Komemame Diary

2011.10.02 Sun

先週の富士山があまりに良かったので、再びのチャレンジへ。

今日は早めに歩きはじめて、早めに帰ろう!
と、暗いうちからはじめるものの、
風が強くて、うーん、なんだか調子が出ない。
a0148606_23393422.jpg



陽が昇ってきた!と気持ちをアゲてみるけど、、、
a0148606_23431476.jpg



太陽はさっさと姿を消して、濃いガスと強風に行く手を阻まれる。
a0148606_23444277.jpg



風にあおられながらも、何とか8合目まで着く。
このとき気温はマイナス10℃。この風できっと体感温度はもっと低かったはず。
寒さと行き先の見えない恐怖で、考えることは「もう下りたい・・・」。


先週との変わりように、どんどん気持ちがしぼんでいく。
a0148606_23561132.jpg



そして、一向に気持ちが前に向かず、撤退を決意。
a0148606_23472744.jpg



登山口近くまで下ってきたところで、天気がやや回復してきた。
“撤退”という判断は正しかったのか・・・。
「頑張って登っていれば、頂上に着く頃は天気が良くなっていたかもしれない」
自分の気持ちの弱さに後悔の念がふつふつと。

でも、もう下りてきちゃったんだからしょうがない。
「あんな状態で歩きつづけてたら、頂上に着く前に寒さで動けなくなったはず」
そう自分を納得させて、ひたすら登山口を目指す。
a0148606_2358422.jpg



先週はあんなに気持ちのよかった富士山。
素敵な景色で感動をもたらしてくれた富士山。
何より自信をくれた富士山。

それが、こんなにも厳しい姿になり変わるとは。
「山の天気は変わりやすい」とはよく言われることだけど、
楽しい思い出を、あっという間に恐怖心にも変えてしまう。
今回は、山への畏敬の念をあらためて心に刻むこととなった。

もしかしたら富士山は、
少し自信をつけて調子に乗っていた私を
ぐっと引き締めてくれたのかもしれない、と思う。



【memo】
3:50 富士宮口新五合目
6:35 八合目池田館(撤退)
8:12 富士宮口新五合目
[PR]
by ighana | 2011-10-18 23:38 | 山登りのこと