Komemame Diary

2013.01.20 Sun

赤城山(黒檜山~駒ヶ岳)へ。
a0148606_061242.jpg

まだ行ったことがない赤城山。
ハイシーズンにはあまり行く気がしなかったけど、
先日の大雪でワカンを使ってのラッセルが楽しめるかもと思い、
良い機会がやってきたのかもしれない、ということで行ってみた。




 
 
黒檜山登山口 入口から雪もたっぷり
a0148606_011730.jpg


猫岩付近から大沼を望む 凍った大沼と雲の中の地蔵岳
a0148606_0112259.jpg


赤城神社とワカサギ釣りのテントたち
a0148606_0113885.jpg


この日は天気は良くなかったけど樹氷はキレイだった
a0148606_011538.jpg


駒ヶ岳分岐から黒檜山へ向かう道
a0148606_012932.jpg


ラッセルを期待したけどトレースはバッチリあった
a0148606_0122467.jpg


良い雰囲気です
a0148606_0124156.jpg


黒檜山山頂到着
a0148606_012573.jpg


ビューポイントに向かう途中の景色 もちろんビューポイントはガスの中
a0148606_0131598.jpg


風が強いため樹氷の林ができていた
a0148606_013301.jpg


咲いてるねぇ
a0148606_013465.jpg


樹氷の林を歩く 気持ちいい
a0148606_014619.jpg


氷の森を行く
a0148606_061242.jpg


樹氷の花も咲いていた
a0148606_0143928.jpg

a0148606_0145139.jpg


鞍部まで降りて駒ヶ岳方面を望むがガス…
a0148606_015136.jpg


広い尾根 天気が良ければもっとキレイなんだろうなぁ
a0148606_0152888.jpg


駒ヶ岳山頂まであと少し
a0148606_015446.jpg


駒ヶ岳到着
a0148606_15111099.jpg


風の通り道は雪庇も育ってた
a0148606_0161686.jpg


自然の造形美
a0148606_0163148.jpg


寒いのでお昼ゴハンは立食で
a0148606_0164743.jpg


あっという間に大洞登山口到着
a0148606_017276.jpg


道路には蛇のように粉雪がクネクネ這っている
a0148606_0172995.jpg


おのこ駐車場到着 結局背中のワカンは用無し
a0148606_0174339.jpg



【danyama】
赤城県道はかなりの積雪&凍結でスタッドレスでもギリギリの状態。
フラフラしながら何とかおのこ駐車場まで到着。

しかし、到着してみると駐車場はかなりの強風とガス。道路の標識も揺れている。
1時間ほどクルマの中で待機。クルマも風で揺れているのが分かる。
でも明るくなってきたので意を決して出発。

駐車場からゴーグル・目出し帽にオーバー手袋というのは初めての経験。

しかし、大沼を右手に黒檜山の登山口に向かうと不思議と風が弱まり登山口では微風に。
当初はラッセルを楽しもうなんて思ってたけど、
この天気のせいで、黒檜山~駒ヶ岳を周回できるだけでも有り難や有り難や、
という気持ちになっていたので、
トレースがしっかりある登山道を見てもあまりガッカリすることはなく、
むしろウレシイくらいだった。

最初はツボ足でスタートするものの、雪の量が多く猫岩付近でアイゼンを装着。
黙々と歩いているとあっという間に黒檜山に到着。

この日は麓よりも山の中の方が風が弱く、
樹林帯のためか稜線も開けたところ以外は、駐車場では想像できないほど穏やか。

そして、何よりも稜線は樹氷が美しかった。
黒檜山~駒ヶ岳間は樹氷の林や森の中のトンネルを歩いているような感じで、
駒ヶ岳を過ぎてからは美しい雪庇や吹き溜まりの造形を楽しむことができた。

稜線を外れ、大洞登山口まで降りてくると徐々に再び風が強まり、
駐車場まで戻ってくるとこの辺りが一番強風で、アスファルトの上を粉雪が蛇のように這っている。

最後まで青空は拝むことはできなかったけど、
雪と戯れることはできたのでまぁよかったのかな。

帰りのクルマからは榛名山は青い空の元キレイに稜線が見えていたので、
北関東の山の天気は、太平洋側と日本海側の境目付近のためか難しいですね…。


【komemame】
ピーカンの中でたっぷりの雪とたわむれたい~♪、と向かった赤城山。
ところが!朝登山口へ向かう車の窓からみえるのは、ものすごい勢いで流れていく雲。
風で吹き飛ばされた雪が道を這うようにうごめいていて、
周りの木々も風でぶんぶん頭を振っている…
登山口ちかくの駐車場に着いたものの、当初の「♪」な気分はどこかへ吹き飛んで、
「どっか天気のいいとこ行きたい、もしくは帰りたい」と、テンションは↓↓↓。

しばらく車の中で、山頂あたりを吹き上げる白い雪煙を眺めては、
うとうと眠ったりと繰り返していたら、あたりはすっかり陽がのぼり、明るくなってきた。
いつの間にか、まわりに車が増えていて、登山口に向かう人もちらほら。

風はやむ気配はないけれど、、
「ここまで来たらね、行かないとね…」
「きょうは大して歩くコースじゃないしね」
と自分に言い聞かせ、衰えることのない風の中、ゴーグル+バラクラバ+オーバー手袋という、
いつもなら風の強い稜線でする格好で、車を飛び出した。
(そういえば風による寒さで、ストックは凍りつき、伸ばせなかった…)

歩き出してみると、意外にも風は気にならないほどで、
登山口はほとんど風がないくらい。
最初からけっこうな急登をうんしょうんしょとのぼって、半分くらい来たかなぁ~と思ったら、
「黒檜山0.1km」の文字。あっという間に山頂。
こんなへなちょこな私でも物足りないぞ!ということで、
すぐさま駒ヶ岳へ向かう。
駒ヶ岳への道は、たっぷりの雪と樹氷で、しんしんと静かな雰囲気。
デコレーションケーキみたいな雪を「きれいだねー」といいつつ、
ストックで突いたりしながら(笑)歩いていたら、あっけなく駒ヶ岳山頂へ。
山頂は平べったいところで、かなり地味な感じ。
本当は天気がよければすばらしい場所なんだろうけど。。
という訳で、これ以上の天気を望めそうもないため、この日はこれにて下山。

最初は強風でどうなるかと思ったけど、結果的には
たっぷりの雪を満喫できた♪赤城山でした。
それにしても山頂は穏やか、なのに登山口の方は強風ってはじめての経験。
こんなこともあるんだなぁ。


【memo】
08:25 おのこ駐車場
08:40 黒檜山登山口
08:55 猫岩 09:05
09:53 駒ヶ岳分岐
09:57 黒檜山 10:00
10:10 ビューポイント
10:19 黒檜山
10:22 駒ヶ岳分岐
10:58 駒ヶ岳 11:00
11:51 大洞登山口
11:54 おのこ駐車場
[PR]
by ighana | 2013-01-20 00:03 | 山登りのこと