Komemame Diary

2012.10.06 Sat - 10.08 Mon (3)

紅葉の剱岳へ
a0148606_2012051.jpg

4時起床。寒い。なかなかテントから出られず。まずはラーメンを食べて暖まる。
フライシートはファスナーも凍結。おそらく氷点下だったのでは…(ただ単に寒がりなだけ?)
しかし天気は快晴、空気は澄み渡っている。
昨日は全貌を見せてくれなかった剱岳が目の前にくっきりと佇んでいる。
そして、モルゲンロートが始まる。

【3日目】
剱沢〜雷鳥平〜剱御前山〜室堂



 
 
モルゲンロートの剱
a0148606_2013484.jpg


神々しい
a0148606_2014954.jpg


厳しさと美しさが同居した姿
a0148606_20142330.jpg


こんな写真が撮りたかった!
a0148606_20144355.jpg


剱をバックに剱沢を登る
a0148606_2248086.jpg


八ツ峰をメインに
a0148606_22482349.jpg


後ろは白馬
a0148606_22483951.jpg


富山の街と富山湾
a0148606_2248573.jpg


剱御前山からの剱
a0148606_22491439.jpg


最高の天気に恵まれました
a0148606_22494383.jpg


薬師と黒部五郎
a0148606_2250976.jpg


黒部五郎と薬師アップで
a0148606_22511975.jpg


立山(雄山、大汝山、富士の折立)とその奥に槍穂
a0148606_22502780.jpg


槍穂アップで
a0148606_2251465.jpg


雲海の向こうに白山
a0148606_22515976.jpg


真砂岳と大走りも色鮮やか
a0148606_22522971.jpg


雷鳥沢付近鮮やか
a0148606_22525560.jpg


別山乗越を振り返る
a0148606_22532266.jpg


気持ちいい
a0148606_22533648.jpg


赤が濃い
a0148606_22535820.jpg


称名川と奥大日岳方面
a0148606_22542799.jpg


称名川と立山
a0148606_22545462.jpg


浄土山と一の越
a0148606_22551957.jpg


逆光の紅葉も良い
a0148606_22555935.jpg


雷鳥坂の紅葉。素晴らしい
a0148606_22561668.jpg


地獄谷
a0148606_2256362.jpg


これで見納め
a0148606_22565372.jpg


みくりが池と立山
a0148606_2257128.jpg


逆さ立山
a0148606_22573960.jpg


逆さ浄土山
a0148606_2258244.jpg


帰りの立山黒部アルペンルートのロープウェイから。
紅葉の斜面の向こうに鹿島槍ヶ岳と五竜岳
a0148606_22585135.jpg


【danyama】
ゆっくりと撤収して7時前に出発。
美しい紅葉の剱沢を何度も剱の方を振り返りながら歩き、剱御前小舎に到着。
剱御前山まで登ると、ここからの眺めがまた素晴らしい。
手前には見事に紅葉した立山三山や奥大日岳の姿。
そしてその奥に槍穂、黒部五郎、薬師、白山、そして富山湾がキレイに見える。
「来て良かった」と心から思える瞬間です。

写真を撮りまくりながら雷鳥坂をゆっくり下り、10時前に室堂に到着。
今回、雷鳥沢からみくりが池までの登り返しが一番キツかったかも。
最後の最後であの階段はホントに堪えます。

立山黒部アルペンルートで予定通り、お昼前には扇沢に戻り、
中央道で渋滞に巻き込まれたものの17:00前には都内に到着。

いろいろなアクシデントがあった山行でしたが、どれも大事には至らなかったのがよかった。

今回、「登る」剱は残念ながらガスガスだったが、「見る」剱には大満足。
さらにガスに煙る紅葉と青空の紅葉と両方を満喫することができた。
そして怪我をした右足首がほぼ治り、紅葉シーズンに間に合ったこと。
そして無事に歩き通せたことで、また山に登れるようになったことが何よりうれしかった。

【komemame】
朝、まだ暗いうちに起床。
よく眠れたので、体調も心もすっかりもと通り。
まだ暗い空に見える満天の星で、テンションもアップ。
そして陽が昇ると、真っ青な空と赤と黄色のコントラスト。
何度も「すごーい!」と連発しながら下山する。
前日の過酷さとは打って変わって、穏やかで雄大な山々。
いろいろあったけど「やっぱり来てよかった!」と思うことができた。

とはいえ、反省点や思うことの多かった今回の山行。
最近一人で歩いたりして、ちょっと自信がついてきたところだったけど、
“剱様”は私のこの自信を、フッといとも簡単に消し去った。
この経験はしっかり心と体に刻み、次にのぞみたいと思う。

【memo】
06:46 剱沢キャンプ場
07:26 剱御前小屋 07:33
07:42 剱御前山 07:55
08:04 剱御前小屋
09:02 雷鳥沢キャンプ場 09:11
09:55 室堂
[PR]
by ighana | 2012-10-08 20:10 | 山登りのこと