Komemame Diary

2012.08.15 Wed - 08.18 Sat (2)

雲ノ平~祖父岳~水晶岳~三俣蓮華岳~黒部五郎岳~北ノ俣岳
北アルプス 黒部源流付近を3泊4日のテン泊で周遊。

【2日目】
薬師峠〜太郎平〜雲ノ平〜祖父岳〜水晶岳〜雲ノ平

a0148606_19455611.jpg





 
 
太郎平から富山湾を望む。天気は回復傾向
a0148606_19193722.jpg


太郎平
a0148606_1920513.jpg


太郎平小屋を過ぎてすぐに薬師沢方面と黒部五郎方面の分岐に。薬師沢方面に進む
a0148606_19203232.jpg


お花畑
a0148606_1922915.jpg


木道が続く
a0148606_1923540.jpg


カベッケヶ原
a0148606_19231224.jpg


薬師沢小屋の吊り橋を渡る
a0148606_19232843.jpg


黒部川
a0148606_19234858.jpg


吊り橋を渡るとすぐにほぼ垂直のハシゴ
a0148606_1924750.jpg


垂直のハシゴを下ると滝の横をすり抜ける
a0148606_19243899.jpg


高天原との分岐から薬師沢小屋を望む
a0148606_19244278.jpg


雲ノ平へ向かう急登
a0148606_1925463.jpg

a0148606_19252032.jpg


アラスカ庭園に到着
a0148606_19255413.jpg


しかし残念ながらガス
a0148606_1926513.jpg


奥日本庭園
a0148606_19263279.jpg


ハクサンチドリ?
a0148606_19265918.jpg


雲ノ平山荘に到着
a0148606_19273096.jpg


本日の我が家
a0148606_19281155.jpg


テントを設営し終えるとなんとみるみる晴れ間が!
黒部五郎岳
a0148606_19285049.jpg


水晶岳!
a0148606_19292371.jpg


このチャンスは逃せない!ということで水晶岳に向かいます
a0148606_1930447.jpg


赤牛岳
a0148606_19303126.jpg


水晶岳。別名は黒岳だけど雲ノ平から見るとあまり黒くない
a0148606_19313810.jpg


お花
a0148606_1932417.jpg

a0148606_19323284.jpg


祖父岳に登る
a0148606_19333462.jpg


祖父岳山頂到着
a0148606_19335271.jpg


鷲羽岳とワリモ岳の姿が目の前にズドーンと飛び込んでくる。けっこう衝撃的
a0148606_19352090.jpg


鷲羽岳を単体で。カッコいい
a0148606_19355136.jpg


三俣山荘と硫黄尾根。残念ながら槍穂はガスの中
a0148606_19363269.jpg


水晶岳と赤牛岳
a0148606_19365610.jpg


岩苔乗越から黒部源流を望む
a0148606_19375743.jpg


お花
a0148606_19382689.jpg

a0148606_19383738.jpg


ワリモ北分岐を過ぎると心地のよい稜線が待っている
a0148606_19391538.jpg


野口五郎と裏銀座
a0148606_19394410.jpg


水晶小屋を過ぎた辺りから水晶岳を望む
a0148606_1941012.jpg


振り返ると鷲羽岳とワリモ岳
a0148606_1941402.jpg


水晶の頂上直下を歩いていると…
a0148606_19424225.jpg


5羽の子どもを引き連れた雷鳥に遭遇
a0148606_1943817.jpg


子どもは好奇心が旺盛なためすぐ近くまで寄ってきて草をつついて遊んでいる
a0148606_19434122.jpg


カメラ目線でこんにちは
a0148606_19442978.jpg


反対向きでカワイらしい
a0148606_1945139.jpg


ガスの中にたたずむ親雷鳥
a0148606_19455611.jpg


頂上標が見えてきた。あと少し
a0148606_19462337.jpg


水晶岳到着
a0148606_1946464.jpg


水晶岳から野口五郎岳と裏銀座の稜線
a0148606_19472515.jpg


さて下山です。硫黄尾根が光輝いている
a0148606_19482251.jpg


雲ノ平にも雲の間から後光が差す
a0148606_1948268.jpg


鷲羽岳がたまらない
a0148606_19484662.jpg


心地のよい稜線を戻る
a0148606_194951.jpg


黒部源流方面を望む
a0148606_19495376.jpg


祖父岳へのキャンプ場からの迂回路で雷鳥遭遇。本日2度目
a0148606_19502073.jpg


雲ノ平キャンプ場に戻る
a0148606_19505256.jpg


薬師岳方面に日が落ちていった。明日の天気も期待できる
a0148606_1951423.jpg


3:30頃起床。この日の行程は雲ノ平までなのでゆっくりと朝食と撤収し、6:00前に歩き始める。
この日も青空を見ることなくスタート。昨日と違い雨が降っていないだけで気持ちもラク。
薬師沢までまでは快調に進み、薬師沢小屋を過ぎいよいよ本日の核心の雲ノ平までの登り返し。
急登が残り6食+予備1食分の食料&テン泊装備に加えて、この頃より時おり日差しが出るようになり堪える。
ようやく登山道も緩やかになり始め、いよいよ雲ノ平エリアに突入するも周りはガスガス…。
雲ノ平山荘でテン泊の手続きとビールを買い込みテン場へ。
この日も午前中には設営が終了し、「これから夜までヒマだなぁ」と思っていると、
なんとみるみるうちに晴れてきて、目の前に立派な水晶岳の姿が。
明日の天気がどうなるか分からないので、天気の良い今日のうちに
サブサックに最低限必要なものだけ詰め込んで水晶岳を目指すことに。

祖父岳からは目の前に鷲羽とワリモ姿がドーンと現れ衝撃的。
残念ながらこの日は槍穂、黒部五郎はガスの中だったが、祖父岳からの眺望は一級品。
水晶の山頂直下で子どもを5匹連れた雷鳥に出会うことができた。
やんちゃな子どもはまだまだ警戒心が乏しく好奇心から自分のすぐ近くまでやってきてくれた。
そしてそれを心配した親がピイピイ鳴きまくっていた。
また、おもしろかったのは親の雷鳥が動くたびにしきりに落石(小さい石だけど…)を起こしていたこと。
有峰林道にも「カモシカなどによる落石に注意」という看板を所々で見られるが、
動物も落石を起こすのね…。
祖父岳への迂回路でも雷鳥と遭遇。こちらはお一人様。

18:00過ぎに雲ノ平のキャンプ場に戻り、真空パックされた地鶏の炭火焼を肴に、
キャンプ場の小さい沢で冷やしておいたビールをプハー。最高!

【memo】
05:42 薬師峠キャンプ場
05:58 太郎平小屋
07:37 薬師沢小屋
09:28 アラスカ庭園
10:10 雲ノ平山荘 10:24
10:42 雲ノ平キャンプ場(テント設営) 12:29
13:19 祖父岳 13:27
13:58 岩苔乗越
14:07 ワリモ北分岐
14:38 水晶小屋
15:17 水晶岳 15:29
15:59 水晶小屋 16:04
16:34 ワリモ北分岐
16:41 岩苔乗越
17:21 祖父岳
18:09 雲ノ平キャンプ場(幕営)
[PR]
by ighana | 2012-08-16 19:20 | 山登りのこと