Komemame Diary

2012.12.16 Sun

八ヶ岳(赤岳~横岳~硫黄岳周回)へ。
a0148606_14374454.jpg

日曜日の八ヶ岳は好天の予報。しかし笹子トンネル事故の影響がネック。でも雪山行きたい。
ということで上信越道の佐久経由で稲子湯からラッセル覚悟の硫黄岳を考えていたけど、
直前に今回は単独になったため、
急遽予定を変更して渋滞覚悟で美濃戸からの赤岳~横岳~硫黄岳の周回をすることに。



 
 
美濃戸口から美濃戸への林道 まだ12月にも関わらずこんなに雪がある
a0148606_143976.jpg


南沢から行者小屋に向かう
a0148606_14394432.jpg


標高を上げるにつれて雪が増え歩きやすく
a0148606_14403898.jpg


小同心が見えるこの辺りまでくると行者小屋まであと少し
a0148606_14414816.jpg


やはり雪が多い
a0148606_14424151.jpg


正面には横岳
a0148606_14425433.jpg


行者小屋に到着 赤岳をパチリ
a0148606_14431832.jpg


行者小屋から阿弥陀岳 雪煙が舞っている 本日稜線は風が強そう
a0148606_1443361.jpg


行者小屋から中岳
a0148606_144401.jpg


行者小屋から横岳
a0148606_14441471.jpg


さて文三郎尾根から赤岳へ向かいます 雪質は悪くない
a0148606_14445576.jpg


文三郎尾根の途中から左を見ると横岳
a0148606_1445683.jpg


そして硫黄岳 今日はあそこまで行きます
a0148606_14452784.jpg


右側を見ると中岳 カッチョいい稜線ライン
a0148606_14455140.jpg


そして阿弥陀 相変わらずカッコいい
でも中岳沢は危険な香りをまき散らしていました
a0148606_1446211.jpg


樹氷の向こうに赤岳
a0148606_14463799.jpg


もう少し登ると稜線の向こうに南アの姿が
a0148606_14465264.jpg


振り向くと北アルプス
a0148606_14471434.jpg


中岳と阿弥陀 稜線を境に白と黒のコントラスト
a0148606_14473579.jpg


中岳分岐まであと少し 去年はこんなしっかりしたクサリは無かったような…
a0148606_14475452.jpg


中岳分岐に到着 稜線に乗ったとたん強風が吹き付ける
a0148606_14481254.jpg


手前に権現→ギボシと奥に北岳→甲斐駒→仙丈
a0148606_14483479.jpg


中岳分岐から岩陰に入るまではいつも強風に曝される
雪と氷の礫が吹き付け顔が痛い
a0148606_1449760.jpg


雪と岩の世界
a0148606_14492179.jpg


珊瑚のような雪
a0148606_14494315.jpg


見ようによっては水中のよう
a0148606_1450660.jpg

a0148606_1450151.jpg


ギボシ~権現~三ツ頭
a0148606_14504129.jpg


赤岳山頂直下でズドーンと富士山
a0148606_14505195.jpg


真教寺尾根と県界尾根が仲良く並ぶ
a0148606_14511841.jpg


赤岳山頂到着
a0148606_14513010.jpg


横岳~硫黄岳~東西・天狗岳


手前に阿弥陀岳 奥に乗鞍と北ア
a0148606_14533845.jpg


赤岳から阿弥陀と中岳
a0148606_14573965.jpg


キレットから権現続く稜線
a0148606_15046.jpg


これから向かう硫黄岳までの稜線 赤岳からの急斜面の途中より
a0148606_15050100.jpg


赤岳天望荘
a0148606_1511947.jpg


お地蔵さん ちょっと気持ち悪い
a0148606_1515198.jpg

a0148606_1521077.jpg


振り返って赤岳
a0148606_1524997.jpg


日ノ岳のトラバースとその先のルンゼ
a0148606_1532532.jpg


ルンゼを登る
a0148606_154255.jpg


ルンゼを振り返って
やはりここは下りではあまり使いたくない感じ
a0148606_1543589.jpg


日ノ岳から赤岳と手前に二十三夜峰
a0148606_155191.jpg


鉾岳は西側に周り込む
a0148606_1555934.jpg


クサリに沿って下り岩の裏側をトラーバスする
a0148606_1565538.jpg


この辺りもちょっとイヤな感じ
a0148606_1571562.jpg


クサリは出ているところと埋まってるところが半々くらい
a0148606_1573880.jpg


石尊峰
a0148606_158552.jpg


石尊峰から三叉峰
a0148606_1582826.jpg


石尊峰から奥ノ院
a0148606_159557.jpg


三叉峰到着
a0148606_159273.jpg


杣添尾根
a0148606_1595050.jpg


横岳奥ノ院 露出失敗でヘンな写真に
a0148606_151094.jpg


奥ノ院より小同心 よく見るとクライマーがてっぺんに
a0148606_151055100.jpg


赤岳~中岳~阿弥陀 奥に権現・ギボシ さらに奥に南ア
a0148606_15112764.jpg


北アルプス全部
a0148606_15115629.jpg


乗鞍
a0148606_15122526.jpg


御嶽
a0148606_15134082.jpg


中ア
a0148606_1514075.jpg


富士山
a0148606_15142248.jpg


金峰
a0148606_15145228.jpg


奥ノ院を過ぎるとすぐにハシゴとクサリ
a0148606_15151597.jpg


大同心と峰の松目
a0148606_15154479.jpg


カニの横ばいから見下ろす
a0148606_15161043.jpg


台座ノ頭 この辺りからは強風地帯
a0148606_15163393.jpg


硫黄岳が大きくなってきた
a0148606_151703.jpg


硫黄岳山荘到着
a0148606_15171414.jpg


硫黄岳までの最後の登り
a0148606_15172871.jpg


大きなケルンを目印に
a0148606_15174978.jpg


硫黄岳山頂到着
a0148606_1518163.jpg


天狗と後ろに蓼科山
a0148606_15183287.jpg


硫黄岳から北アルプス これで見納め
a0148606_15185433.jpg


阿弥陀と赤岳
a0148606_1519930.jpg


赤岳〜横岳の歩いてきた稜線
a0148606_15194195.jpg


横岳〜硫黄岳の歩いてきた稜線
a0148606_15201274.jpg


お決まりの爆裂火口
a0148606_152026100.jpg


浅間山
a0148606_15204516.jpg


戸隠連峰
a0148606_15221893.jpg


赤岩の頭
a0148606_15222954.jpg


赤岩の頭から見納めの阿弥陀と赤岳
a0148606_15224493.jpg


赤岳と横岳も見納め
a0148606_1523284.jpg


IWOもさよなら
a0148606_15232370.jpg


赤岳鉱泉のアイスキャンディー
a0148606_1523415.jpg


北沢ルートは堰堤広場を過ぎても雪たっぷり
a0148606_15241027.jpg


最後のツラい林道歩きを終えて美濃戸口に到着 ピンボケでお疲れさまでした
a0148606_1524338.jpg




中央道の下りは時間が時間だけに、大月~勝沼の下道のストレスはほとんどなし。
美濃戸口に着くと予想よりもクルマが多くてビックリ。雪も多い。

美濃戸口~美濃戸間はこの時期すでに雪をかぶり、轍が雪で埋まっている。
「クルマでも行けたなぁ」とちょっと悔しく思いながら歩き、美濃戸山荘に到着。

赤→硫黄か硫黄→赤のどっち周りにするか迷ったけど、
北沢の方がラクというイメージがあるため、
元気なうちにシンドい方を済ましておこうということで赤→硫黄で登ることに。

南沢を歩き行者小屋に到着すると阿弥陀岳の山頂付近には雪煙が舞っていて風が強そう。
アイゼン・ピッケル&目出し帽、グローブと完全雪山装備となり文三郎尾根に向かって出発。
中岳分岐まで来ると、予想通りいきなり強風に曝される。
風の強さは、時おりヨロっと煽られるくらいで冬の八ヶ岳では当たり前レベル。
雪と氷の欠片が飛んで来て顔が痛い。

しかし前回の八ヶ岳に引き続き、これ以上望めないような好天と、
既に厳冬期の雰囲気を醸し出してる山頂までの岩肌がたまりません。

赤岳山頂で軽くゴハンを食べて横岳に向かう。
天望荘までは数名の登山者が見られたけど、
地蔵の頭から硫黄岳までは誰とも会わずに貸切。
クルマは多かったので不思議。

横岳の難所は雪の状態も悪くなく適度な緊張感を持って通過することができ、
台座ノ頭付近から硫黄岳までは再び強風の中。
疲れたカラダにこの風が堪えるけど、
危険箇所はなくこの辺りの荒涼とした雰囲気を味わいながら歩く。

硫黄岳の山頂からは本日歩いてきた赤岳からの稜線を目でしっかり辿り、
最後に写真を撮りまくってから樹林帯へ下る。

稜線上はほとんど人もおらず、天気とコンディションにも恵まれて、
充実感たっぷりの山行となりました。

【memo】
06:00 美濃戸口
06:47 美濃戸山荘
08:37 行者小屋(休憩・アイゼン/ピッケル装着) 09:01
09:59 文三郎尾根分岐
10:28 赤岳山頂(休憩・食事) 10:41
10:58 赤岳天望荘
11:02 地蔵ノ頭
11:53 三叉峰
12:07 横岳(奥ノ院) 12:10
12:39 硫黄岳山荘
13:08 硫黄岳山頂 13:12
13:23 赤岩の頭
14:05 赤岳鉱泉(昼食) 14:24
14:54 堰堤広場
15:20 美濃戸山荘
15:58 美濃戸口
[PR]
by ighana | 2012-12-16 14:23 | 単独登山(danyama)