Komemame Diary

2011.01.22 Sat

八ヶ岳・天狗岳〜硫黄岳縦走


今回、茅野駅にクルマを置き、バスで渋の湯に入り、美濃戸口から出て茅野駅に戻るルートを計画。


渋の湯へ向かうバスから見える景色は、下界は晴れているにもかかわらず、
八ヶ岳の山頂付近だけ雲が貼りついている八ヶ岳によくある感じ。
あそこを登る頃には消えてくれているだろうなどと淡い期待を抱く。


黒百合平に到着。
ここでアイゼン、目出帽などを装着し、稜線に出る準備を整える。
バスの中で抱いた期待は脆くも崩れ去り、すごいスピードでガスが移動。
ほんのたまに青空が一瞬見えるがすぐにガスに覆われる。
a0148606_164921.jpg

a0148606_16492090.jpg



歩くこと1時間。東天狗に到着。
強風と視界不良なので、このまま渋の湯まで戻るどうするか迷う。
考える意味も含めて時間稼ぎにとりあえず西天狗まで往復。
a0148606_16574578.jpg



これで終わりだと、もの足りないので、意を決して根石岳方面に向かう。
東天狗から根石岳までは風の抜け道。完全防備が必要。
a0148606_173294.jpg



晴れていれば絶景を楽しみながら歩くことができるはずなのに…。
a0148606_17368.jpg



根石岳山頂。
a0148606_174543.jpg



根石岳から箕冠山を望む。天候もちょっと快復傾向。
a0148606_1761660.jpg



箕冠山から夏沢峠まではフカフカの道。
雪を蹴散らして下る。たまにズボリとはまり楽しく転べる。
a0148606_1785296.jpg



しかし、硫黄岳はガスの中。
a0148606_17103587.jpg



夏沢峠。
振り返ると、北八ヶ岳冬独特のごま塩みたいな景色。
a0148606_17114573.jpg



金峰山方面は晴れてるのになぁ。
a0148606_17115738.jpg



硫黄岳までのは、高度を上げるたびにどんどん風が強くなる。
森林限界を越えるとさらに風は強くなるが、一方で斜面が多少なだらかになるので、
飛ばされても滑落はしないだろうとタイミングを見計らいながらゆっくり頂上を目指す。


強風と時間も遅いこともあってか、山頂は誰もいない。
a0148606_17334672.jpg



爆裂火口。11月下旬に登った時よりも、雪が少ない。
a0148606_17191177.jpg



横岳、赤岳、阿弥陀岳も山頂だけに分厚いガスが。
a0148606_17194427.jpg



振り返ると…あれ?天狗岳、晴れてんじゃん!
a0148606_17203769.jpg



赤岩ノ頭を過ぎ、無事樹林帯に入る。ここまでくれば、もう安心。
とはいえ、帰りのバスの時間もあるので、ちょっと急ぎ目でガシガシ下る。
a0148606_1723039.jpg



赤岳鉱泉では、アイスクライミングのイベントが行われている。
それを横目にそそくさと通り過ぎる。
a0148606_17242479.jpg



美濃戸から美濃戸口まで歩いてる途中でアイスクライマーの方に声を掛けていただき、
美濃戸口までクルマに同乗させてもらう。
やはり山頂付近はガス・強風でも下界は晴れ。
a0148606_1734079.jpg



今年に入っての山行は天候に恵まれていない。
これも経験うちと思我慢してきたが、流石にイヤになってきた。
次回は晴天の雪山に行きたい!



【memo】
08:03 渋の湯
09:31 黒百合平 09:50
09:55 中山峠
10:55 東天狗岳 11:00
11:15 西天狗岳
11:49 根石岳 11:55
12:32 夏沢峠 12:45
13:52 硫黄岳 14:00
14:05 赤岩ノ頭
14:38 赤岳鉱泉 14:48
15:08 堰堤広場
15:35 美濃戸 15:42
16:03 美濃戸口
[PR]
by ighana | 2011-01-24 22:11 | 単独登山(danyama)