Komemame Diary

2010.12.11 Sat

南アルプス・鳳凰三山(観音岳)へ



秋には青木鉱泉から登ったけど、今回は夜叉神峠から。
雪次第だけど、観音岳まで行けたらいいな。

夜叉神峠の駐車場についた瞬間から出端を挫かれる。
いきなりゲートの前にしゃがみ込んでいた
謎のカップル(20代と思われる)がクルマに乗せて欲しいとこちらにやってきた。
2人の格好はペラペラのスニーカーにジャージ、
デビュー時のジャミロクアイが被っていたような帽子。
この時点の外気温はマイナス2度。とてもこの時期の夜を過ごす格好ではない。
女の子が調子悪いから近くの集落まで連れて行って欲しいと。
気味が悪かったので一度は断るが、女の子が本当にヤバそうだったので、仕方なく芦安まで送ることに。
運転中にオヤジ狩りとかされたどうしようとドキドキしながら、
なんでこんなことになったか尋ねるも、回答は要領を得ない。
今から思うとあれは芦安の狐に化かされたのではないかとも思ってしまう不思議な2人組だった。

さて、気を取り直して登り始める。
駐車場のクルマの数から考えても今日は山に入っている人は少なそうだ。


登山口から雪がついている。
a0148606_17353794.jpg



夜叉神峠を過ぎるとやはりトレースは1人分だけ。
a0148606_1821141.jpg



杖立峠を過ぎ、焼け跡に到着。先行者に追いつく。
するとその人は夜叉神の方に。
「なんだ、先行者じゃなく、昨日テン泊した人か」と思って苺平の方に歩を進めると、
あれれ、トレースがない。さっきの人はどうやら撤退したということか。
ここからはルートファインディングとラッセルで進むことに。これは疲れるぞ。
a0148606_17404095.jpg



稜線直前。すでにすごい風。歩くことはできるだろうか。
a0148606_17452580.jpg



稜線に出た! 強風が吹き荒れているが、薬師岳方面はよい天気。
a0148606_1746154.jpg



富士山方面もよい天気。
a0148606_17463869.jpg



しかし! 白峰三山方面は…なんじゃこりゃー!
a0148606_1747527.jpg



いったん下り、薬師小屋。1/3が雪で埋まっている。
a0148606_17475850.jpg



最後の登り。ラッセル、ラッセル!
a0148606_17482078.jpg



強風のため、雪はほとんど吹き飛ばされている。
風が吹くたびに地面から舞った雪がバシバシ顔に当たって痛い。
a0148606_17485261.jpg



なんとか薬師岳に到着。でも強風で立ってられない。
a0148606_17491643.jpg



この後、風でカメラも飛ばされる。
a0148606_17493084.jpg



観音岳方面が曇ってきた。
a0148606_17512080.jpg



白峰三山は…どんどんヒドいことに。
この頃から雪もちらつき始める。
a0148606_17533533.jpg



早々に山頂を後にして、自分トレースを伝って戻る。
a0148606_17542689.jpg


予定よりも大分タイムオーバーしている。
観音岳どころか、急いで戻らないと真っ暗になってしまう。
明るいうちに夜叉神峠までたどり着くことを目標に、
残っている力をふりしぼって歩く。
強風のために、自分トレースがもう消えかかっている。

帰りは苺平、杖立峠、夜叉神峠と3つの峠の登り返しがキツかった。
夜叉神峠から駐車場までの下りの途中で、日が暮れ、ヘッドランプで下山。
スタートが遅れなかったらこんなことにならなかったのに…もう、狐カップルのバカ…。

いつも使っている一眼レフをザックから取り出して撮影する気力と体力がなく、
ただの1kg以上の荷物と化してしまった。

それにしても今回の山行はズッボリいくところとラッセル、そして強風で、
肉体的にも精神的にもガッツリだった。



【memo】
07:05 夜叉神登山口
07:59 夜叉神峠
09:07 杖立峠
10:42 苺平
11:07 南御室小屋 11:18
12:56 薬師小屋 13:09
13:20 薬師岳 13:30
13:38 薬師小屋 13:43
14:21 南御室小屋 14:34
15:05 苺平
15:24 杖立峠
16:34 夜叉神峠16:43
17:12 夜叉神登山口
[PR]
by ighana | 2010-12-14 14:12 | 単独登山(danyama)