Komemame Diary

2012.11.10 Sat

大天井岳(ラッセル及ばず無念の敗退)
a0148606_2123893.jpg

槍穂高が冠雪したとのことで、それを間近で見たいなぁと思い三股から常念~蝶を考えるが、
事前に安曇野市のサイトを確認すると烏川林道が落石で緊急閉鎖との情報。

でも槍穂を眺めながら表銀座を歩きたい!ということで中房温泉からの大天井岳はどうだろう?
距離が長いのが気になるが、まだ雪も本格的には積もっていないだろうということで、
今週も単独でめざすことに。



 
 
さあスタート 朝日を浴びて雲もオレンジに
a0148606_2134196.jpg


木々の間からモルゲン
a0148606_2135018.jpg


白い稜線が見え始めテンションアップ!
a0148606_2141612.jpg


第二ベンチを過ぎると雪が付き始める
a0148606_2143028.jpg


行きはツルツル 帰りはグチャグチャ系
a0148606_2144531.jpg


富士見ベンチから富士山 キレイに見える
a0148606_2145830.jpg


白く染まった稜線に大興奮 目指す大天井と左側は常念
a0148606_2151436.jpg


合戦小屋到着
a0148606_2152921.jpg


合戦沢ノ頭手前から大槍と小槍が見え始める
a0148606_2154268.jpg


富士山 八ッと南アもキレイに見える 甲斐駒 北岳 赤岳もバッチリ尖ってる
a0148606_2154972.jpg


燕山荘が見えてきた
a0148606_216489.jpg


燕岳も見えてきた
a0148606_2162473.jpg


この日は素晴らしい雲海を見ることができた
a0148606_2163810.jpg



a0148606_217399.jpg


笑っちゃうくらい雪山でした
a0148606_21719100.jpg


もう一度雲海をパチリ すばらしい!
a0148606_2173592.jpg


いい天気! 槍と大天井
a0148606_2175280.jpg


燕岳もだいぶ近くに
a0148606_218998.jpg


燕山荘まであと少し
a0148606_2183693.jpg


燕山荘までで唯一のクサリ場 もっと雪が増えるとここではなく尾根ルートとなる
a0148606_2184894.jpg


横通岳 常念 前常念
a0148606_2110123.jpg


槍 穂高 大天井真っ白!
a0148606_21102958.jpg


燕山荘到着
a0148606_21104423.jpg


燕は写真だけ撮ってパス
a0148606_2111843.jpg


さて これから楽しい稜線歩き
a0148606_21114781.jpg


振り返ってもう一度燕 ちょっと離れた方がどっしりボリュームがあるように撮れる
a0148606_2112458.jpg


けっこう積もってるなぁ
a0148606_21121996.jpg


表銀座からの富士山
a0148606_21123715.jpg


最高に気持ちいい!
a0148606_21125217.jpg


槍に向かって進んで行く 蛙岩が近づいてきた
a0148606_2123893.jpg


蛙岩到着
a0148606_2231487.jpg


蛙岩は冬道の岩のトンネルをくぐる
a0148606_22313479.jpg


蛙岩を過ぎると何とトレース無し あるのは動物トレースだけ
a0148606_22314559.jpg


どんどん槍が近づいてくる
a0148606_2232013.jpg


目指す大天井 まだまだ遠いなぁ
a0148606_22322875.jpg


この辺りからプチラッセル 純白の雪面にズブリズブリ
a0148606_22325490.jpg


でも大天井までたどり着けるかなぁ
a0148606_22331252.jpg


ちょっとクラストしているのがとてもキレイ
a0148606_2233317.jpg


北穂~奥穂~前穂
a0148606_22334839.jpg


大下りの頭から大天井岳ドーン
a0148606_22341311.jpg


大下りの頭から槍ドーン
a0148606_22341990.jpg


大下りからの登り返しからはラッセル
a0148606_22345326.jpg


こんな感じが続く…キツいなぁ~
a0148606_22423364.jpg


近そうで遠い大天井
a0148606_2243646.jpg


東に目を向けると双六!三俣蓮華!
a0148606_22443591.jpg


鷲羽!
a0148606_22463854.jpg


水晶!
a0148606_1826055.jpg


野口五郎!
a0148606_22454380.jpg


うはっ 前に進まん
a0148606_22471318.jpg


この辺りからペースがガタ落ち
a0148606_224729100.jpg


休憩がてら写真ばかり撮ってしまう
a0148606_2248914.jpg


北鎌尾根も大迫力
a0148606_2249542.jpg


この辺りは風の通り道。雪も飛んでいる
a0148606_882747.jpg


2699ピークでタイムアップ
a0148606_22502288.jpg


悔しいから紅茶で大天井に乾杯
a0148606_22505644.jpg


槍にも乾杯 う~ん悔しい 実力不足だす
a0148606_22511969.jpg


さよなら槍さん
a0148606_22513580.jpg


燕山荘に向かって引き返す
a0148606_22514237.jpg


もう一度最後に北鎌尾根をパチリ
a0148606_22515850.jpg


一番奥に笠ヶ岳も見えた!
a0148606_22521646.jpg


自分トレースをたどって戻る
a0148606_22523463.jpg

a0148606_22525449.jpg


大下りは雪が少なかったけどヘトヘトのカラダにはこの登り返しがキツイ
a0148606_22533542.jpg


3Dシュカブラ
a0148606_22535486.jpg


笠ヶ岳が見えるとすごくうれしい なぜだろう
a0148606_22541259.jpg


蛙岩まで戻ってきた
a0148606_22543886.jpg


燕山荘まであと少し
a0148606_2255067.jpg


午後になって雲が出てきた 雲が立体的でカッコいい
a0148606_2255282.jpg


でもなぜか表銀座のみはずぅーっとお日様の下だった
a0148606_22553819.jpg


槍は雲の中に入ってしまった
a0148606_225634.jpg


合戦沢ノ頭まで戻ると再び現われた槍の姿に最後のあいさつ また来まーす
a0148606_2257889.jpg



6時過ぎに中房温泉をスタート。
久々の完全雪山装備が詰まったザックと冬靴で背中も足元もズッシリ。
でも日が昇り始めると付近の山々が朱く染まり出し、
今日の晴天が約束されたような気になり、心も軽い。

第三ベンチ付近から雪が付き始め、登山道は凍結してツルツル。通過に難儀する。
しかし枯れ落ちた木の間から青い空がひらけ真っ白に染まった常念山脈が見えた瞬間には大興奮。
そして合戦小屋から上は、笑ってしまうくらい完全な雪山の様相に。
合戦小屋を過ぎ、合戦沢ノ頭手前で真っ青な空の元、白くなった大槍と小槍がお出迎え。
その隣には目指す大天井の姿が。ここが合戦尾根で一番盛り上がる箇所。

登山口からおよそ2時間45分で燕山荘に到着。まだ時間はたっぷりある。
燕岳には申し訳ないけど、もう何回も登ってるので今回は写真だけ撮ってパスし、
すぐに表銀座縦走コースに向かう。ここからは展望最高の稜線歩き。

前方には槍・大天井・常念。右手には双六・三俣蓮華・鷲羽・水晶がずっと見えている。
大天井に近づくと角度によって北穂・奥穂・前穂。さらに笠がチラリと見える。
風もほとんど無しで何も言うこと無し。ホント来てよかったぁ。

しかし、稜線は予想以上に積雪量が多い。蛙岩まではトレースがあったが、
雪が多いところでは少しトレースを外すと膝上くらいまでズッポリ。

蛙岩の冬期ルートの岩穴を抜けると予想外の展開が待っていた。
トンネルを抜けるとそこはまだ誰も歩いていない純白の雪面が広がっていた。
ここからラッセルの始まり。目指す大天井はまだまだ遥か向こうなのに…。

大下りの頭まではプチラッセルで済んだが、下りきった辺りから膝上ラッセルの箇所が増えてくる。
そんな中、小さいピークを越えるたびにアップダウンを繰り返すので、
息はゼェゼェ、足が止まっている時間もだんだん長くなり、
時間がどんどん過ぎる割にはまったく思うように進まない。

日が短くなっているので12時を目処に折り返す必要がある。
大天井まで登って今日は燕山荘で泊まっちゃおう、という考えが一瞬アタマをよぎるが、
やっぱりそれはルール違反。2699ピークで撤退を決意。でも悔しい。
だいぶ近くになった槍と近そうで遠い大天井を見ながらこの日初めての休憩をとる。
あ~悔しい。

行きのラッセルでだいぶ体力を使ってしまっていて、
帰りは自分トレースを辿ることができるのにシンドクてしかたない。
もし突っ込んでいたら到底明るいうちに燕山荘にもたどり着けなかっただろう。
シンドイけど最高の景色を楽しみながらゆっくりゆっくり引き返す。
燕山荘まで戻って簡単に昼食をとり、槍にお別れの挨拶して下山開始。
登山口に戻る頃にはクタクタ。
それにしても絶好の天気だっただけに悔しい…。でも実力不足でした。

今シーズン初雪山がいきなりのトップギアの山行に。
久々のピッケルを使っての山歩きと、
ラッセルのため夏山では使わない足の筋肉を酷使したせいか翌日から腿と腕がひどい筋肉痛に。
でもそれがちょっと心地よかったりします。

いよいよ雪山シーズンインです!

【memo】
06:09 第一駐車場
06:15 登山口 06:17
06:39 第一ベンチ
06:57 第二ベンチ
07:18 第三ベンチ
07:44 富士見ベンチ
08:08 合戦小屋
08:25 合戦沢ノ頭
09:00 燕山荘 09:05
09:40 蛙岩
10:14 大下りの頭
11:28 2699ピーク(ここで撤退決定/休憩) 11:45
12:52 大下りの頭
13:20 蛙岩
14:10 燕山荘(昼食) 14:20
14:43 合戦沢ノ頭
14:51 合戦小屋 15:02
15:15 富士見ベンチ
15:33 第三ベンチ
15:53 第二ベンチ
16:09 第一ベンチ
16:28 登山口 16:35
16:41 第一駐車場
[PR]
by ighana | 2012-11-10 20:40 | 単独登山(danyama)