Komemame Diary

2010.07.25 Sun

やっぱり、前日の疲れのため起床は6:00で、大寝坊!
でも「せっかく来たんだし・・・」と支度をはじめる。
hanaといえば、当然のようにするりとザックの中へ。

きょう登るのは、瑞牆山。
大きなゴツゴツした岩がつらなる山で、手と足を使ってよじ登っていく。
とはいえ、前日の金峰山に比べたら、なんと楽しい山歩き。
岩といっても、大きなしっかりした岩ばかりのせいか、
すべってカラダが不安定になることもなく、着実に高度をあげていける。

10メートルは優に超える巨石を前に、
「これが転がってきたりしたら、わたし跡形もなくなっちゃうんだろうな」
なんて、身震いしてしまうようなことを考える余裕もあったり。



a0148606_22332478.jpg

途中、クサリ場やはしごも。



a0148606_2235097.jpg

順調に登って、1時間半ちょっとで山頂に到着。



a0148606_22371147.jpg

結局hanaは最後までザックの中。
人間は、苦しくて苦しくてそれでも頑張って登頂したときに、
なんともいえない達成感と、そこに広がる景色に「来てよかったー」と心から思うのだけど、
きっとhanaはなーんにも感じていないんだろうな。
「ザックにゆられて眠くなっちゃったなぁ」とか
「ここどこー?」くらいには思っているかもしれないけど。




a0148606_22434791.jpg

そして、これが「来てよかったー」と思えた景色。
富士山に南アルプス、360度の絶景。
これぞ醍醐味!


hanaとの2日間の山歩きであらためて実感したのは、
やっぱり犬も長い時間歩くと疲れるのだ、ということ。
これまでの山だと登りも下りもいつでも元気で、底なしの体力だなぁと思っていたけど、
今回は、特に下りのとき大きな段差があると、立ち止まり抱っこをせがんできた。
hanaの体力ももちろんだけど、抱っこしたり、ザックで背負ったり、
こちらの体力ももっとつけないといけないなぁ、と思った山歩きだった。



【memo】
07:30 富士見平
09:05 弘法岩(黒森分岐)
09:10 瑞牆山山頂
11:09 富士見平
12:58 富士見平出発
13:25 瑞牆山荘
[PR]
by ighana | 2010-08-01 23:03 | 山登りのこと