Komemame Diary

2012.09.22 Sat

尾瀬・至仏山へ

a0148606_18154669.jpg

この週末、尾瀬方面は何とか晴れ間も見られそうな予報だったので、
鳩待峠を起点に鳩待通り~八木沢道~下田十字路~至仏山を経て鳩待峠までぐるっと歩こうということに。

スタートから木道が続くが、濡れた木道はとても滑りやすく、
途中何度もツルッとヒヤッとしてイヤな感じ。これが後から大変なことに…。



 
 
ほぼ最初から登山道には木道がしっかり渡してあり、歩きやすい
a0148606_1817155.jpg


モグラの赤ちゃん?が木道のど真ん中で息絶えていました。
他にも何匹もそんなモグラちゃんが。。。
a0148606_18172511.jpg


しかし木道はちょっと濡れているだけで、つるっつる。慎重に歩きます
a0148606_18174382.jpg


アヤメ平あたりは、景色がひらけていて気持ちいい
a0148606_1818085.jpg


あちこちに池塘が
a0148606_18181489.jpg


振り返ると、至仏山
a0148606_18182952.jpg


黄色くなった原っぱ。季節の移り変わりを感じる
a0148606_18185078.jpg


ときおり、キレイな青空も顔をのぞかせる
a0148606_1819251.jpg


前方には燧ヶ岳の猫耳が見えてきた
a0148606_18191548.jpg


この日は太陽もうっすらで、涼しく歩きやすい
a0148606_18194792.jpg


どこまでも平ら。。。
a0148606_1820230.jpg


燧ヶ岳はすごい存在感 何度もシャッターを押してしまいます
a0148606_18202930.jpg

a0148606_18203948.jpg


池塘と至仏山。至仏山には光が降り注いでいる
a0148606_18205574.jpg


歩くについてどんどん大きくなる燧ヶ岳
a0148606_18213089.jpg


絵みたいなグラデーション。紅葉したらさぞかしすごい景色になるんだろうなぁ
a0148606_18215244.jpg


とても心地の良い道
a0148606_18222062.jpg


竜宮小屋から山の鼻小屋に向かう道
目の前には至仏山。次回また登りにこようっと
a0148606_18224945.jpg



この日の予定していたのは、
鳩待峠から富士見小屋⇒見晴⇒竜宮⇒山の鼻小屋、
そして、至仏山を経て鳩待峠に戻る周回コース。

ところが、danyamaが富士見小屋手前で
湿った木道ですってんころりん、まさかの負傷…。
前に進むどころか、引き返すのも危うい状況に。
ひとまず富士見小屋まで行き、しばし休憩。
負傷した足は思ったよりもひどいようで、先には進めなさそう。
今日は諦めていっしょに引き返すしかないか。
でも、せっかくここまで来たのに・・・という気持ちも半分。
そんな私の気持ちを察知してか、danyamaから「一周してくれば?」。
ちょっとかわいそうだけど、その言葉に甘えてひとりで尾瀬を歩くことに。
danyamaは足を引きずりながら来た道を戻っていった。

実は私、山をひとりで歩くのははじめて。
迷いようがないルートなのだけど、途中何度もなんども
地図で現在位置を確認しながら進む。
今どこを歩いていているのか、時間がかかりすぎていないか?
いつもはそんなことほとんど気にしないのに、
ふだんどれだけdanyama任せだったのかを痛感!!!
誰もいない道を歩くのはちょっとコワくて、
前に歩いている人を見つけるとちょっとホッとしたり。
周りの景色を見る余裕もなく、先を急いだ。

竜宮小屋近くまでくると、
鳩待峠方面から来た人たちで、大賑わい。
天気も暑すぎず、寒からずのちょうど良さで、
ベンチでお弁当を広げている人、家族連れ、カップルがたくさん。
まるでピクニック気分♪
前方にはこの日登るはずだった至仏山。
山頂には雲が下りてきていて、「今日登っても眺望なかったよね」と
自分を納得させる。

自分で山の計画を立て、実際に歩いてみて、
地図と照らし合わせながら、道の状況を確認する。
こうすると、ふだんただ歩いているときと違って、
自らいろんな発見をしようとする。
あっちへ行くと○○の方面だな、
じゃぁ、前に登った○○山はこっちかな?とか。
山歩きをしている皆さんからしたら「何いまさら言ってんだ」と
お叱りを受けそうだけど、
それくらい、今までの私は人任せだったのだ…。

今回ほんのちょっとだけど一人で歩いてみて、
山を歩くドキドキ感、ワクワク感を味わい、またひとつ楽しみを知った気がする。
少しずつ自分で計画を立てられるようならなくては!と次の目標が見えた山行でした♪

【danyama】
鳩待通りの樹林帯を過ぎて視界が開けた平に出ると、前に燧ヶ岳、後ろに至仏山、
そして、目の前には地と何となく色づき始めた樹木たちの景色を大堪能。

快調に歩を進めて行くも、富士見小屋手前の下りで滑って転倒。右足を捻ってしまう。
元々、右足首は幼い頃より捻りグセがあり弱い箇所。ちょっとこれ以上歩けそうにない、
ということで来た道を戻ることに。

足を引き摺りながら、行きの2倍以上の時間をかけて何とか鳩待峠に到着。
付き添ってもらってもあまり意味はないので、
富士見小屋から竜宮十字路~山の鼻経由で鳩待峠まで散策に行ってもらったkomemameよりも遅い帰還。

病院に行った結果、捻挫で骨には異常はなしとのことでひと安心。
ただし、レントゲンを見ると、やはり成長期に発症した剥離骨折の跡が内外くるぶし見られ、
そのせいで痛みが大きいとのこと。

【memo】
06:18 鳩待峠
07:05 横田代
07:25 中原山
07:33 アヤメ平
07:52 富士見小屋 08:25
08:50 土場
09:20 龍宮小屋
10:23 山の鼻小屋
11:03 鳩待峠

※danyama
06:18 鳩待峠
07:05 横田代
07:25 中原山
07:33 アヤメ平(富士見小屋手前で転倒負傷)
07:52 富士見小屋 08:25
09:41 横田代
11:25 鳩待峠
[PR]
by ighana | 2012-09-22 18:13 | 山登りのこと