Komemame Diary

2012.05.05 Sat 〜 05.06 Sun

GW後半。
そろそろ雪山納め(?)ということで、
テント泊で鹿島槍ヶ岳を目指した。
a0148606_2147886.jpg



今回はテント泊ということで、
10キロ以上のザックを背負っていざ出発。
よっしゃ、がんばるそーーー。
a0148606_21501680.jpg



稜線に出た途端にまぶしい〜。
サングラスに日焼け止めを。
a0148606_2154096.jpg



後ろから見ると、かなりの高度。
振り返るのがコワい。
a0148606_21565923.jpg



奥には大天井と常念も見える。
a0148606_2159531.jpg



斜面を一歩ずつキックステップで進む。
a0148606_21595331.jpg



風がつよく、雲はみるみる西から東に流れていく。
ずーっとむこうに爺が岳が見えてきた。
a0148606_2215352.jpg



ガスで覆われる前に爺が岳に辿り着かなくては。
a0148606_2243714.jpg



延々とつづくのぼり、こちらは夏道で石がゴロゴロ。
a0148606_2272682.jpg



「ここを登りきったら頂上!」と思ったら、あー、まだまだ先!
a0148606_229324.jpg



ようやく、爺ヶ岳(南峰)山頂到着、
で、思わず「ヤッホー!」。
a0148606_2210508.jpg



すごい風の中、中峰、北峰を経由して冷池山荘に向かう。
a0148606_22123343.jpg



頭上を飛ぶヘリコプター。
a0148606_22134136.jpg



絶景を見ながら、歩いていく。
棒小屋沢から剱沢。
a0148606_2216448.jpg



妙高、戸隠、黒姫方面。
a0148606_22175152.jpg



鹿島槍を見ながらゆるやかな下り道を歩く。
ザックが重くて、もうこの辺りで疲れがズシンと。
a0148606_22184332.jpg



幕営地である冷池山荘に到着したころには、私はくたくた。
テントを張ってから、ここから先はdanyamaひとりで
鹿島槍ヶ岳に向かう。

雪田布引岳その奥に光る鹿島槍。
a0148606_22225597.jpg



布引岳山頂。
a0148606_2230058.jpg




鹿島槍南峰までの最後の登り。
a0148606_22274194.jpg



鹿島槍ヶ岳(南峰)山頂。
a0148606_22285451.jpg



山頂から、布引岳と爺ヶ岳。
a0148606_22305845.jpg



南峰から北峰をのぞむ。
a0148606_22325665.jpg



なんだこれ!
頂上標がこんなことに。
ここ数日の悪天を象徴しているみたい。
a0148606_22334373.jpg



無事、danyamaが冷池山荘まで帰ってきて、
ごはんを食べたら、早々に就寝。
夜中、テントを打つみぞれの音で何度か目を覚ます。
明日の天気悪そうだな、、と思いながらウトウト。


翌朝。
太陽がっ♪
a0148606_2237445.jpg



と、思ったらこの太陽も朝のうちだけ。
下山時は、強風、雨、カミナリ、暴風雨・・・。
a0148606_22381748.jpg



最後は踏ん張りが利かなくなって、フラフラ。
足が言うことをきかず、降りられなくなってしまう。
danyamaにザックを持ってもらって、なんとか下山。
ずぶ濡れ、泥だらけで一目散に温泉に駆け込んだ。

GW後半は北アルプスで10名以上が遭難死したほどの天候の悪さだった。
実は前日に見たヘリコプターは、遺体回収のためのもので、
私たちもその現場に居合わせることになった。
生きて戻れるか、そうでないかは本当に紙一重で、
簡単にあちら側にもこちら側に転ぶ。

私は鹿島槍ヶ岳に登頂は出来なかったけど、
いろんな意味でとても勉強になった2日間だった。



(memo)
○05/05
05:12 柏原新道登山口
06:07 南尾根分岐
08:58 ジャンクションピーク
10:57 爺ヶ岳(南峰)
12:17 冷乗越
12:35 冷池山荘(幕営)
15:11 布引岳
15:59 鹿島槍ヶ岳(南峰)
16:29 布引岳
17:04 冷池山荘

○05/06
07:32 冷池山荘
07:45 冷乗越
08:57 爺ヶ岳(南峰)
10:27 ジャンクションピーク
12:37 南尾根分岐
13:18 柏原新道登山口
[PR]
by ighana | 2012-05-06 22:54 | 山登りのこと