Komemame Diary

2012.12.31 Mon - 2013.01.02 Wed (2)

仙丈ヶ岳へ。
a0148606_1645624.jpg

元旦の朝はお餅と鶏肉とほうれん草の雑煮をつくることからスタート。
冬のテン泊は暗いうちから動く気がしないのと準備や何やかやでちょっと遅めの出発に。

【2日目】
1800m付近幕営地〜北沢峠〜仙丈ヶ岳〜北沢峠〜1800m付近幕営地



 
 
明けましておめでとうございます 仙丈ヶ岳に向けて出発です
a0148606_1655070.jpg


青空で新年を迎えることができた
a0148606_166687.jpg


北沢峠到着 長衛荘のツララも光を受けて輝く
a0148606_1662628.jpg


カメラを落下させてしまい最後の写真はピンボケ
a0148606_1664318.jpg


komemameのコンデジを奪い取り、気を取り直して北沢峠をスタート
a0148606_16721100.jpg


雪は深いけど年末年始で入山者が多くトレースはしっかり
a0148606_168034.jpg


いい天気! 樹氷もキレイ
a0148606_1681914.jpg


大滝ノ頭五合目を過ぎてしばらく登り振り返るとズドーンと甲斐駒
a0148606_168482.jpg


甲斐駒をバックに急登るkomemame
a0148606_169373.jpg


いよいよ森林限界を越える 風が強い
a0148606_1692468.jpg


振り返って甲斐駒と鋸岳
a0148606_1694111.jpg


森林限界から小仙丈までが一番ツラかった
a0148606_16104234.jpg


甲斐駒と鋸をバックに小仙丈を目指す
a0148606_1611448.jpg


あと少し!
a0148606_1611203.jpg


甲斐駒方面は青空基調
a0148606_16114510.jpg


ガスで眺望がないタイミングで小仙丈ヶ岳到着
a0148606_1612853.jpg


仙丈ヶ岳までの雪稜 ガスが多い
a0148606_16123916.jpg


小仙丈ヶ岳を過ぎると風もだいぶ弱まった
a0148606_16132057.jpg


雪稜を進むkomemame
a0148606_16133925.jpg


美し過ぎる雪稜 強風で雪が舞っている
a0148606_16155893.jpg


小仙丈沢カール
a0148606_16164265.jpg


ガスのために稜線は幻想的な感じに
a0148606_1617157.jpg


仙丈ヶ岳より1つ手前のピークからは頂上標が見えた
a0148606_16173739.jpg


山頂直下まで来るとでみるみる青空が広がってきた
a0148606_16181629.jpg


仙丈ヶ岳到着 運良く貸切
a0148606_16183366.jpg


山頂までの稜線を振り返る
a0148606_16185614.jpg


大仙丈から仙塩尾根方面
a0148606_16191549.jpg


ナイフリッジが美しい
a0148606_1645624.jpg


さて青空の元、下山です
a0148606_16201276.jpg


甲斐駒の後ろに八ヶ岳の姿も見えるように
a0148606_16205014.jpg


薮沢カールと稜線
a0148606_16211495.jpg


甲斐駒に向かって下りていく感じ
a0148606_16214699.jpg


富士山も姿を現し始めた!
a0148606_9281855.jpg


北岳と間ノ岳
a0148606_9265682.jpg


富士山と北岳 日本の標高ナンバー1とナンバー2
a0148606_16242383.jpg


富士山アップで
a0148606_16245461.jpg


鋸岳
a0148606_16251333.jpg


小仙丈沢カール 登りよりもガスが晴れてキレイなくぼみが見えた
a0148606_16253433.jpg


アサヨ峰
a0148606_1626258.jpg


鳳凰三山
a0148606_1626297.jpg


奥秩父
a0148606_16265056.jpg


富士山は何度も撮ってしまいます
a0148606_16271516.jpg


南ア南部方面
a0148606_16274035.jpg


伊那の街
a0148606_1628034.jpg


幕営地まで戻る 明日は下りるだけ
a0148606_16281536.jpg



【danyama】
長衛荘に到着しトイレを借りた際にカメラを落下、痛恨のレンズ損傷。
以降komemameのコンデジでの撮影となる。

大滝ノ頭五合目でアイゼンと目出し帽を準備し、森林限界上に備える。
程なく森林限界を越えるが、越えた途端、冷たい強風が吹き付ける。視界もあまり芳しくない。
長野側から風が冷たく右頬がピリピリする。これは凍傷になっちゃうと思い、
バラクラバを完全装着するために、サングラスからゴーグルへ変更。
とにかくまずは小仙丈ヶ岳までたどり着き、その先を目指すか引き返すかを考えることとする。
小仙丈に着くと風は弱まり、ガスの隙間から仙丈ヶ岳方面に美しい雪稜が続いているのが見える。
その瞬間、引き返すという選択肢はアタマの中から消え去った。

仙丈ヶ岳直下の最後の登りでいきなり青空が広がり始め大興奮。
そして山頂は運良くひとり占めに。
白峰三山の頂上付近は雲に覆われていたが、その奥には富士山の姿が現われた。
甲斐駒から鋸岳へ続く稜線とその奥に八ヶ岳に奥秩父とひと通り眺望を堪能することができた。
そして最後に、もう一度小仙丈から眺める仙丈ヶ岳とカールの美しい姿を目に焼きつけ下山。

この日の夜は再び風が強まっていたけど、明日は下山するだけなので気がラク。
キムチ鍋を堪能しホットワインで締めて眠りに就いた。


【komemame】
2日目、肝心の登頂はというと、、、私は小仙丈ヶ岳までで引き返した。

稜線上に出る前に、先行者の方から「上はすごい風。気をつけて」とか、
「強風すぎて、怖くて下りてきた」とか聞いて、
「こりゃ私は行けないかもな~」と弱気になったけど、
実際に稜線に出てみると、危険を感じるほどでもない。
「あれ、大丈夫かも!?」
どちらかというと、風が冷たすぎて「ほっぺが凍傷になっちゃいそう」な心配の方が。
バラクラバを目の下ギリギリまで引き上げて、気合いを入れ直し山頂を目指す。

しかし、ようやく小仙丈ヶ岳に辿り着き、その先に見える仙丈ヶ岳への
まだまだ長く険しい道のりを見て、ドッと疲れが吹き出してしまった。
danyamaから「やめとく?」と聞かれて、「行く!」としばらく先を進んだのだけど、
太ももはズシンズシンと重くなるばかり。
ここで、danyamaひとりで行ってもらい、私は撤退を決意。戻ることに。


【memo】
07:25 幕営地(1800m付近)
08:08 北沢峠 08:25
10:01 大滝ノ頭五合目(アイゼンや目出し帽など森林限界上への準備)10:16
11:14 小仙丈ヶ岳 11:21
12:41 仙丈ヶ岳12:50
13:40 小仙丈ヶ岳 13:46
14:07 大滝ノ頭五合目
14:53 北沢峠 15:06
15:32 幕営地(1800m付近)
[PR]
by ighana | 2013-01-01 16:02 | 山登りのこと