Komemame Diary

2012.08.15 Wed - 08.18 Sat (4)

雲ノ平~祖父岳~水晶岳~三俣蓮華岳~黒部五郎岳~北ノ俣岳
北アルプス 黒部源流付近を3泊4日のテン泊で周遊。

【4日目】
黒部五郎小舎〜黒部五郎岳〜北ノ俣岳〜太郎平〜折立

a0148606_20365170.jpg





 
 
いよいよ最終日。満天の星空の元撤収し、暗いうちにスタート
黒部五郎小舎では朝ご飯の準備をしていました
a0148606_2023841.jpg


今日も天気が良さそうだ
a0148606_20241394.jpg


黒部五郎岳への山頂へはカールコースを進む
a0148606_2025226.jpg


うろこ雲
a0148606_20251461.jpg


朝焼けの薬師岳
a0148606_20254779.jpg


朝焼ける雲
a0148606_20285545.jpg


樹林帯を抜けカールに突入
a0148606_20292562.jpg


カールの素晴らしさに大興奮
a0148606_20294558.jpg

a0148606_20295992.jpg


日本にこんな場所があるなんて
a0148606_20302147.jpg


いやぁ、ホント来て良かった
a0148606_2031721.jpg


写真撮りまくり
a0148606_20311534.jpg


雪渓も残っている
a0148606_20352384.jpg


向こうの稜線にポチッと見えるのは…
a0148606_2036017.jpg


槍だ!
a0148606_2036333.jpg


カールの縁からの急登を一気に稜線まで上がる
a0148606_20365170.jpg


五郎の肩にザックをデポ。山頂まであと少し
a0148606_20372075.jpg


黒部五郎岳山頂到着
a0148606_20373533.jpg


逆光の中、槍~穂高
a0148606_2038970.jpg


立山・剱に白馬三山
a0148606_20383241.jpg


稜線コースを見下ろす。こちらも魅力的
a0148606_20385262.jpg


カールを見下ろす
a0148606_20385833.jpg


鷲羽とワリモ
a0148606_20392665.jpg


水晶と赤牛
a0148606_20395521.jpg


薬師と立山・剱
a0148606_20404091.jpg


笠ヶ岳と乗鞍、御嶽
a0148606_20412648.jpg


笠ヶ岳とそこから続く美しい稜線
a0148606_20423563.jpg


登ってきたカールの縁からのびるギザギザの登山道
a0148606_20432834.jpg


鷲羽、水晶。そして中央にぽっかりと雲ノ平と祖父岳
a0148606_20433297.jpg


五郎の肩にて最高の景色を眺めながらゆっくりと朝ごはん
a0148606_2044549.jpg


カールの先に黒部五郎小舎も見える
a0148606_20442886.jpg


これから進む北ノ俣岳へ続く稜線
a0148606_20443548.jpg


薬師岳
a0148606_2045910.jpg


いよいよ最後の稜線歩き。まずは黒部五郎のゴーロを下る
a0148606_20452812.jpg


素晴らしい天気のときに登らせてくれてありがとう
a0148606_20455593.jpg


中俣乗越まであっという間
a0148606_2046165.jpg


裏・黒部五郎
a0148606_20464790.jpg


薬師の雄大な姿。今回の縦走ではどこ場所からも見守ってくれていた
a0148606_20465863.jpg


さよなら、黒部五郎。また来ます
a0148606_2047208.jpg


赤木岳と北ノ俣岳
a0148606_20473889.jpg


この稜線も最高に気持ちがいい
a0148606_20475448.jpg


北ノ俣岳到着。登りもこれでほぼ終わり
a0148606_20481120.jpg


ここでも雷鳥に遭遇
a0148606_20485462.jpg


またまた雷鳥
a0148606_2049070.jpg


稜線歩きもいよいよ終わりに近づく
a0148606_2049353.jpg


ガスがだいぶ立ち込めてきた
a0148606_20495221.jpg


はい、雷鳥ですね
a0148606_20495687.jpg


太郎平小屋に到着。これで3日間かけてグルリと一周
a0148606_20503545.jpg


ゴロゴロと雷が鳴る中、折立へ向けて下る。
うれしいような寂しいような複雑な気持ちが去来します
a0148606_20505816.jpg


折立到着。足が痛くなったりもしましたが、
3泊4日の行程を無事歩き切ることができました。
ありがとうございます!
a0148606_20511871.jpg


有峰口駅に寄り道
a0148606_2051235.jpg


この辺りは時間の進み方がやけにゆっくり
a0148606_20515927.jpg


2:00起床。満天の星空。今日の好天も確信しながら周りになるべく迷惑にならないように静かに撤収。
しかし、カールに生息しているというクマがコワいので結局4:30過ぎに小屋を出発。
カール直前で日の出を迎える。
雲ノ平も素晴らしかったが、黒部五郎のカールも負けてはいない。
というか雲ノ平を上回る素晴らしさかも。黒部五郎カール最高。
山頂からは360度の大展望。槍穂、笠、乗鞍・御嶽、水晶、鷲羽、薬師岳、剱・立山、白馬三山を
見渡すことができ、まさに見てよし登ってよしとはこのことだと実感。
自分のこれまで登った山の中でもかなり上位に入る山となった。

五郎の肩で絶景を眺めながら小一時間遅めの朝食をとる。
北ノ俣岳方面のこれから歩いていく稜線を眺めていると「この稜線が今回の縦走の最後なんだ…」
とちょっと寂しい気持ちに。
最後の稜線歩きは一歩一歩かみしめながら歩こうなんて殊勝なことを思うが、
北ノ俣岳を過ぎてからは結構長さを感じウンザリ。
太郎山付近でまたしても雷鳥と遭遇。子ども連れと単体2羽。「またか…」といちおうカメラを向けておく。
しかし、薬師岳が進行方向正面の北側に見えた時は、ぐるりと一周して戻ってきたことを実感。

太郎平小屋でひと休み。ラーメンを食べたりテーピングを巻き直したり、
折立までの最後の下りに向けた準備を整える。
下り始めるとゴロゴロと鳴り始め、樹林帯へ急ぐ。
(この雷が槍付近に落ち亡くなってしまった方がいたことを後から知る)
最後の下りでkomemameの足の痛みがヒドくなりゆっくりペースで下る。
しかし最後の最後、komemameに蜂がしつこくまとわりつき、
「キャー」と叫びながら、どこにそんな力が残っていたのかというくらい信じられないスピードで
1kmくらいをあっという間に駆け下り、気がつくと登山口に到着。

白樺ハイツで温泉に入りサッパリした後、魚津に寄り道してお寿司を食べて帰路につく。

【memo】
04:31 黒部五郎キャンプ場
06:35 黒部五郎岳(朝食) 07:37
09:06 赤木岳
09:46 北ノ俣岳
11:09 太郎平小屋(昼食) 11:49
12:22 五光岩ベンチ
13:09 三角点 13:14
14:24 折立
[PR]
by ighana | 2012-08-18 20:55 | 山登りのこと