Komemame Diary

2013.01.12 Sat - 01.13 Sun(2)

西穂高岳へ。
a0148606_19143074.jpg

※今回、写真を大きめに仕上げているのでクリックで拡大

5時起床。外を覗くと昨晩の降雪で10~20cm程雪が積もっていたが、天気は良さそう。
朝ゴハンだ出発の準備だとウダウダしていると出発が7時過ぎに。



【2日目】
西穂山荘〜西穂独標〜ピラミッドピーク〜西穂高岳〜ピラミッドピーク〜西穂独標〜西穂山荘〜ロープウェイ西穂高口



 
 
※写真クリックで拡大

おはようございます 黎明の空
a0148606_19193646.jpg


丸山もうっすらオレンジ色に染まる
a0148606_19194655.jpg


丸山の途中で日の出を迎える 世界が生まれた
a0148606_19195658.jpg


朝の光が斜面を染め上げる 一番奥が西穂 手前にピラミッドピーク 黒い岩稜が独標
a0148606_1920964.jpg


霞沢岳と朝焼け
a0148606_19272582.jpg


美しいオレンジの山肌
a0148606_19281651.jpg


太陽に浮かび上がる八ヶ岳のシルエット
a0148606_19292189.jpg


前穂高岳
a0148606_19332321.jpg


西側を見ると笠ヶ岳 穂高の稜線が山腹に写り込んでいる
a0148606_19334647.jpg


独標に到着 バックに笠ヶ岳
a0148606_19341075.jpg


紺碧の空とその下にこれから向かう雪稜
a0148606_19343337.jpg


振り返って焼岳とその向こうに乗鞍
a0148606_19345361.jpg


山肌のうねりが美し過ぎる
a0148606_19352379.jpg


雪煙舞う前穂高
a0148606_193632.jpg


ピラミッドピーク
a0148606_19365629.jpg


西穂高岳
a0148606_19371944.jpg


独標の先のピークから独標を望む
a0148606_1938072.jpg


ピラミッドピークに到着 背後に雪煙舞う西穂高岳の勇姿
a0148606_19382669.jpg


西側にはずっと笠ヶ岳が見守ってくれていた
a0148606_19385498.jpg


西穂高岳山頂到着
a0148606_19391364.jpg


ジャンダルムと奥穂へ続く雪稜
a0148606_064673.jpg

a0148606_07758.jpg


奥穂高とその奥に北穂
a0148606_095197.jpg


前穂高岳
a0148606_081494.jpg


そして槍ヶ岳
a0148606_084895.jpg

a0148606_092197.jpg


美しい吊り尾根
a0148606_0102157.jpg


白山もくっきり
a0148606_0121154.jpg


八ヶ岳と南アルプス 南アの奥に富士山
a0148606_0123912.jpg


左から黒部五郎 薬師 鷲羽 水晶 野口五郎
a0148606_01324.jpg


槍と裏銀座 素晴らしい!
a0148606_0133118.jpg


しつこく笠ヶ岳 日も登り山肌もキレイに見えるように
a0148606_014462.jpg


登ってきた稜線を振り返る 一番奥が独標 そしてピラミッドピーク
a0148606_0154663.jpg


稜線から上にティルトするとこんな絶景が
a0148606_0162068.jpg


さて絶景を眺めながら戻ります
a0148606_0164498.jpg


美しいナイフリッジ
a0148606_017023.jpg


ピラミッドピークまで戻ってきた 左が西穂 奥が奥穂
a0148606_017161.jpg


雪煙舞う吊り尾根 見納め
a0148606_018295.jpg


こちらは前穂の見納め
a0148606_0182994.jpg


富士山と南アルプス 眼下に梓川
a0148606_0191558.jpg


編笠山~蓼科山まで八ヶ岳全部のせ
a0148606_020591.jpg


岩稜帯の向こうは鷲羽と水晶岳
a0148606_022432.jpg


独標の1つ先のピーク 左に独標が見える 登り時、真ん中の吹き溜まりは
新雪の状態で信州側に足場をつくる際はかなりの緊張感を強いられた
a0148606_0243980.jpg


独標まで戻ってきました ロープを出して訓練でもしていたのだろうか
a0148606_0251198.jpg


焼岳からは噴煙が出ている
a0148606_0253586.jpg


丸山まで戻ってきました
a0148606_0254826.jpg


白山はこの辺りからが一番キレイに見えた
a0148606_026314.jpg


ミニチュアの西穂山荘とテン場
a0148606_0261776.jpg


マイテントに到着 少し休憩をして撤収開始
a0148606_027323.jpg


さよなら西穂山荘 さよなら巨大雪だるまクン
a0148606_0271761.jpg


さよなら焼岳&乗鞍 今回はずっとありがとう
a0148606_027329.jpg


樹林帯から笠ヶ岳
a0148606_0274463.jpg


さよなら西穂高岳
a0148606_028762.jpg


風は強かったけど良い天気に感謝です
a0148606_0284757.jpg


笠ヶ岳 最後の最後まで見守ってくれてありがとう
a0148606_0291669.jpg



グズったわりには、出発がちょうど日の出の時間を迎えることができ、
世界がオレンジに染まる瞬間に立ち会うことができた。
この日は風が強く、テン場からすぐの急登で目出し帽を装着する必要があった。
この分だと独標から先は難しいかなぁ、とちょっと心配しながら登る。
独標までは好天の三連休だけに人が多い。独標直下の岩稜帯では少し渋滞気味に。

独標から先に進む人は極端に減り、前に歩いているパーティは2~3組ほど。
このパーティもピラミッドピーク手前までに追い抜いて先頭に。
トレースは、らしきものがうっすらあるもが前日の降雪と強風で消えているところも多く、
少しルーファイに苦労するところも。また緊張感を強いられる箇所も多数あり、登り甲斐がある。
ピラミッドピークの次のピークで本来巻くべきところを直登してしまい戻っている間に、
かなりの健脚な方が先に進み2番手で西穂高山頂に到着。

この日は風は強かったけどホントに絶好のコンディションで
360度の大絶景が待っていてくれてました。
目の前の北側には奥穂とその先に北穂、吊り尾根を挟んで前穂。北穂の先には槍。
槍の先に視線を移すと黒部五郎、鷲羽、水晶など真っ白な裏銀座の名峰たち。
東側には八ツと南ア、富士山。西側はずっと見守ってくれていた笠、南側もずっと焼岳と乗鞍が。

狭い山頂にぞくぞくと登頂者が現れるので、10分程度で写真を撮りまくって下山開始。
下山もまったく気が抜けず慎重に歩を進め、独標を過ぎてようやく一息。あとは気楽に下るだけ。

このルートは登攀的要素が強いので、精神的な疲労に比べて歩いている距離は短く、
あっという間に西穂山荘のテン場まで到着です。

前回は年を跨いでいたので、正確には今回が2013年初始動。
充実した山行でスタートすることができた。

ちょうどこの日は、相方のkomemameは単独で丹沢に登っているとのこと。
同じ日に別々の山にいるのは初めてで何だか変な感じですが、
今年も楽しく、安全に、そしてチャレンジできる山登りができればと思ってます。

【memo】
07:05 西穂山荘
07:57 西穂高岳独標 08:00
08:25 ピラミッドピーク 08:27
09:04 西穂高岳 09:14
09:44 ピラミッドピーク 09:46
10:01 西穂高岳独標
10:21 西穂丸山
10:30 西穂山荘(休憩・撤収) 12:01
12:45 ロープウェイ西穂口
[PR]
by ighana | 2013-01-13 19:04 | 単独登山(danyama)