
14:56 土合橋 15:01
15:18 谷川岳ベースプラザ立体駐車場
[PR]
by ighana | 2013-02-15 22:49 | 山登りのこと