Komemame Diary

2012.10.27 Sat

紅葉の平ヶ岳へ
a0148606_20315590.jpg

a0148606_21522522.jpg

komemameは休養が必要とのことで、久々の単独日帰りで。
単独なら歩き応えのある山がいい、ということで先週の燧ヶ岳から見えていた平ヶ岳を計画。
まだ紅葉も楽しめそう。



 
 
寝坊のため歩き始めから明るい あれは鷹ノ巣山
a0148606_21453827.jpg


下台倉山までが紅葉の真っ盛り
a0148606_2146511.jpg


燃え~
a0148606_21463763.jpg


痩せ尾根も燃え~
a0148606_21465211.jpg


沢も燃え~
a0148606_21471015.jpg


振り返って燃え~
a0148606_2147232.jpg


燃え~っぷりに度肝抜かれた
a0148606_21473872.jpg


下台倉山までは真っ赤に染まるピークをいくつか越えて行く
a0148606_2148194.jpg


台倉山方面
a0148606_21484819.jpg


あの先が下台倉山
a0148606_21491177.jpg


登ってきた尾根
a0148606_21492984.jpg


本尾根に合流
a0148606_21494718.jpg


とにかく色が濃かった
a0148606_21501973.jpg


こんな道を進んで行きます
a0148606_2151364.jpg


紅葉の景色は台倉山まで続く
a0148606_21513855.jpg


木道出現
a0148606_20245261.jpg


んっ?平ヶ岳と池ノ岳が見えた 雲がもくもく
a0148606_20245813.jpg


まだけっこうあるな~
a0148606_20251376.jpg


池ノ岳への最後の登り
a0148606_20253188.jpg


奥只見湖が見える
a0148606_202688.jpg


燧ヶ岳の猫耳は雲の中
a0148606_20262169.jpg


ドーンと平ヶ岳
a0148606_20265176.jpg


池ノ岳(姫池)到着
a0148606_20282218.jpg


ここからは別世界が広がっていた
a0148606_20271279.jpg


雪が付き始めた緩やかな木道を平ヶ岳山頂に向かって進む
a0148606_20285069.jpg


平ヶ岳山頂到着
a0148606_2029130.jpg


池塘はカチカチ
a0148606_20291792.jpg


この先は行き止まり
a0148606_20293770.jpg


麓とはうってかわって冬の景色
a0148606_2030656.jpg


玉子石 風化しているので近づくなとのことです
a0148606_20302935.jpg


山頂湿原は広々していて気持ちがいい
a0148606_20305963.jpg

a0148606_20311234.jpg


個性的な平ヶ岳
a0148606_20313995.jpg


池塘を手前に入れてパチリ
a0148606_20315590.jpg


さて下山です
a0148606_2032123.jpg


おっ! ようやく燧ヶ岳の猫耳が見えた
a0148606_20321869.jpg


台倉山を過ぎて ここまで降りてくると再び紅葉の海に
a0148606_20324532.jpg


日が傾きかけてきた
a0148606_20325765.jpg


紅葉の見え方も朝の印象とは少し違った感じに
a0148606_20331314.jpg


下台倉山を過ぎると再び圧巻の景色が
a0148606_20333131.jpg


赤く染まった木々の間をすり抜けて行く
a0148606_20334559.jpg


足はしんどいけど目は楽しい
a0148606_21522522.jpg


紅葉の中一直線のラインに沿って降りて行く
a0148606_2034419.jpg


赤も黄色も色が濃い
a0148606_2035380.jpg


痩せ尾根をヒーコラ言いながら下山完了
a0148606_20351748.jpg



日も短くなったので、6時には歩き始めたい。すると家を2時頃出る必要がある。
前夜、1:30に目覚ましを合わせて眠りに就く。

なかなか目覚ましが鳴らないなぁとアタマの隅っこで夢現で思いながら寝続けていたが、
イヤな予感がしてハッと目を覚まして時計を見るとなんと4時15分。

うわぁ、やっちゃった~。

「もう今週はもう山はお休みでいいや!」と思う一方で、
「4:30に出て、頑張って運転すれば8時には登り始められるか?」
「8時から登り始めるとCTは往復12時間20分。9時間で往復したとして17時。何とか大丈夫か?」
「遅れて帰りが暗くなったとしても、ピストンで一度通ってる道だからヘッデンで何とか大丈夫か?」
などアタマの中をグルグル駆け巡りながら結局家を出ることに。

平ヶ岳はアプローチが長いというだけあり、予想よりも時間がかかる。
特に国道352号の樹海ラインはウネウネしていて中々距離が稼げない。

しかし、奥只見湖の紅葉が言葉も出ないくらい素晴らしい。
雲海に包まれ、朝日を浴びて輝く紅葉した木々。この世のものとは思えない幻想的な風景。
こんなにドラマッチックな紅葉を見たのは初めて。
「あまりにも素晴らしい瞬間に出会えたのだから、
もう今日は山には登らなくても、この景色を写真に納める方が重要なのかも」と一瞬アタマをよぎるが、
登った方がもっと良い景色に出会えるかもしれないと後ろ髪引かれながら先を急いだ。

目標の8時には間に合わず、鷹ノ巣登山口の駐車場に付いたのは8時20分頃。
予定の2時間半遅れ。すぐに準備して歩き始める。

ウォームアップ区間はほぼ無しで、いきなり急登にとりつくためペースが掴めない。
調子が良いのか悪いのか分からないまま下台倉山に到着。
この日の紅葉は下台倉山までがピーク。凄まじいまでに斜面は赤と黄色に燃えている。

下台倉山から台倉山までは比較的平坦な道のり。
この日は晴れてはいるものの雲も多く燧ヶ岳の猫耳は雲の中。
そして、葉を落とした木々の間から一瞬だけ白い平ヶ岳の姿が見える。
「あっ、やっぱり積もったんだ!」とうれしくなる。

左手に平ヶ岳を見ながら池ノ岳までの最後の急登をヒーコラ言いながら登り切ると、
何ともまぁ素晴らしい湿原が広がっている。しんどい思いが報われる瞬間でした。
金色に輝く草黄葉と凍った池塘。所々に積もった雪。
そして、その先に穏やかでゆったりした山容の雪を纏った平ヶ岳。すごく個性的だなぁ。

ここからは疲れも吹っ飛び元気に景色を楽しみながら山頂に到着。
頂上標より先にも木道が続いていたので、ちょっと散策をして、
「平ヶ岳と言えば玉子石」ということらしいので早速向かうことに。
玉子石もおもしろいけど、玉子石までの山頂湿原を進んで行く道からの景色も負けてはいない。

玉子石でお昼にして、さて下山。
池ノ岳からの下りが濡れた粘土質の斜面が滑りまくって難儀する。
木道も油断をしているとすぐにツルッと。

序盤に足を使ったせいか、下台倉山に到着するころには「疲れた~」という感じに。
最後の痩せ尾根の急登を下り、何とか暗くなる前に下山完了。

帰りは352号のクネクネがイヤだったので、
檜枝岐方面から帰ることにするが西那須野塩原ICまでの距離がとにかく長い…。

紅葉も素晴らしく、下台倉山~池ノ岳までが長くてちょっと飽きるけど、
変化に富んだコースを楽しむことができた。
寝坊したけど諦めずに行って良かった~。

【memo】
08:23 鷹ノ巣駐車場
08:33 平ヶ岳登山口
09:49 下台倉山
10:24 台倉山
10:31 台倉清水
10:59 白沢清水
11:58 池ノ岳(姫池)
12:19 平ヶ岳(湿原散策) 12:26
12:43 池ノ岳(姫池)
12:58 玉子石(昼食) 13:13
13:30 池ノ岳(姫池)
14:10 白沢清水
14:36 台倉清水
14:47 台倉山
15:24 下台倉山
16:40 平ヶ岳登山口
16:50 鷹ノ巣駐車場
[PR]
by ighana | 2012-10-27 21:41 | 単独登山(danyama)